315件中 41 - 50件表示
  • 8時だョ!全員集合

    8時だョ!全員集合から見た菅原文太菅原文太

    ゲストには当時の売れっ子アイドルや演歌歌手などの歌手が3?4組、回によっては三船敏郎、若山富三郎、菅原文太、加山雄三、田宮二郎などの大物俳優が出演、しかも彼らが積極的にコントに参加していた。8時だョ!全員集合 フレッシュアイペディアより)

  • 山口組外伝 九州進攻作戦

    山口組外伝 九州進攻作戦から見た菅原文太菅原文太

    『山口組外伝 九州進攻作戦』(やまぐちぐみがいでん きゅうしゅうしんこうさくせん)は、1974年の日本映画。主演:菅原文太、監督:山下耕作。東映京都撮影所製作、東映配給。併映『喜劇特出しヒモ天国』(山城新伍主演、森崎東監督)。山口組外伝 九州進攻作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 新崎人生

    新崎人生から見た菅原文太菅原文太

    小中学校時代には新田広一郎と一緒のチームでサッカーをしており、中学生の時にはゴールキーパーとして四国選抜にも選ばれた。徳島県立徳島東工業高等学校(現:徳島県立徳島科学技術高等学校)でレスリング部に在籍(後輩にアレクサンダー大塚がいる)。卒業後は俳優を志し、JAC(ジャパンアクションクラブ)に在籍の後、菅原文太(後に新崎の後援会長となる)の付き人などを務めていたが、やがてプロレスに傾倒し、ユニバーサル・プロレスリングに入団。1992年11月19日、東洋系覆面レスラー「モンゴリアン勇牙」としてデビュー(vs獅龍&テリー・ボーイ組。パートナーはバッファロー張飛=引退)。ユニバーサルの大半の所属選手がみちのくプロレスに移るとそれに追随し、1993年6月11日、青森・三戸町民体育館での獅龍戦で、四国遍路者のギミックを施したキャラクターレスラー「新崎人生」としての再デビューを果たした。新崎人生 フレッシュアイペディアより)

  • 渡 哲也

    渡哲也から見た菅原文太菅原文太

    1974年(昭和49年)、再び映画各社の間で激しい争奪戦が起こり、特に弟・恒彦をスカウトした岡田茂東映社長(当時)が「高倉健の次の東映の看板スターにしたい」と熱心に誘い、渡自身も「アクション映画をやりたい、自分のキャラクターを活かしてくれるのは東映を置いて他にない」と強く東映入りを希望したため1975年(昭和50年)に渡は東映入りの報道もされた。当時の東映は俊藤浩滋が高倉らを伴い独立しようとしたお家騒動があった。元々、1973年の『仁義なき戦い』で菅原文太をスターダムに押し上げた広能昌三役も最初にキャスティングされたのは渡であったが、この時期、渡は体調が優れず実現に至らなかった。1974年暮れ『脱獄広島殺人囚』、「新仁義なき戦いシリーズ」とも渡は出演要請を受けたが諸問題で断り1975年2月、東映実録ヤクザ路線の極北といわれる『仁義の墓場』でようやく東映初出演、初主演した。同作公開後、岡田社長は「今年はわが陣営に引き込んだ渡哲也君の"渡路線"を確立することだ」とぶち上げ、この年4月の『大脱獄』で高倉健と、5月の『県警対組織暴力』で菅原文太と競演させ、6月の『スーパー・アクション/強奪』(『資金源強奪』として映画化)と8月の『日本暴力列島・北九州電撃戦』(映画化されず)で主演させ、"東映スター渡"をイメージ付けようとしたが『仁義の墓場』撮影後、再び病に倒れ渡は結局東映と専属契約を結ばず。先の『大脱獄』は、最初は高倉健、渡哲也、五木ひろしの三大共演を予定していたが、五木がギャラ問題で降り、代わりに抜擢されたのが菅原文太で、高倉、渡、菅原という三大共演の可能性もあり、実際に三人の名前の書かれたポスターも製作された。渡が入院したため三大共演はおろか、渡と高倉、渡と菅原の共演も永遠に実現することはなかった。この1975年は、東宝系の芸苑社製作で今井正監督の水上勉原作『その橋まで』の映画化の主演も受けていたがこれも流れた。入院は延べ2年半に及んだ。病み上がりで撮影中に体調が急激に悪化した『仁義の墓場』は点滴を打ちながら演じる渡の負のエネルギーが、石川力夫の怨念が乗り移ったかのような迫力を持ち評価が高い。キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」日本映画編(1999年版)では、日本映画歴代38位に選出されている。1976年(昭和51年)『やくざの墓場 くちなしの花』の主演でブルーリボン賞主演男優賞を獲得。渡はこの後石原プロのテレビドラマに専念するため映画出演は一時的に撤退した。その後1996年、やはり岡田茂東映会長(当時)に促され『わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語』の宮沢賢治の父・政次郎役で20年ぶりに映画界に本格復帰した。本作でこの年の各映画賞助演男優賞を独占している。渡哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 新仁義なき戦い 組長最後の日

