315件中 21 - 30件表示
  • トラック野郎・熱風5000キロ

    トラック野郎・熱風5000キロから見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎・熱風5000キロ』(トラックやろう・ねっぷうごせんきろ)は、1979年(昭和54年)8月4日公開の日本映画。菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第9弾。トラック野郎・熱風5000キロ フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・度胸一番星

    トラック野郎・度胸一番星から見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎・度胸一番星』(トラックやろう・どきょういちばんぼし)は、1977年(昭和52年)8月6日公開の日本映画。菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第5弾。トラック野郎・度胸一番星 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯秀男

    佐伯秀男から見た菅原文太菅原文太

    1976年(昭和51年)10月1日に公開された『バカ政ホラ政トッパ政』(主演菅原文太)、翌1977年(昭和52年)1月22日に公開された『やくざ戦争 日本の首領』(主演鶴田浩二)という、東映京都撮影所が製作、中島貞夫が監督した2作品に出演、佐伯 泰輔の名でクレジットされた。1978年(昭和53年)4月8日に公開された『多羅尾伴内』(監督鈴木則文)では「吉村会頭」役で出演、「佐伯秀男」名義では11年ぶりの映画出演であった。佐伯秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 緋牡丹博徒シリーズ

    緋牡丹博徒シリーズから見た菅原文太菅原文太

    鶴田浩二、高倉健と並ぶ女任侠スターである藤純子(富司純子、以下、藤)の人気を不動のものにした任侠シリーズで、全国の仁侠映画ファンから喝采で迎えられて大ヒットした。1968年の第一作『緋牡丹博徒』から藤の結婚引退直前の1972年『緋牡丹博徒 仁義通します』まで全八作が製作された。緋牡丹の刺青を背負った女ヤクザ"緋牡丹のお竜"が、女ながら義理と人情のしがらみの中に生き、不正には身を持って立ち向かっていくというのがパターン。毎回手を変え品を変えて、或いは仁侠映画づくりの秘術を尽くして、お竜・藤純子の魅力を咲き乱させる。第一作製作時22歳だった藤のきりっとした中にも女らしさを秘めた物腰が魅力。義兄弟の絆で結ばれた若山富三郎扮する熊虎親分が毎回コメディ・リリーフとして登場し、鶴田浩二・高倉健・菅原文太らのスターが交互に出演して主人公を盛り立てる。シリーズ全八作はいずれも高い水準を保っているが、加藤泰監督による第三作『緋牡丹博徒 花札勝負』、第六作『緋牡丹博徒 お竜参上』、第七作『緋牡丹博徒 お命戴きます』が特に評価が高い。第六作『緋牡丹博徒 お竜参上』での、故郷に帰る流れ者・菅原文太にお竜がミカンを渡す雪の今戸橋のシーンは屈指の名場面とされる。本シリーズが大ヒットした1968年から1969年にかけて"東映任侠映画"は頂点に達した。緋牡丹博徒シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダイナマイトどんどん

    ダイナマイトどんどんから見た菅原文太菅原文太

    タイトルは、主人公菅原文太が率いる岡源ダイナマイツの掛け声(「ダイナマイトー!」「どんどーん!」)より。ダイナマイトどんどん フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鳴館 (戯曲)

    鹿鳴館 (戯曲)から見た菅原文太菅原文太

    テレビドラマ化は、1959年(昭和34年)に初演舞台と同じキャストでフジテレビで放映。1961年(昭和36年)は主演に佐分利信を迎え、それ以外は初演舞台とほぼ同じキャストでTBSテレビで放映。1970年(昭和45年)は岩下志麻・芦田伸介主演でNHKで放映。近年は2008年(平成20年)正月に田村正和・黒木瞳主演でテレビ朝日で放映された。映画化は1986年(昭和61年)に東宝によって菅原文太・浅丘ルリ子主演、市川崑監督でなされた。数億円を投じて東宝の大ステージいっぱいに再現された豪華な鹿鳴館セットが話題を呼んだ。鹿鳴館 (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • 新仁義なき戦い

    新仁義なき戦いから見た菅原文太菅原文太

    広島ヤクザの抗争を描いた「仁義なき戦いシリーズ」がヒットしたのに続いて、同シリーズのコンビ、監督:深作欣二、主演:菅原文太で新シリーズを企画し、ヒットした。舞台は1950年(昭和25年)秋、呉の山守組組員三好万亀夫は浅田組々長を拳銃で撃ち、殺人未遂で8年間刑務所へ収監。1959年(昭和34年)11月に三好は仮出所するが、その後の山守組の内紛劇を描く。仁義なき戦い第1作目とほぼ同じ題材だが、クライマックスである「青木襲撃事件」を関側からの視点で描く等の違いがある。 新仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • ギャングキング

    ギャングキングから見た菅原文太菅原文太

    バラ学工業科の1年生(11巻より2年生)。名前の元ネタは高倉健と菅原文太ギャングキング フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・一番星北へ帰る

    トラック野郎・一番星北へ帰るから見た菅原文太菅原文太

    『トラック野郎・一番星北へ帰る』(トラックやろう・いちばんぼしきたへかえる)は、1978年12月23日公開の日本映画。菅原文太主演、東映製作・配給による「トラック野郎シリーズ」第8弾。トラック野郎・一番星北へ帰る フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木則文

    鈴木則文から見た菅原文太菅原文太

    1975年 - 千葉真一主演の『少林寺拳法』を皮切りに格闘・アクション映画の演出も行っていく。同年より菅原文太主演で監督シリーズ作品『トラック野郎』を開始。鈴木則文 フレッシュアイペディアより)

315件中 21 - 30件表示

「菅原文太」のニューストピックワード