315件中 11 - 20件表示
  • トラック野郎・御意見無用

    トラック野郎・御意見無用から見た菅原文太菅原文太

    満艦飾のトラックが日本全国津々浦々駆け巡り、主人公・一番星こと星 桃次郎に菅原文太、相棒・やもめのジョナサンこと松下 金造に愛川欽也、マドンナ・倉加野 洋子に中島ゆたか、ライバル・関門のドラゴンに佐藤允が扮して巻き起こす、喜劇と活劇に哀愁が満載の痛快娯楽映画『トラック野郎』シリーズ第1弾。トラック野郎・御意見無用 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た菅原文太菅原文太

    東映はこの年、東急グループを離脱した。一方で映画では、京都でも任侠路線に転換し北島三郎の『兄弟仁義』、藤純子の『緋牡丹博徒』などを大ヒットさせた。俊藤プロデューサーの娘・藤純子を映画界入りさせたのも岡田である。1966年、42歳の若さで東映常務取締役。これについて大川博は「私は岡田茂と今田智憲の二人の才能を買い、30代で東映の取締役に登用し、40歳を越すや常務に昇格させ、思う存分に腕を振るわせた」と述べている。同年借金で松竹をクビになった藤山寛美を一時東映に籍を置かせる。1967年、松竹にいた菅原文太を東映に移籍させ、安藤昇を東映出演させた。1969年、渡瀬恒彦をスカウト。「近い将来、東映の映画部門を担って大川社長を支える両輪となる人物は、製作は岡田茂、営業は今田智憲を措いてほかにいない」とかねて呼び声が高かったが1968年5月、共に44歳の若さで岡田が製作の最高責任者・企画製作本部長兼京都撮影所長、今田は営業の最高責任者・営業本部長兼興行部長に就任。次いで同年秋、製作から営業までを一貫して統括するべく新編成された映画本部長に就任した。大川博は「大衆が求める刺激の強い映画を作ることで企業を安定させることが先決命題で、岡田映画本部長がその命題に沿って徹底した企画を立てている。岡田本部長の権限は、いわば一つの映画会社の社長の立場に匹敵する。自分の思い通りに意思統一ができるわけで大変な権限です」と述べている。岡田が音頭を取った所謂「東映ポルノ/エログロ路線、好色路線」が、この前後から本格化した。1971年テレビ本部長を兼務し映像製作部門の全権を掌握。また33歳の若さで専務になっていた大川の息子・毅がボウリング、タクシー、ホテルなどの事業拡大に失敗。大川親子は斜陽化する映画事業から、ボウリングを主体とする娯楽会社に脱皮させようとしていた。これに労組が硬化し、部課長連合が大川社長に反旗を掲げ六・七十人が株を所有。毅は労組の吊るし上げを恐れ出社しない等、のっぴきならない状況となって竹井博友ら、労使問題のプロも断るような労組担当も引き受ける。この窮地をロックアウトを決行し何とか乗り切った。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・故郷特急便

    トラック野郎・故郷特急便から見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎・故郷特急便』(トラックやろう・ふるさととっきゅうびん)は、1979年(昭和54年)12月22日公開の日本映画。菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第10弾にして最終作。唯一のダブルマドンナ作品。トラック野郎・故郷特急便 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男から見た菅原文太菅原文太

    誠が交渉相手に名指ししたのは、丸の内警察署捜査一課の山下警部(菅原文太)。かつて誠がクラスごとバスジャック事件に巻き込まれた時、体を張って誠や生徒たちを救出したのが山下だった。誠はアナキズムの匂いのする山下にシンパシーを感じていたのだ。誠の第1の要求は「プロ野球のナイターを試合の最後まで中継させろ」。電話を介しての山下との対決の結果、その夜の巨人対大洋戦は急遽完全中継される。快哉を叫ぶ誠は山下に名乗った。俺は「9番」だ、と(当時、世界の核保有国は8か国、誠が9番目という意味)。太陽を盗んだ男 フレッシュアイペディアより)

  • 現代やくざ 人斬り与太

    現代やくざ 人斬り与太から見た菅原文太菅原文太

    『現代やくざ 人斬り与太』(げんだいやくざ ひときりよた)は、1972年5月6日に公開された日本の映画。監督は深作欣二、主演は菅原文太現代やくざ 人斬り与太 フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・天下御免

    トラック野郎・天下御免から見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎・天下御免』(トラックやろう・てんかごめん)は、1976年(昭和51年)12月25日公開の日本映画。菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第4弾。トラック野郎・天下御免 フレッシュアイペディアより)

  • 九十九本目の生娘

    九十九本目の生娘から見た菅原文太菅原文太

    草深い山村に色濃く残る因習を背景に、警官隊大捜査網の活躍を描く探偵映画。「ハンサム・タワーズ」として新東宝が売り出した二枚目俳優菅原文太を主演に、「グラマーNO.1」女優三原葉子を助演に添えた異色活劇編である。また本作は、『Gメン'75』や『マジンガーZ』、『スーパー戦隊シリーズ』などのテレビ番組で知られる脚本家、高久進のデビュー作である。九十九本目の生娘 フレッシュアイペディアより)

  • 映画女優 (1987年の映画)

    映画女優 (1987年の映画)から見た菅原文太菅原文太

    森光子と吉永小百合の最後の共演作品で菅原文太と吉永の初共演作品でもある。映画女優 (1987年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 大和久守正

    大和久守正から見た菅原文太菅原文太

    1970年(昭和45年)4月10日に公開された『新兄弟仁義』(監督佐伯清、主演北島三郎)の脚本を手がけて劇場用映画に復帰、『遊侠列伝』(監督小沢茂弘、主演高倉健)、『博徒仁義 盃』(監督佐伯清、主演菅原文太)、『昭和残侠伝 死んで貰います』(監督マキノ雅弘、主演高倉健)、翌1971年(昭和46年)に入って『現代やくざ 盃返します』(監督佐伯清、主演菅原文太)、『新網走番外地 吹雪の大脱走』(監督降旗康男、主演高倉健)と、大和久の代表作となる作品を連打する。同年12月29日に公開された『新網走番外地 吹雪の大脱走』が最後の劇場用映画になり、1972年(昭和47年)以降はテレビ映画に戻った。1974年(昭和49年)7月27日に放映された『大江戸捜査網』第149回『消えた死美人』(監督江崎実生)を五条貴士(1929年 - )とともに執筆し、脚本としてクレジットされた。以降の作品歴は不明である。当時、満45歳であった。大和久守正 フレッシュアイペディアより)

  • 天涯の花

    天涯の花から見た菅原文太菅原文太

    養護施設で育った平珠子(須藤理彩)は中学卒業を機に徳島県剣山の山中にある剣神社宮司の白塚国太郎(菅原文太)・すぎ(久我美子)夫婦の養女となり巫女としての生活が始まる。山に住むのは白塚夫妻、測候所の職員、夏季に山小屋を営む佐川一家だけ。天涯の花 フレッシュアイペディアより)

315件中 11 - 20件表示

「菅原文太」のニューストピックワード