213件中 21 - 30件表示
  • ダウンタウンDX

    ダウンタウンDXから見た菅原文太菅原文太

    元々は関西を離れ、すでに東京で活躍していた、ダウンタウンが、大阪にある読売テレビ本社で菅原文太や梅宮辰夫といった大物ゲストを迎え、様々な角度からトークを聞き出すといった内容の番組としてスタート。この番組を最初に企画したのは当時『鶴瓶上岡パペポTV』や『EXテレビ』を手がけていた白岩久弥(初代プロデューサー→2代目チーフプロデューサー)。番組開始直前に「深夜番組の名物プロデューサーがゴールデンに進出」として新聞にインタビュー記事が掲載され、出演者のみならず裏方のスタッフもが注目される中でのスタートであった。ダウンタウンDX フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鳴館 (戯曲)

    鹿鳴館 (戯曲)から見た菅原文太菅原文太

    テレビドラマ化は、1959年(昭和34年)に初演舞台と同じキャストでフジテレビで放映。1961年(昭和36年)は主演に佐分利信を迎え、それ以外は初演舞台とほぼ同じキャストでTBSテレビで放映。1970年(昭和45年)は岩下志麻・芦田伸介主演でNHKで放映。近年は2008年(平成20年)正月に田村正和・黒木瞳主演でテレビ朝日で放映された。映画化は1986年(昭和61年)に東宝によって菅原文太・浅丘ルリ子主演、市川崑監督でなされた。鹿鳴館 (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • 東映

    東映から見た菅原文太菅原文太

    1963年(昭和38年)からは時代劇に代わって、明治期から昭和初期を舞台にし勧善懲悪の世界の時代劇の変種でもある任侠物を京都、東京両撮影所で量産してブームを作った(東映任侠映画)。1965年(昭和40年)からの鶴田浩二、高倉健、藤純子らを擁した任侠路線は約10年続き、1973年(昭和48年)以降は、菅原文太の『仁義なき戦い』シリーズに始まる実録物や千葉真一の格闘映画がブレイク。千葉の格闘映画は日本国外でも大ヒットしたが、プログラムピクチャーとしてのヤクザ映画路線は1970年代末に終了した。東映 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男から見た菅原文太菅原文太

    中学校の理科教師である城戸誠(沢田研二)は、茨城県東海村の原子力発電所から液体プルトニウムを強奪し、アパートの自室でハンドメイドの原爆を完成させた。そして、金属プルトニウムの欠片を仕込んだダミー原爆を国会議事堂に置き去り、日本政府を脅迫する。誠が交渉相手に名指ししたのは、丸の内警察署捜査一課の山下警部(菅原文太)。かつて誠がクラスごとバスジャック事件に巻き込まれた時、体を張って誠や生徒たちを救出したのが山下だった。誠はアナキズムの匂いのする山下にシンパシーを感じていたのだ。誠の第1の要求は「プロ野球のナイターを試合の最後まで中継させろ」。電話を介しての山下との対決の結果、その夜の巨人対大洋戦は急遽完全中継される。快哉を叫ぶ誠は山下に名乗った。俺は「9番」だ、と(当時、世界の核保有国は8か国、誠が9番目という意味)。太陽を盗んだ男 フレッシュアイペディアより)

  • 九十九本目の生娘

    九十九本目の生娘から見た菅原文太菅原文太

    草深い山村に色濃く残る因習を背景に、警官隊大捜査網の活躍を描く探偵映画。「ハンサム・タワーズ」として新東宝が売り出した二枚目俳優菅原文太を主演に、「グラマーNO.1」女優三原葉子を助演に添えた異色活劇編である。また本作は、『Gメン'75』や『マジンガーZ』、『スーパー戦隊シリーズ』などのテレビ番組で知られる脚本家、高久進のデビュー作である。九十九本目の生娘 フレッシュアイペディアより)

  • 田中邦衛

    田中邦衛から見た菅原文太菅原文太

    1965年(昭和40年)に出演したフジテレビのドラマ『若者たち』は映画化もされ、第22回の毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。ヤクザ映画では同年からスタートした『網走番外地』シリーズで高倉健演じる主人公を慕う舎弟をコミカルに演じ、1973年(昭和48年)から始まった『仁義なき戦い』シリーズでは、それまでのイメージを一新する姑息で狡賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。シリーズ全5部に同役で出演し続けたのは、菅原文太、金子信雄と田中だけである。田中邦衛 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木則文

    鈴木則文から見た菅原文太菅原文太

    1975年 - 千葉真一主演の『少林寺拳法』を皮切りに格闘・アクション映画の演出も行っていく。同年菅原文太主演のシリーズ第1作『トラック野郎 御意見無用』を監督、脚本(澤井信一郎との合作)。鈴木則文 フレッシュアイペディアより)

  • 星桃次郎

    星桃次郎から見た菅原文太菅原文太

    星桃次郎 フレッシュアイペディアより)

  • まむしの兄弟

    まむしの兄弟から見た菅原文太菅原文太

    まむしの兄弟(まむしのきょうだい)は、侠客を称する義兄弟が悪人相手に戦う日本のヤクザ映画である。東映で1971年から1975年にかけてシリーズ計9本が菅原文太・川地民夫主演で制作された。まむしの兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 中村英子

    中村英子から見た菅原文太菅原文太

    1972年文化服装学院ファッションデザイン専攻科を卒業。同年、東映が賞金百万円で公募した「ポスト藤純子オーディション」の5千人の中から選ばれ、同年9月、菅原文太主演『木枯し紋次郎・関わりございません』でデビュー。同年11月、石井輝男監督『緋ぢりめん博徒』に主演。中村英子 フレッシュアイペディアより)

213件中 21 - 30件表示