213件中 11 - 20件表示
  • ダイナマイトどんどん

    ダイナマイトどんどんから見た菅原文太菅原文太

    タイトルは、主人公菅原文太が率いる岡源ダイナマイツの掛け声(「ダイナマイトー!」「どんどーん!」)より。ダイナマイトどんどん フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎

    トラック野郎から見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎』(トラックやろう)は、1975年?1979年に東映で(全10作)製作・公開した、日本映画のメインタイトル。トラック野郎シリーズの大ヒットにより、電飾で飾りペイントを施して走るアートトラック(デコトラ)が増加し、菅原文太演ずる本シリーズの主人公・星桃次郎が乗るトラック「一番星号」を模したプラモデルが子供たちの間にも大ヒットする等、映画の枠を超えた社会現象となった。トラック野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 新仁義なき戦い 組長最後の日

    新仁義なき戦い 組長最後の日から見た菅原文太菅原文太

    新仁義なき戦いシリーズ最終作。深作欣二・菅原文太のコンビが一番作りたかった作品といわれる。新仁義なき戦い 組長最後の日 フレッシュアイペディアより)

  • 木枯し紋次郎

    木枯し紋次郎から見た菅原文太菅原文太

    同じく同小説を原作とした、1972年東映制作の映画。菅原文太の主演で『木枯らし紋次郎』、『木枯らし紋次郎 関わりござんせん』の2本が制作されたが、ドラマと直接の関連性はなく、アクションを中心としたストーリー仕立てになっている。これについても以下詳述。木枯し紋次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山城新伍

    山城新伍から見た菅原文太菅原文太

    2005年12月25日、『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ系)に出演。糖尿病を患っていたことを告白。また、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、里見浩太朗、逸見政孝とのエピソードについて語った。糖尿病を患ってからは痩せ、テレビ番組の露出を控えていた。山城新伍 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁殺人課

    警視庁殺人課から見た菅原文太菅原文太

    民放での菅原文太の連続テレビドラマ初主演作(連続テレビドラマの初主演作は、前年のNHK大河ドラマ『獅子の時代』)。警視庁殺人課 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た菅原文太菅原文太

    任侠路線は義理と人情に絡んだ人間模様を描き、『人生劇場』シリーズに始まって、『博奕打ち』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『日本侠客伝』、『子守唄』、『緋牡丹博徒』の各シリーズで頂点を迎えた。俳優は鶴田浩二・高倉健・若山富三郎・千葉真一・藤純子・北島三郎・村田英雄らが主役になり、嵐寛寿郎・河津清三郎・水島道太郎・池部良・丹波哲郎・菅原文太・安部徹・待田京介・長門裕之・藤山寛美・大木実・天知茂・宮園純子・内田朝雄・天津敏・渡辺文雄・曽根晴美・遠藤辰雄・山本麟一らが脇を添えた。マキノ雅弘・佐伯清・小沢茂弘・石井輝男・山下耕作・鷹森立一らがメガホンを取った。任侠路線は当時、サラリーマン・職人から本業のヤクザ・学生運動の闘士たちにまで人気があり、「一日の運動が終わると映画館に直行し、映画に喝さいを送った」という学生もいた。『博奕打ち』シリーズ第4作『博奕打ち 総長賭博』は三島由紀夫に絶賛された。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

  • 井上ひさし

    井上ひさしから見た菅原文太菅原文太

    高校は仙台第一高等学校へ進み孤児院から通学、在校中の思い出を半自伝的小説『青葉繁れる』に記している。在校中は新聞部に所属し、同級生に憲法学者の樋口陽一、1学年上級生には俳優の菅原文太がいた。在学中は投稿や読書、映画、野球に熱中し、成績は低迷。東北大学と東京外国語大学の受験に失敗して早稲田大学の補欠合格と慶應義塾大学図書館学科の合格を果たすも学費を払うことができず、孤児院の神父の推薦で上智大学文学部ドイツ文学科に入学。しかしドイツ語に興味が持てなかった上、生活費も底をついたため2年間休学して岩手県の国立釜石療養所の事務職員となる。看護婦への憧れから医師を志し、東北大学医学部と岩手医科大学を受験して失敗。その後ドイツ語からフランス語に専攻を変えて復学。釜石で働いて貯めた15万円は、赤線に通い詰めて2か月で使い果たした。井上ひさし フレッシュアイペディアより)

  • デコトラ

    デコトラから見た菅原文太菅原文太

    1970年代に入ると宮崎ら横浜の『哥麿会』や、夏坂ら八戸港・石巻港の『第七港町急送』などが結成され、豪華さを競うブームは全国へ広がった。派手な電飾を点灯して東名高速道路を走行していた宮崎のデコトラを目撃した愛川欽也が、東映に映画の企画を持ち込んで『トラック野郎・御意見無用』(鈴木則文監督、菅原文太主演)が制作された。1975年夏に公開されたこの映画は、当初は単発の併映作扱いだったにもかかわらず予想外の大ヒット作となり、それに伴いデコトラも高齢者から子供まで幅広く認知されるようになった。『トラック野郎』の主人公、星桃次郎に憧れて運輸業界に入った者も少なくない。デコトラ フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!全員集合

    8時だョ!全員集合から見た菅原文太菅原文太

    毎回のように三船敏郎、若山富三郎、菅原文太、加山雄三、田宮二郎などの大物俳優や、当時の売れっ子アイドルを呼び、しかも彼らが積極的にコントに参加するなど、かなりの予算と労力を要した。放送2日前からドリフメンバーやスタッフによる打ち合わせを行ったり(もちろんその間、メンバー全員この番組の準備に集中)、「番組がスランプに陥っている」と言う理由で、通常のレギュラー放送を一時休止して(その間は総集編を放送)、ドリフメンバーによる「合宿」までしたという。このように莫大な労力を費やして制作していた番組であった上、タレントのギャラの高騰などによる費用面の問題・タレントに掛ける保険の費用高騰・安全性の問題・その後の様々な表現規制・芸能事務所の生放送番組に対するスタンスの変化などといった業界事情の変化により、現在ではこの様な規模の公開放送番組を毎週1回のペースで作ることは極めて困難であり、かつてドリフのマネージャーを務め、現在ドリフメンバーが所属するイザワオフィス社長の井澤健も『週刊新潮』のインタビューで「時代が変わりすぎて、現在ではもう再現不可能な要素が多すぎる」と語っている。8時だョ!全員集合 フレッシュアイペディアより)

213件中 11 - 20件表示

「菅原文太」のニューストピックワード