312件中 91 - 100件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見た栗原市

    1943年(昭和18年)に父親が出征すると、父親の実家がある宮城県栗原郡一迫町(現・栗原市)に疎開し、(旧制)宮城県築館中学校卒業まで同地で過ごした。1949年(昭和24年)、学制改革による新制高校の発足により、県内屈指の名門校である宮城県仙台第一高等学校に入学。同校では新聞部に所属した。同校の同級生には三浦弘彰(後の栗駒町長)、一学年下には樋口陽一(法学者) や同じ新聞部の井上廈(劇作家:井上ひさし) がおり、同校に隣接する宮城県第二女子高等学校には、後に共演することとなる若尾文子がいた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た農家

    菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 - 2014年〈平成26年〉11月28日)は、日本の俳優、声優、ラジオパーソナリティ・農業従事者である。宮城県仙台市出身。愛称は文ちゃん・文太兄い。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見たさんまのまんま

    さんまのまんま(1988年4月11日、関西テレビ)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た2014年沖縄県知事選挙

    2012年(平成24年)11月13日、菅原が名誉顧問を務める民間非営利団体「ふるさと回帰支援センター」の設立10周年記念講演の席上で、56年に及ぶ役者生活にピリオドを打った旨を明らかにした。この時「デジタルはお断り」というコメントも発表しており、映像製作環境の変化にも言及している。12月5日には有志らとともに国民運動グループ「いのちの党」を結成し、代表として活動した。なお、「いのちの党」と名称が付いているが、あくまで「仲間の集まり」の意であって政界進出を意識してのものではないという。また、以前より噂されていた政界への進出は完全否定をした。入院直前の11月1日には、沖縄知事選候補の翁長雄志の応援演説に出席していた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た栗原安秀

    宴(1967年、松竹) - 栗原中尉菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た早稲田大学

    早稲田大学第二法学部法学科に進学。在学中に中原淳一のモデルとなり、1954年(昭和29年)、旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団、初期の作品に端役として多数出演した。1955年(昭和30年)、早稲田大学を中退。1956年(昭和31年)に東宝の映画『哀愁の街に霧が降る』でデビュー。1957年(昭和32年)に岡田眞澄・旗昭二・池田二郎ら総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイル を設立し、雑誌やショーのファッション・モデルをしながら1958年(昭和33年)に喫茶店で新東宝の宣伝部員にスカウトされ、映画俳優になる決心をし、新東宝に入社。同年『白線秘密地帯』で本格映画出演。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た国民新党

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では広島6区(尾道市ほか)に立候補した国民新党の亀井静香の応援に登場。亀井の唱える農業政策等を支持し、同じ選挙区に立候補した堀江貴文を批判、「向こう(堀江陣営)は仁義なき戦いをしているが、こちらは仁義ある戦いをしましょう」と亀井を激励した。その甲斐あってか、亀井は堀江を破って当選を果たした。この選挙戦の模様は、代表作『仁義なき戦い 広島死闘篇』になぞらえて。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た富士山

    三船敏郎を尊敬し「富士山のような存在」と賞賛していた。鶴田浩二とも共演が多かった。安藤昇とは、渋谷で交友を重ね、一緒に松竹入りしている。渥美清とは偶然、本屋で会っている。若山富三郎については「殴られたり散々されたけど、俺はやはりあの人が好きだった」と語っている。石原裕次郎とは同時期にデビューしたが共演経験は無い。石原慎太郎を「ボケ老人だね、アイツ。」と罵った。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た東日本大震災

    2012年(平成24年)2月初旬、2013年1月に公開予定の『東京家族』(監督・山田洋次)主演から既に降板したことを発表。2月23日に都内で行われた「第64回日本消防協会定例表彰式」に出席した際にプレスインタビューに応じて映画を降板した理由として、クランクイン直前に東日本大震災が発生。故郷の宮城県をはじめ被災地で、公私ともに苦しい生活の続く人々が多いなか「どういうテーマであれ、今は映画を撮っている時じゃない。それは(山田洋次)監督も同じ考えだった」と語った。菅原はこの席で震災以後、劇映画の存在理由が見いだせないことを語った上で、自身が震災直前まで都内の病院に入院していたことも告白している。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た太宰府天満宮

    2014年11月13日に定期健診で病院を訪れてそのまま入院、入院中に高倉健(2014年11月10日没)の死去を知り、『健さん、東映、映画のことは時間を置いて自分で(思いを)書きます』と関係者に伝えていたという。しかし11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全により東京都内の病院で死去(永眠)した。満81歳没(享年82)。晩年は山梨県北杜市に住んでおり、11月30日に福岡県太宰府市の太宰府天満宮祖霊殿で家族葬を行った。12月1日、菅原文太の死去を発表するに際して妻が東映を通じてコメントを発表した。高倉と共に東映任侠映画の二巨頭として、ブームの立役者であった菅原も高倉の後を追うかのように鬼籍に入った。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

312件中 91 - 100件表示

「菅原文太」のニューストピックワード