172件中 91 - 100件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見た吉里吉里人

    作家の井上ひさしとは同じ高校の先輩後輩で親友であり、代表作「吉里吉里人」の映画化権を預かっている。自らのプロデュースで映画化すべく奔走しているが実現していない。また、晩年の野村秋介と交流があり『ドキュメント 風と拳銃 野村秋介の荒野』で映像証言をしている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た県警対組織暴力

    県警対組織暴力(1975年 東映)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た懲役太郎 まむしの兄弟

    懲役太郎 まむしの兄弟(1971年 東映京都)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た土曜ドラマ (NHK)

    NHK土曜ドラマ ハゲタカ (2007年) - 大木昇三郎菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見たカメオ出演

    黄金の犬(ノンクレジットのカメオ出演) (1979年)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た実録映画

    東映に移籍はしたものの、セリフのほとんど付かない役ばかりで、役を貰えないかと新東宝仲間である石川義寛監督の下宿を訪ねることもあったといい、東映京都撮影所作品『怪猫呪いの沼』(1968年)での端役も、石川監督が気の毒がって起用したものだったという。翌1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる。この『現代やくざ』シリーズは1972年(昭和47年)まで続く作品群で、ヤクザを美化した従来の任侠映画ではなく、現実的な「ワル」を主人公にしたものであり、後の実録映画の先駆けとなった。また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た大脱獄

    大脱獄(1975年 東映)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た小京都ミステリー

    小京都ミステリー11・伊予夢芝居殺人事件 (1994年)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た主演

    長身の新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一人として、吉田輝雄・高宮敬二・寺島達夫らと共に売り出された。主演作も多かったが、当時の新東宝は経営不振で低予算映画が主力路線だったため、世間的な知名度はそれほど高くなかった。この時代の映画としては『九十九本目の生娘』や1960年(昭和35年)の正月映画『女奴隷船』に主演して丹波哲郎とのアクション対決を演じた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た七味唐辛子

    漫画ONE PIECEに登場する海軍大将「赤犬」は、「仁義なき戦い」の頃の菅原をモデルとしたキャラクターである。また、2012年には菅原の妻が作者の尾田栄一郎に七味唐辛子のパッケージデザインを依頼した。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

172件中 91 - 100件表示

「菅原文太」のニューストピックワード