315件中 51 - 60件表示
  • スズキ・キャリイ

    スズキ・キャリイから見た菅原文太菅原文太

    なお、今回のフルモデルチェンジに合わせ、以前からOEM供給を行っているマツダに加え、三菱自動車工業や日産自動車へもOEM供給を行うことで基本合意したことが各社から発表された。これにより、三菱自動車工業は電気自動車の「ミニキャブMiEV」を残してガソリン軽商用車の生産から事実上撤退することとなった。これに伴い、三菱からOEM供給を受けていた日産自動車もOEM供給元がスズキに変更され、結果的に4兄弟車種となった(なお、2社とのOEM供給による基本合意には、軽ボンネットバンのエブリイも含まれる)。CMには当初菅原文太とはるな愛が、後に北斗晶が追加出演した。スズキ・キャリイ フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た菅原文太菅原文太

    しかし、1960年代に入ってテレビが普及すると、映画でしか見られないスターが減っていった。1970年代に入ると経営難のため俳優を抱えて育成することは困難となり、東映以外の映画会社からはほぼ俳優の専属制はなくなっていった。1970年代に入ると大映は倒産し、日活はロマンポルノ路線への移行を余儀なくされ、スターシステムによるスター映画と言えるのは、渥美清の『男はつらいよ』シリーズや高倉健主演映画、菅原文太主演映画、『ゴジラ』シリーズくらいという状況になっていった。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 株式会社カインドウェア

    株式会社カインドウェアから見た菅原文太菅原文太

    昭和45年(1970年)、ワンボタン、ピークドラペルという洗練されたデザインのシングルモデルの発表に伴い、ブランド「ソシアル」のキャラクターも当時、映画俳優として人気を博していた田中邦衛氏を起用。テレビコマーシャル放映を開始。以来13年間田中邦衛氏は、フォーマルウェアのキャラクターとして、CF、ポスターなどを通じ、フォーマルウェアの着用を呼びかけた。若い人にも支持される個性化、日常化を目指し、若者が気軽に楽しめるフォーマルウェアを広く社会に根づかせようと考えた。田中邦衛氏のキャラクター起用はまた、紳士既製服界の販売促進活動に大きな刺激を与えた。それまでは、旗照二氏、岡田真澄氏、菅原文太氏などを広告モデルに起用してたが、若手俳優を起用するのは初めてでった。株式会社カインドウェア フレッシュアイペディアより)

  • 止まり木ブルース

    止まり木ブルースから見た菅原文太菅原文太

    根城にしている北品川では昔から不良少年としてならし、少年院にいたこともありやくざではないものの、裏の世界に知人・友人が多数いる。しかし、品行悪くとも品性卑しからずをモットーにしており、困っている人・年寄り・子供などには滅法優しい。人情と義理に厚く、弱気を助け強気をくじく男気溢れる性格。根城にしている北品川の新馬場商店街での人望は絶大である。サブと赤シャツという舎弟を抱えており馬券が当たるとこれらの舎弟に祝儀を渡して食わせている。容姿は菅原文太の若い頃を彷彿とさせる苦みばしった渋いいい男とされている。正式に結婚はしていないが、麻里ちゃんという内縁の妻がいる。この健坊については作者である塩崎利雄自らをモデルとしているが、少年院歴の有無をはじめ、「いろいろと」脚色を加えてあるという。止まり木ブルース フレッシュアイペディアより)

  • 二口林道

    二口林道から見た菅原文太菅原文太

    菅原文太(宮城県仙台第一高等学校の学生だった頃、休日に何度も二口林道の山越えをした)二口林道 フレッシュアイペディアより)

  • 中村英子

    中村英子から見た菅原文太菅原文太

    1972年文化服装学院ファッションデザイン専攻科を卒業。同年、東映が賞金百万円で公募した「ポスト藤純子オーディション」の5千人の中から選ばれ、同年9月、菅原文太主演『木枯し紋次郎・関わりございません』でデビュー。同年11月、石井輝男監督『緋ぢりめん博徒』に主演。中村英子 フレッシュアイペディアより)

  • 任侠花一輪

    任侠花一輪から見た菅原文太菅原文太

    任侠花一輪(にんきょうはないちりん)は、1974年10月5日に公開された藤竜也の初主演映画。監督は三堀篤。製作は東映東京撮影所。併映は『実録飛車角 狼どもの仁義』(菅原文太主演、村山新治監督)。任侠花一輪 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川いれずみ師 責め地獄

    徳川いれずみ師 責め地獄から見た菅原文太菅原文太

    『徳川いれずみ師 責め地獄』(とくがわいれずみしせめじごく)は、1969年公開の日本映画。R-18(旧成人映画)指定。吉田輝雄主演、石井輝男監督。東映京都撮影所製作、東映配給。併映『懲役三兄弟』(菅原文太主演、佐伯清監督)。徳川いれずみ師 責め地獄 フレッシュアイペディアより)

  • MONDO ism

    MONDO ismから見た菅原文太菅原文太

    いわゆるデコトラの撮影会に密着し、デコトラを駆るドライバー(オーナー)達を描く。また映画『トラック野郎』シリーズの主演である菅原文太もインタビューに登場し、当時の裏話を語る。30分×2回。MONDO ism フレッシュアイペディアより)

  • 五月みどりのかまきり夫人の告白

    五月みどりのかまきり夫人の告白から見た菅原文太菅原文太

    『五月みどりのかまきり夫人の告白』(さつきみどりのかまきりふじんのこくはく)は、1975年公開のポルノ映画。主演:五月みどり、監督:牧口雄二。東映京都撮影所製作、東映配給。併映『新仁義なき戦い 組長の首』(主演:菅原文太、監督:深作欣二)。五月みどりのかまきり夫人の告白 フレッシュアイペディアより)

315件中 51 - 60件表示

「菅原文太」のニューストピックワード