菅原文太 ニュース&Wiki etc.

菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 - )は、日本の俳優・声優・ラジオパーソナリティ・農家。宮城県仙台市出身。愛称は文太兄い、文ちゃん。 (出典:Wikipedia)

「菅原文太」Q&A

  • Q&A

    有発病、病死した有名人・芸能人の多くは高汚染地域を訪問していましたか? 名人で発病、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月6日 17:34

  • Q&A

    東京都中野区の40代後半・未婚女性・管理栄養士(小学校勤務)です。 ネットの業界大手…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月5日 16:36

  • Q&A

    松方弘樹さんも、今ごろは天国で菅原文太や梅宮辰夫さんらと楽しくやってますか?

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2017年1月31日 13:32

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「菅原文太」のつながり調べ

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た菅原文太

    特別賞 - 渥美清、菅原文太、「6羽のかもめ」製作スタッフ及び出演者(エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た菅原文太

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であった。ただし、同期の紳助によると菅原文太と桜田淳子の物真似は「死ぬぐらい似ていなかった」ようで、「あれではお金は取れない」と断言されている。そうした経緯もあってか名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんど無い。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神に移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。(明石家さんま フレッシュアイペディアより)

「菅原文太」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「菅原文太」のニューストピックワード