172件中 11 - 20件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見た丹波哲郎

    長身の新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一人として、吉田輝雄・高宮敬二・寺島達夫らと共に売り出された。主演作も多かったが、当時の新東宝は経営不振で低予算映画が主力路線だったため、世間的な知名度はそれほど高くなかった。この時代の映画としては『九十九本目の生娘』や1960年(昭和35年)の正月映画『女奴隷船』に主演して丹波哲郎とのアクション対決を演じた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た井上ひさし

    作家の井上ひさしとは同じ高校の先輩後輩で親友であり、代表作「吉里吉里人」の映画化権を預かっている。自らのプロデュースで映画化すべく奔走しているが実現していない。また、晩年の野村秋介と交流があり『ドキュメント 風と拳銃 野村秋介の荒野』で映像証言をしている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見たビートたけしビートたけし

    タレントの明石家さんまは自他ともに認める菅原の大ファン。『仁義なき戦い』第一部の土居組組長を射殺するシーンが特に好きで、「冷たい雨の中、肩をすぼめて眉間に皺を寄せ、煙草を吹かし標的を待つシーンをよく真似た」と語っている。「高校時代『夜桜銀二』と呼ばれていたんですよ」と菅原本人に見栄を張ったことも。まだ若手だった頃に空港で菅原に会い、サインを頼んだところ「俺が代わりに欲しいくらいだよ」と言われた話は、後年さんまが何度も披露している。ビートたけし曰く「その話は百回以上聞いた」との事。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た尾田栄一郎

    漫画ONE PIECEに登場する海軍大将「赤犬」は、「仁義なき戦い」の頃の菅原をモデルとしたキャラクターである。また、2012年には菅原の妻が作者の尾田栄一郎に七味唐辛子のパッケージデザインを依頼した。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た堀江貴文

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では広島6区(尾道市ほか)に立候補した国民新党の亀井静香の応援に登場。亀井の唱える農業政策等を支持し、同じ選挙区に立候補した堀江貴文を批判、「向こう(堀江陣営)は仁義なき戦いをしているが、こちらは仁義ある戦いをしましょう」と亀井を激励した。その甲斐あってか、亀井は堀江を破って当選を果たした。この選挙戦の模様は、代表作『仁義なき戦い 広島死闘篇』になぞらえて「広島死闘篇」と呼ばれた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た小林亜星小林 亜星

    眠れ都会よ(1981年 『警視庁殺人課』エンディングテーマ)作曲は小林亜星菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た米米CLUB

    1989年(平成元年)11月15日、『夜のヒットスタジオSUPER』に出演。翌週の11月21日には『NHK歌謡パレード』にも出演し、いずれも生放送で『港の男歌』を熱唱した。『夜ヒット』ではオープニングメドレーで米米CLUBの『sure dance』を「歌詞の朗読」という形で唄い、加賀まり子から「渋く決めましたね! ずるいですよ!」と言われ、「だって歌えないんだからしょうがない・・・」と苦笑していた。この後も「1コーラスじゃなく半コーラスでいい」などと歌に対する自信のなさを嘆いていた。後年のインタビューでは「歌は下手だけど健さん(高倉健)よりはましだな」とも語っている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た石本美由紀

    新宿酔いどれ番地(1977年 東映『新宿酔いどれ番地 人斬り鉄』主題歌)作詞・石本美由紀 作曲・市川昭介 唄・菅原文太菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た深作欣二

    演出した深作欣二の臨終を唯一親族以外で看取っており、葬儀では弔辞を読んだ。公開直後には自宅に少年が訪ねて来て「おやじさん、山守は絶対、俺が撃ってきますけん」と言うので「ありがとう、まあ、ラーメンでも食いに行こう」と連れ出して説得して帰ってもらった。撮影中にも広島のヤクザ・不良から、道を譲ってもらったりして大変世話になったが、後に山口組の納会に出席していたのを「FOCUS」に撮られ、写真入りで報道された。原作者の飯干晃一はこの時の菅原を、「ヤクザの広告塔に利用されている」とワイドショーでコメントしている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た明石家さんま

    タレントの明石家さんまは自他ともに認める菅原の大ファン。『仁義なき戦い』第一部の土居組組長を射殺するシーンが特に好きで、「冷たい雨の中、肩をすぼめて眉間に皺を寄せ、煙草を吹かし標的を待つシーンをよく真似た」と語っている。「高校時代『夜桜銀二』と呼ばれていたんですよ」と菅原本人に見栄を張ったことも。まだ若手だった頃に空港で菅原に会い、サインを頼んだところ「俺が代わりに欲しいくらいだよ」と言われた話は、後年さんまが何度も披露している。ビートたけし曰く「その話は百回以上聞いた」との事。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

172件中 11 - 20件表示

「菅原文太」のニューストピックワード