315件中 111 - 120件表示
  • 朝日ソーラー

    朝日ソーラーから見た菅原文太菅原文太

    菅原文太が「朝日ソーラーじゃけん」という広島弁の台詞をしゃべるCMは有名。朝日ソーラー フレッシュアイペディアより)

  • 大久保弘司

    大久保弘司から見た菅原文太菅原文太

    俊足であり、オフの運動会では1500m走で2連覇。菅原文太の大ファンでニックネームは「文太」。野球用具にも文太と書いていた。大久保弘司 フレッシュアイペディアより)

  • 女必殺拳シリーズ

    女必殺拳シリーズから見た菅原文太菅原文太

    併映:『トラック野郎・御意見無用』(主演:菅原文太、監督:鈴木則文)女必殺拳シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 一迫町

    一迫町から見た菅原文太菅原文太

    菅原文太(仙台市生まれ、一迫町育ち)一迫町 フレッシュアイペディアより)

  • 三波伸介 (初代)

    三波伸介 (初代)から見た菅原文太菅原文太

    三波が渥美を敵視するようになったきっかけは、同じ舞台役者であった妻和子夫人と結婚前、新橋でデートしている所に渥美と遭遇、渥美は三波を無視して妻と話し込み、去り際に「俺は先に行って待ってるからな、お前はぼちぼち来いよ」とつぶやかれたからであると、息子の伸一が証言している。渥美は当時、日劇に呼ばれて一流芸人の仲間入りを果たした時期であり、三波は手に持っていた新聞を地面に叩き付けて悔しがったという。三波は息子に渥美と藤山寛美のビデオを見せて、自分とどっちが面白いかを尋ねるなど、終生ライバル視していたが、同時に「男はつらいよ」の映画は全部観ており、驚くほど細かいところまで観察していた。テレビなどでは披露されなかったが、渥美の物真似も上手く、芸人としての力量を認めていたからこそのライバル視であったことがうかがわれる。1977年に公開された松竹映画『幸福の黄色いハンカチ』(山田洋次監督・高倉健主演)で渥美が演じた渡辺係長の役を、1982年に菅原文太主演でテレビドラマでリメイクされたとき、三波がこの役を演じている。三波伸介 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 吉里吉里人

    吉里吉里人から見た菅原文太菅原文太

    1980年代後半に、井上の高校の先輩である菅原文太のプロデュースによる映画化の話も進んでいたが、現在まで実現されていない。吉里吉里人 フレッシュアイペディアより)

  • 高宮敬二

    高宮敬二から見た菅原文太菅原文太

    1959年(昭和34年)、新東宝に入社。吉田輝雄・菅原文太・寺島達夫ら長身の若手美男男優と共にハンサムタワーズとして売り出された。1960年(昭和35年)、「拳銃と驀走」に主演。1961年(昭和36年)、新東宝倒産に伴いハンサムタワーズのメンバーと共に松竹に入社。1962年(昭和37年)には『太陽先生青春記』、1965年(昭和40年)には『やさぐれの掟』、『顔を貸せ』、1966年(昭和41年)には『東京無宿』にそれぞれ主演した。高宮敬二 フレッシュアイペディアより)

  • ライスカレー (テレビドラマ)

    ライスカレー (テレビドラマ)から見た菅原文太菅原文太

    ケン、アキラ、ブンタの名前は、それぞれ往年の名優・高倉健、小林旭、菅原文太から拝借している。ライスカレー (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 左京未知子

    左京未知子から見た菅原文太菅原文太

    『女奴隷船』 : 監督小野田嘉幹、主演菅原文太、製作・配給新東宝、1960年1月3日公開(映倫番号 11593) - 出演・「お豊」役左京未知子 フレッシュアイペディアより)

  • シベリア文太

    シベリア文太から見た菅原文太菅原文太

    1986年にオーディションで吉本入り。吉本新喜劇の研究生になり、同時に心斎橋筋2丁目劇場にも出演。この頃はまだ本名で活動していた。新喜劇退団後は漫談に転向し、顔が菅原文太に似ていてモノマネをやっていたので、越後屋文太に改名する。しかし売れず、1990年に創設された福岡吉本に一時期、出向の形で所属していたこともある。シベリア文太 フレッシュアイペディアより)

315件中 111 - 120件表示

「菅原文太」のニューストピックワード