前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示
  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た菅原文太菅原文太

    東映はこの年、東急グループを離脱した。一方で映画では、京都でも任侠路線に転換し北島三郎の『兄弟仁義』、藤純子の『緋牡丹博徒』などを大ヒットさせた。俊藤プロデューサーの娘・藤純子を映画界入りさせたのも岡田である。1966年、借金で松竹をクビになった藤山寛美を一時東映に籍を置かせる。1967年、松竹にいた菅原文太を東映に移籍させ、安藤昇を東映出演させた。1969年、渡瀬恒彦をスカウト。1966年常務。「近い将来、東映の映画部門を担って大川社長を支える両輪となるの人物は、製作は岡田茂、営業は今田智憲を措いてほかにいない」とかねて呼び声が高かったが1968年5月、共に44歳の若さで岡田が製作の最高責任者・企画製作本部長兼京都撮影所長、今田は営業の最高責任者・営業本部長兼興行部長に就任。次いで同年秋、製作から営業までを一貫して統括するべく新編成された映画本部長に就任した。岡田が音頭を取った所謂「エログロ路線」「好色路線」が、この前後から本格化した。1971年テレビ本部長を兼務し映像製作部門の全権を掌握。また33歳の若さで専務になっていた大川の息子・毅がボウリング、タクシー、ホテルなどの事業拡大に失敗。大川親子は斜陽化する映画事業から、ボウリングを主体とする娯楽会社に脱皮させようとしていた。これに労組が硬化し、部課長連合が大川社長に反旗を掲げ六・七十人が株を所有。毅は労組の吊るし上げを恐れ出社しない等、のっぴきならない状況となって竹井博友ら、労使問題のプロも断るような労組担当も引き受ける。この窮地をロックアウトを決行し何とか乗り切った。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た菅原文太菅原文太

    1973年(昭和48年)1月13日に東映配給網により正月映画第2弾として公開されたヤクザ映画。監督深作欣二。シリーズを通しての主演は菅原文太。製作は東映京都撮影所。公開時の併映は『女番長 スケバン』。シネマスコープ。99分。やくざ同士の抗争を題材にしながら仲間を裏切り、裏切られることでしか生きられない若者たちが描かれている。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 県警対組織暴力

    県警対組織暴力から見た菅原文太菅原文太

    本作品は、脚本家笠原和夫が『仁義なき戦い』の取材過程で耳にしたヤクザと警察の癒着に関する実話を参考に脚本を書き上げ、同じく『仁義なき戦い』の監督である深作欣二が映像化したものである。主演の菅原文太、音楽の津島利章なども含め、スタッフやキャストのほとんどが『仁義なき戦い』シリーズから引き続き参加している。舞台は岡山県倉敷市と、隣接する岡山県児島市を合わせたと思われる「倉島市」という架空の都市の設定だが、笠原が『仁義なき戦い』で習得した広島弁のセリフ創作術はこの作品によって究極の達成を見たといって過言でない。県警対組織暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の首領

    日本の首領から見た菅原文太菅原文太

    菅原文太(理事・岩見栄三)(モデル・石井隆匡)日本の首領 フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い 広島死闘篇

    仁義なき戦い 広島死闘篇から見た菅原文太菅原文太

    山中と大友という対照的な男の軌跡を描いていることから、第一部のような群像劇ではなく、シリーズの主人公である広能昌三(菅原文太)も狂言廻し的役割である。1927年生まれの笠原和夫は大日本帝国海軍への入隊経験があるため、世代的に「復員兵である山中に思い入れが深い」と語り、笠原がバイブルとする『人間の条件』(アンドレ・マルロー)のテロリスト・陳(チェン)と、自身が執筆した『日本暗殺秘録』のテロリスト・小沼正を、山中のキャラクターに反映させている。その一方で笠原より3歳年下の監督・深作欣二は、入隊を免れた世代であることから「欲望のままに行動する、戦後世代の大友のほうに魅かれる」と語っている。仁義なき戦い 広島死闘篇 フレッシュアイペディアより)

  • 天涯の花

    天涯の花から見た菅原文太菅原文太

    養護施設で育った平珠子(須藤理彩)は中学卒業を機に徳島県剣山の山中にある剣神社宮司の白塚国太郎(菅原文太)・すぎ(久我美子)夫婦の養女となり巫女としての生活が始まる。山に住むのは白塚夫妻、測候所の職員、夏季に山小屋を営む佐川一家だけ。天涯の花 フレッシュアイペディアより)

  • 新仁義なき戦い

    新仁義なき戦いから見た菅原文太菅原文太

    広島ヤクザの抗争を描いた「仁義なき戦いシリーズ」がヒットしたの続いて、同シリーズのコンビ、監督:深作欣二、主演:菅原文太で新シリーズを企画し、ヒットした。舞台は1950年(昭和25年)秋、呉の山守組組員三好万亀夫は浅田組々長を拳銃で撃ち、殺人未遂で8年間刑務所へ収監。1959年(昭和34年)11月に三好は仮出所するが、その後の山守組の内紛劇を描く。仁義なき戦い第1作目とほぼ同じ題材だが、クライマックスである「青木襲撃事件」を関側からの視点で描く等の違いがある。新仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 新仁義なき戦い 組長の首

    新仁義なき戦い 組長の首から見た菅原文太菅原文太

    『仁義なき戦い』シリーズから前作の『新仁義なき戦い』まで広島ヤクザの抗争を描いてきたが、今回から北九州市での抗争が描かれることになり、当時の門司港駅前や近所の東本町商店街などでロケーション撮影を敢行。監督:深作欣二、主演:菅原文太のコンビは健在だったが、ヤクザ映画に初出演した山崎努の演技を深作は「あの山崎君は好きだったな」と語っている。新仁義なき戦い 組長の首 フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・御意見無用

    トラック野郎・御意見無用から見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎 御意見無用』は、1975年8月公開の日本映画。満艦飾のトラックが日本全国津々浦々駆け巡り、主人公・一番星こと星 桃次郎に菅原文太、相棒・やもめのジョナサンこと松下 金造に愛川欽也、マドンナ・倉加野 洋子に中島ゆたか、ライバル・関門のドラゴンに佐藤允が扮して巻き起こす、喜劇と活劇に哀愁が満載の痛快娯楽映画『トラック野郎』シリーズ第1弾。元々は盆興行後の穴埋め作品として作成された為シリーズ化の予定は無かったが、公開初日の丸の内東映劇場に1500人入場、最終の興行収入は約8億円を記録し大ヒットとなりシリーズ化が急遽決定、この年12月には2作目が正月作品として公開された。トラック野郎・御意見無用 フレッシュアイペディアより)

  • 小林悟

    小林悟から見た菅原文太菅原文太

    長野県松本市の浅間温泉に生まれる。松本深志高校を卒業。早稲田大学文学部に進学。在学中は舞踏美学を専攻。一方で映画にも興味を持っており、映画製作の現場でアルバイトを続けていた。1954年(昭和29年)、新東宝の小森白監督作品『娘ごころは恥づかしうれし』において、ロケーション選定に協力した事から助監督に抜擢されて本格的に映画製作に関わるようになる。同年早大を卒業後、近江プロに入社。歌手・音楽家であり映画監督でもあった近江俊郎に師事し、高島忠夫主演の『坊ちゃん』シリーズなどの助監督を務める。やがて新東宝に移った後、1959年(昭和34年)、菅原文太主演の『狂った欲望』で監督デビュー。小林悟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示

「菅原文太」のニューストピックワード