315件中 91 - 100件表示
  • まむしの兄弟

    まむしの兄弟から見た菅原文太菅原文太

    『まむしの兄弟』(まむしのきょうだい)は、侠客を称する義兄弟が悪人相手に戦う日本の映画である。東映で1971年から1975年にかけてシリーズ計9本が菅原文太・川地民夫主演で制作された。まむしの兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 法医学教室の長い一日

    法医学教室の長い一日から見た菅原文太菅原文太

    横浜。早朝、神奈川医大法医学教授の新島(菅原文太)の自宅に神奈川県警の課長浜田(日下武史)から死体の解剖をしてほしいの電話が入った。新島が新聞に目を通すと記事には「13歳の少女、母親を殺す」の見出しだった。若手の教室員小林章(大江千里)と司法解剖した結果、死因はアルコール性肝硬変による病死であることがわかり、結局殺人罪ではない。やはり新聞を見た女子中学生の少女(遠藤由美子)は殺人と思って失踪し自殺を図ろうとしていた。少女は自宅に電話をかけ小林が説得に当たるが信用をしない。さらなる手段として新島はテレビのワイドショー番組でも必死に呼びかけるが、新島と新聞記者高田(鶴見辰吾)とで取材のあり方でもめ事となる。果たして、少女は無事見つかるのか…。法医学教室の長い一日 フレッシュアイペディアより)

  • 三条魔子

    三条魔子から見た菅原文太菅原文太

    1960年(昭和35年)、「美男買います」で菅原文太の恋人役で三条魔子として本格的にデビュー。その他、「続・性と人間」などに出演するが、1961年(昭和36年)に新東宝が倒産し、大映に移籍。三条魔子 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵俊彦

    田淵俊彦から見た菅原文太菅原文太

    2001年1月 - ドキュメント特別企画「菅原文太の暴れ龍・揚子江」プロデュース・演出田淵俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 九重京司

    九重京司から見た菅原文太菅原文太

    『九十九本目の生娘』 : 監督曲谷守平、原作大河内常平、脚本高久進・藤島二郎、助監督橋田寿久年、主演菅原文太、製作・配給新東宝、1959年9月12日公開(映倫番号 11347) - 出演・「高津秀隆(刀剣鑑定家)」役九重京司 フレッシュアイペディアより)

  • シド (ファイナルファンタジー)

    シド (ファイナルファンタジー)から見た菅原文太菅原文太

    声:菅原文太 / ロジャー・パーソンズ(英語版、ユニバーサルチューニング)シド (ファイナルファンタジー) フレッシュアイペディアより)

  • 東京家族 (映画)

    東京家族 (映画)から見た菅原文太菅原文太

    もともとは2011年12月公開予定であったが、東日本大震災によって公開が延期となった。それとともに脚本の一部を改訂し、主演の老夫婦の配役を菅原文太と市原悦子から、橋爪功と吉行和子に変更。また長女役も室井滋から中嶋朋子に交代した。東京家族 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • リンゴの唄

    リンゴの唄から見た菅原文太菅原文太

    『仁義なき戦い』(1973年、深作欣二監督・菅原文太主演)リンゴの唄 フレッシュアイペディアより)

  • 野々村直通

    野々村直通から見た菅原文太菅原文太

    抽選会での羽織袴姿をはじめ、紫のラメ入りのスーツ、菅原文太を真似た短髪とサングラス、監督室に日章旗や旭日旗を掲げる根っからの愛国者であること、極めつけに練習・試合中にあげる怒声で対戦相手を震え上がらせるなど「ヤクザ監督」の異名を取った。その一方で実直な姿勢はかつての教え子ら周囲の人物に篤く慕われ、信頼された。野々村直通 フレッシュアイペディアより)

  • 銀蝶流れ者 牝猫博奕

    銀蝶流れ者 牝猫博奕から見た菅原文太菅原文太

    監督:深作欣二 / 主演:菅原文太銀蝶流れ者 牝猫博奕 フレッシュアイペディアより)

315件中 91 - 100件表示

「菅原文太」のニューストピックワード