315件中 101 - 110件表示
  • 多羅尾伴内 (小林旭版)

    多羅尾伴内 (小林旭版)から見た菅原文太菅原文太

    小林旭主演、山口和彦監督。1978年8月12日公開。併映『トラック野郎・突撃一番星』(菅原文太主演、鈴木則文監督)。多羅尾伴内 (小林旭版) フレッシュアイペディアより)

  • 沓掛時次郎

    沓掛時次郎から見た菅原文太菅原文太

    六ツ田の三蔵:菅原文太沓掛時次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 現代やくざ 盃返します

    現代やくざ 盃返しますから見た菅原文太菅原文太

    『現代やくざ 盃返します』(げんだいやくざ さかずきかえします)は、1971年4月3日に公開された日本の映画。監督は佐伯清、主演は菅原文太現代やくざ 盃返します フレッシュアイペディアより)

  • 中卒・東大一直線 もう高校はいらない!

    中卒・東大一直線 もう高校はいらない!から見た菅原文太菅原文太

    磯田浩(磯田一の父親):菅原文太中卒・東大一直線 もう高校はいらない! フレッシュアイペディアより)

  • 直撃地獄拳 大逆転

    直撃地獄拳 大逆転から見た菅原文太菅原文太

    出演:菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦、山城新伍、安藤昇、若山富三郎直撃地獄拳 大逆転 フレッシュアイペディアより)

  • 俊藤浩滋

    俊藤浩滋から見た菅原文太菅原文太

    俊藤の葬儀には葬儀委員長を務めた岡田茂東映会長(当時)以外の東映の関係者はほとんど参列せず。富司ら親族以外の俳優では、弔辞を読んだ菅原文太と長門裕之、里見浩太朗、品川隆二の4人だけだったという。俊藤浩滋 フレッシュアイペディアより)

  • 現代やくざ 血桜三兄弟

    現代やくざ 血桜三兄弟から見た菅原文太菅原文太

    『現代やくざ 血桜三兄弟』(げんだいやくざ ちざくらさんきょうだい)は、1971年11月19日に公開された日本の映画。監督は中島貞夫、主演は菅原文太現代やくざ 血桜三兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 日本侠客伝シリーズ

    日本侠客伝シリーズから見た菅原文太菅原文太

    京撮所長に再び戻った岡田は不振の時代劇を横目に、仁侠映画路線への転換を目指し仁侠映画を興行の重要週間に配していく。1964年7月鶴田浩二主演の『博徒』に続いて8月に公開されたのが本作であった。岡田は仁侠路線となっても、沢島忠と中村錦之助を大黒柱に据えるつもりで『日本侠客伝』も、錦之助主演で企画を進めていた。ところがこの二人は任侠映画があまり好きではなかった。錦之助は田坂具隆監督の『鮫』の撮影が長引いていると話し、『日本侠客伝』には出演する気がないと判断した岡田は『人生劇場 飛車角』で宮川役を好演した高倉健を主役に抜擢した。一部の文献に「高倉の主役抜擢は俊藤」と書かれた物があるがそれは考えにくい。高倉は岡田の企画したギャングシリーズで売り出し中だったとはいえ、これといった大ヒット作がなく、いまひとつパッとしなかった。いまでこそ高倉は仁侠映画の大スターであるが、東撮育ちでギャング映画や美空ひばりの相手役の多かった高倉は、日本刀を持って切り込む姿が、まるで野球選手がバットを振り回しているようでマキノ監督も俊藤浩滋も頭を抱えた。これを受け岡田と俊藤は「やはり錦之助さんに一枚かんでもらおう。高倉では任侠の雰囲気が出ない」と笠原に錦之助が脇で出るシーンの書き足しを頼んだ。当然錦之助は出演を拒否したが「岡田さんが東撮から京都に戻ったら、岡田さんの企画する映画に必ず出演させてほしい」と書いた錦之助の古証文を持ち出し苦しい説得をした。このため第一作のみ錦之助が出演している。高倉がまだ主演級でないため、錦之助が主演のように書かれるケースもあるが、錦之助の撮影は僅か2日間であった。やくざ映画を厭がっていた錦之助だが、いったん出ると決まってからは、徹底して役柄を研究して撮影に挑んだ。錦之助が実に秀逸な残侠像を見せて、以来、ゲストスターの途中殴り込みがこの種の映画のパターンとなった。死を覚悟で仇の組に乗り込んで切りまくる錦之助の芝居は見事なやくざの芝居だったが、俊藤らが懸念していた高倉の芝居に新しい若い観客が予想外の反応を見せた。兵隊帰りの深川木場のとび職人を演じた高倉の、様式美よりもリアリスティックで粗削りの侠客の姿に圧倒されたのである。結果、映画は大ヒットし、それまで人気が燻っていた高倉は一気に東映の大看板になった。高倉は三白眼が邪魔になって、もうひとつ人気が伸びなかったが、やくざに扮して初めて"その処"を得たのである。"目千両"というが、"目つきの悪さ"で一代の財を築いたのは、高倉を措いてほかにない。錦之助の任侠映画出演は本作一本のみ。"この後岡田が京撮のリストラと仁侠路線を強化したことで、岡田が仁侠路線のエースコンビと期待していた沢島と錦之助は仁侠映画を嫌い、この後東映を退社した。京撮内には岡田や俊藤に反撥する者も多かった。俊藤は「錦之助が『日本侠客伝』に主演していれば、彼の映画スターとしての道は全く違っていたんじゃないかと思えて残念なんです」などと述べている。「日本侠客伝シリーズ」は「博徒シリーズ」と共に二大シリーズとして、出発したばかりに任侠路線を支えることになった。また高倉の台頭により看板スターは時代劇黄金期から一新され、鶴田浩二・高倉健を頂点に、その脇役から藤純子、若山富三郎、菅原文太らが次々と一本立ちし、再び磐石のスター・ローテーションが形成されることになった。日本侠客伝シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 月曜ワイド劇場

    月曜ワイド劇場から見た菅原文太菅原文太

    前身番組は1981年10月から1年間放送された「ゴールデンワイド劇場」であり、当初は菅原文太・愛川欽也主演『トラック野郎シリーズ』や、ザ・ドリフターズ主演『全員集合シリーズ』を中心にした邦画を放送してきたが、1982年5月10日から長時間ドラマ番組に模様替えした。月曜ワイド劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 古湯映画祭

    古湯映画祭から見た菅原文太菅原文太

    松隆志(監督)、増田久雄(製作)、長崎俊一(監督)、小中和哉(監督)、後藤幸一(監督)、笹沢左保(作家)、鳥越マリ(俳優)、小林紘(製作)、久世浩(殺陣師)と久世七曜会、岡本喜八(監督)、千葉真一(俳優、アクション監督)、西村雄一郎(映画評論家)、工藤栄一(監督)、菅原文太(俳優)古湯映画祭 フレッシュアイペディアより)

315件中 101 - 110件表示

「菅原文太」のニューストピックワード