    新仁義なき戦い 組長最後の日から見た菅原文太菅原文太

    新仁義なき戦いシリーズ最終作。深作欣二・菅原文太のコンビが一番作りたかった作品といわれる。新仁義なき戦い 組長最後の日 フレッシュアイペディアより)

  • 東建コーポレーション

    東建コーポレーションから見た菅原文太菅原文太

    菅原文太(企業広告に出演)東建コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 愛川 欽也

    愛川欽也から見た菅原文太菅原文太

    1975年、満艦飾の長距離トラック運転手を主人公とした映画を企画し持ち込む。これが東映のドル箱シリーズとなった『トラック野郎』。菅原文太と共演し、相棒・やもめのジョナサンこと松下金造役を演じ、空前の大ヒットとなり、1979年までに全10作が製作・公開された。愛川欽也 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ高野

    ジョージ高野から見た菅原文太菅原文太

    大相撲廃業後、1976年8月に新日本プロレスへ入団。1977年2月10日、日本武道館での佐山聡戦でデビュー、時間切れ引き分け。デビュー前からTV特撮番組『プロレスの星 アステカイザー』に主人公のライバル役として出演した。この時、菅原文太の誘いで本格的に芸能界入りを目指したが、プロレスへの情熱が断ち切れず、1978年6月に再び新日本へカムバック。1978年10月13日に平田淳二(現平田淳嗣)戦で再デビューする。前田日明、ヒロ斎藤、平田淳二(現平田淳嗣)らが入門しており、彼らと同期とされる事もあるが、実際には佐山聡と同期である。黒人とのハーフであるため抜群の運動能力とハンサムな顔立ちで若手の注目選手となり、その人気に前田日明も強く嫉妬した。ドロップキックで190センチを超える前田の頭の上を蹴ってしまい自爆するなど驚異的な運動神経からポストアントニオ猪木の最有力候補に挙げられ、若手時代には前田に35勝1敗15引き分けで、前田は「新日本プロレスの歴史上、最も素材が良く素質もあったのは間違いなくジョージ高野だ」と言う。初代タイガーマスクの「スペース・フライング・タイガー・ドロップ」の開発者はジョージであり、ムーンサルト・プレスを開発し初めてリングで披露したのもジョージである。初代タイガーマスクの候補として名前が挙がったが、新間寿によると背が高すぎるという理由で実現には至らなかったという。ジョージ高野 フレッシュアイペディアより)

  • 井上ひさし

    井上ひさしから見た菅原文太菅原文太

    1950年(昭和25年)、宮城県仙台第一高等学校へ進み孤児院から通学。在校中の思い出を半自伝的小説『青葉繁れる』に記している。在校中は新聞部に所属し、同級生に憲法学者の樋口陽一、1学年上級生には俳優の菅原文太がいた。在学中は投稿や読書、映画、野球に熱中し、成績は低迷。東北大学と東京外国語大学の受験に失敗して早稲田大学の補欠合格と、孤児院の神父の推薦で1953年(昭和28年)、上智大学文学部ドイツ文学科に入学し、代々木上原のラサール修道院から通う。しかしドイツ語に興味が持てなかった上、生活費も底をついたため2年間休学して岩手県の国立釜石療養所の事務職員となる。看護婦への憧れから医師を志し、東北大学医学部と岩手医科大学を受験して失敗。1956年(昭和31年)、上智大学外国語学部フランス語科に復学。釜石で働いて貯めた15万円は、赤線に通い詰めて2か月で使い果たした。井上ひさし フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た菅原文太菅原文太

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であったが、周囲からは「似てない」と酷評され、名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんどない。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神へ移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

315件中 41 - 50件表示

「菅原文太」のニューストピックワード