120件中 41 - 50件表示
  • 総理と呼ばないで

    総理と呼ばないでから見たファーストレディファーストレディ

    わがままな史上最悪のファーストレディ。秘書係主任の学生時代の後輩。オヤジ好きである。自由奔放に周囲を振り回しながらも、実際は総理夫人という立場ゆえの寂しさを味わっている。総理とは1ヶ月間口を利かなかったことも。間男と不倫し家出したが、問題が解決した後は夫婦関係は大分改善された。総理と呼ばないで フレッシュアイペディアより)

  • テレーズ・カバリュス

    テレーズ・カバリュスから見たファーストレディーファーストレディ

    タリアン夫人としてまたバラスの愛人としてテレーズはファーストレディーとなり、ファッションリーダーだった。彼女のサロンには権力者が集った。当時のファッションは、革命前のロココ風のウェストを緊縛する宮廷ファッションが消え去り、自然主義の影響を受けた開放的な衣装、古典主義つまりギリシャ・ローマ風に流れるような布の線を十分に活かして胸高に帯びを結ぶ衣装が流行していた。その布もシースルーの薄布で、乳首が透けて見えないといけないと思われていた。それにつば広の帽子をかぶり長いショールを引っかけた。このスタイルの女性を「メルヴェイユーズ」(伊達女)と呼び、タリアン夫人はそのリーダーだった。テレーズ・カバリュス フレッシュアイペディアより)

  • キャデラック

    キャデラックから見たファーストレディファーストレディ

    特に1960年に就任したジョン・F・ケネディ大統領のファーストレディで、当時その優雅なファッションが世界各国から注目を集めていたジャクリーンからインスピレーションを受け、イタリアのピニンファリーナがスタイリングし、1961年のパリ・モーターショーで公開された「ブロアム・ジャクリーン」のデザインモチーフは、1960年代のキャデラックに数多く流用された。キャデラック フレッシュアイペディアより)

  • イーグル (漫画)

    イーグル (漫画)から見たファーストレディーファーストレディ

    健康保険制度の改革に取り組むなどのファーストレディとして政治運動を展開しており、知名度が高い人物である。一方でファーストレディが大統領の人気取りでしかない限界も感じている。政治的野心が強く、夫の度重なるスキャンダルにも賢夫人を演じて支え、夫の計らいで副大統領候補者を目指し、そこからステップアップして大統領職を狙う。パトリシアとは同じ大学の出身。大学創立以来の秀才といわれ、ベトナム反戦運動で揺れる中で学生会長として大活躍をした。弁護士としても第一線で活躍。モデルは元ファーストレディーのヒラリー・クリントンと思われる。イーグル (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・スペルマン

    フランシス・スペルマンから見たファーストレディファーストレディ

    1946年2月18日、教皇ピウス12世によって枢機卿に指名された。カトリック教会の中に留まるのではなく、アメリカ合衆国の生活習慣や価値観に適応して行こうという風潮が強まった。これを支持していたスペルマン枢機卿は保守派と対立し、教皇レオ13世に仲裁される羽目となった。又、熱烈な反共主義者だったスペルマンはジョセフ・マッカーシーの支持者でもあった他、マルタ騎士団の一員でもあった。保守的な思想の持ち主であり、当時のファーストレディエレノア・ルーズベルトが書いたコラムに対して「反カトリック」であると糾弾したり、第2バチカン公会議でも改革を拒否した。フランシス・スペルマン フレッシュアイペディアより)

  • アビゲイル・フィルモア

    アビゲイル・フィルモアから見たファーストレディファーストレディ

    アビゲイル・フィルモア(、1798年3月13日 - 1853年3月30日)は、第14代アメリカ合衆国大統領夫人(ファーストレディ)。第13代大統領ミラード・フィルモアの妻。アビゲイル・フィルモア フレッシュアイペディアより)

  • マリア・カチンスカ

    マリア・カチンスカから見たファーストレディーファーストレディ

    マリア・カチンスカ(Maria Kaczyńska、1942年8月21日 - 2010年4月10日)は、2005年から2010年までのポーランド大統領レフ・カチンスキの妻で、ポーランドのファーストレディーであった人物である。マリア・カチンスカ フレッシュアイペディアより)

  • 大統領令9066号

    大統領令9066号から見たファーストレディファーストレディ

    FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーは強制収容に反対していたが、それは合衆国憲法に照らしてというわけではなく、スパイと思しき者たちは真珠湾攻撃の直後にFBIが既に拘束してしまったと考えていたためである。ファーストレディのエレノア・ルーズベルトも大統領令9066号に反対していた。彼女はそのことをプライベートで夫に度々訴えていたが、署名を思いとどまるよう説得することはできなかった。大統領令9066号 フレッシュアイペディアより)

  • ビートルズの解散問題

    ビートルズの解散問題から見たファーストレディファーストレディ

    翌朝の新聞にはビートルズが「ファーストレディに肘鉄を食らわした」と報じられた。腹を立てた民衆は暴動を引き起こし、バンドはフィリピンを脱出しようとした。リンゴ・スターは飛行機に乗ろうとした際に肋骨に怪我を負い、多くのツアーメンバーも負傷した。彼らの機材は失われ、コンサートの収益はすべて課税され、何名かのツアーメンバーは空港での乱闘後にそのまま取り残された。ビートルズの解散問題 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル

    クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルから見たファーストレディーファーストレディ

    2003年、ネストルの大統領当選によりファーストレディーとなり、2005年の総選挙では、夫の故郷サンタ・クルス州から自分自身の出身地ブエノス・アイレス州に選挙区を変えて上院議員に立候補した。同じ選挙区には、ネストルの前任の臨時大統領エドゥアルド・ドゥアルテ(かつてはネストルの盟友だったが、その後は対立した)の妻イルダ・ゴンサレス・デ・ドゥアルテも出馬し、現前大統領の夫人同士の対決として注目を浴びたが、選挙結果はクリスティーナ・フェルナンデス陣営の勝利だった。クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「菅伸子」のニューストピックワード