213件中 31 - 40件表示
  • スター・システム

    スター・システムから見た菅原文太菅原文太

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • セリエAダイジェスト

    セリエAダイジェストから見た菅原文太菅原文太

    ファブリッツィオ・ラバネッリは広島弁(菅原文太に似ていたかららしい)セリエAダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • 東京バナナボーイズ

    東京バナナボーイズから見た菅原文太菅原文太

    日本万歳音頭(1991年4月25日) - 菅原文太東京バナナボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • 長ドス

    長ドスから見た菅原文太菅原文太

    キル・ビルなどの映画作品では、使用にあたって高倉健又は菅原文太主演作品に長ドスについてのシンプルではあるが観念的な映像描写が見られる。長ドス フレッシュアイペディアより)

  • 近藤明男

    近藤明男から見た菅原文太菅原文太

    1986年、美空ひばり主演のテレビ遺作「女ひとり旅」の演出。1987年、「ザ・瀬戸大橋-21世紀への架け橋」(菅原文太主演)で第25回ギャラクシー賞(奨励賞)受賞。近藤明男 フレッシュアイペディアより)

  • 犬笛 (小説)

    犬笛 (小説)から見た菅原文太菅原文太

    1976年、『君よ憤怒の河を渉れ』が映画化されて大ヒットしたのに続き、1978年、菅原文太主演、三船プロダクション製作、東宝配給で映画化。犬笛 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 懲役太郎 まむしの兄弟

    懲役太郎 まむしの兄弟から見た菅原文太菅原文太

    政太郎 - 菅原文太:主人公。孤児であった。闇市時代から暴れまくりゴロマサと呼ばれる。懲役太郎 まむしの兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保弘司

    大久保弘司から見た菅原文太菅原文太

    下関商業から1978年にドラフト4位で当時の横浜大洋ホエールズに入団。2軍ではイースタン・リーグ記録のシーズン13死球を記録するなどガッツ溢れるプレイで期待された。当時の控え選手について、根性(練習)の大久保、野球センス(技術)の清水、頭脳の岩井と並び称された。しかし、1軍では代走・守備要員・ピンチバンター止まりだった。1987年に引退後は球団職員を務める。またプロ野球マスターズリーグ名古屋80D'sersにも所属。俊足でオフの運動会では1500m走で2連覇。菅原文太の大ファンでニックネームは「文太」。野球用具にも文太と書いていた。大久保弘司 フレッシュアイペディアより)

  • 株式会社カインドウェア

    株式会社カインドウェアから見た菅原文太菅原文太

    昭和45年(1970年)、ワンボタン、ピークドラペルという洗練されたデザインのシングルモデルの発表に伴い、ブランド「ソシアル」のキャラクターも当時、映画俳優として人気を博していた田中邦衛氏を起用。テレビコマーシャル放映を開始。以来13年間田中邦衛氏は、フォーマルウェアのキャラクターとして、CF、ポスターなどを通じ、フォーマルウェアの着用を呼びかけた。若い人にも支持される個性化、日常化を目指し、若者が気軽に楽しめるフォーマルウェアを広く社会に根づかせようと考えた。田中邦衛氏のキャラクター起用はまた、紳士既製服界の販売促進活動に大きな刺激を与えた。それまでは、旗照二氏、岡田真澄氏、菅原文太氏などを広告モデルに起用してたが、若手俳優を起用するのは初めてでった。株式会社カインドウェア フレッシュアイペディアより)

  • 森蘭丸〜戦国を駆け抜けた若獅子〜

    森蘭丸〜戦国を駆け抜けた若獅子〜から見た菅原文太菅原文太

    岩黒(森家忍び衆頭):菅原文太森蘭丸〜戦国を駆け抜けた若獅子〜 フレッシュアイペディアより)

213件中 31 - 40件表示

「菅原文太」のニューストピックワード