172件中 21 - 30件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見た亀井静香

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では広島6区(尾道市ほか)に立候補した国民新党の亀井静香の応援に登場。亀井の唱える農業政策等を支持し、同じ選挙区に立候補した堀江貴文を批判、「向こう(堀江陣営)は仁義なき戦いをしているが、こちらは仁義ある戦いをしましょう」と亀井を激励した。その甲斐あってか、亀井は堀江を破って当選を果たした。この選挙戦の模様は、代表作『仁義なき戦い 広島死闘篇』になぞらえて「広島死闘篇」と呼ばれた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た山田洋次

    2012年(平成24年)2月初旬、2013年1月に公開予定の「東京家族」(監督・山田洋次)主演から既に降板したことを発表。2月23日に都内で行われた講演会で、その理由として、クランクイン直前に震災が発生。故郷の宮城県をはじめ被災地で、公私ともに苦しい生活の続く人々が多いなか「今は映画を撮っている時じゃない」と自戒し、監督に直訴したもので、俳優引退をにじませた。またこの中で、2007年頃から膀胱がんなどを患い、現在は完治しているものの、震災直前まで入院していたことも告白している。しかしラジオでレギュラー番組『菅原文太 日本人の底力』のパーソナリティ、テレビドキュメンタリーのナレーターなどは務めており、2012年7月公開のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」でも声優として出演している。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た宇崎竜童宇崎 竜童

    一番星ブルース(1975年 東映『トラック野郎』シリーズ主題歌) 作詞・阿木燿子 作曲・宇崎竜童 唄・菅原文太、愛川欽也菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た菅原加織

    代表作は映画『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズ。どちらも日本映画史に残る興行収入を上げた。父は洋画家の狭間二郎。妻は菅原のマネージャーを務めており、長男は菅原加織。他に娘が2人いる。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た関西テレビ放送

    許せ妻たち (1990年 関西テレビ) - 今井警視菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た新東宝

    宮城県仙台第一高等学校から早稲田大学第二法学部へ進学。中原淳一のモデルとなり、その後、同時期に旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団し、初期の作品に多数端役として出演した。1956年(昭和31年)に東宝の『哀愁の街に霧が降る』に出演。1957年(昭和32年)に岡田眞澄・旗昭二・池田二郎ら総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイルを設立し、雑誌やショーのファッション・モデルをしながら1958年(昭和33年)に喫茶店で新東宝の宣伝部員にスカウトされ、映画俳優になる決心をし、新東宝に入社。同年『白線秘密地帯』で本格映画デビュー。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た東映

    1961年(昭和36年)に新東宝が倒産したため、ハンサムタワーズのメンバーと共に松竹へ移籍。ホームドラマが多い松竹では脇役が続いた松竹にいた俳優の安藤昇に勧められ、ハンサムタワーズのメンバーと共に1967年(昭和42年)に東映へ移籍。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た御園座

    半七捕物帳(1998年8月、御園座菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見たテレビ朝日

    待っていた用心棒 第20話「遠い国からの客」 (1968年、NET / 東映) - 赤堀政明菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た本田技研工業

    本田技研工業「アスコット」(初代)イメージキャラクター(キャッチコピー「Aセダンで行こう」)(山下真司と共演)菅原文太 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「菅原文太」のニューストピックワード