172件中 31 - 40件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見たスタジオジブリ

    千と千尋の神隠し(2001年 スタジオジブリ) - 釜爺菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た劇団四季

    宮城県仙台第一高等学校から早稲田大学第二法学部へ進学。中原淳一のモデルとなり、その後、同時期に旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団し、初期の作品に多数端役として出演した。1956年(昭和31年)に東宝の『哀愁の街に霧が降る』に出演。1957年(昭和32年)に岡田眞澄・旗昭二・池田二郎ら総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイルを設立し、雑誌やショーのファッション・モデルをしながら1958年(昭和33年)に喫茶店で新東宝の宣伝部員にスカウトされ、映画俳優になる決心をし、新東宝に入社。同年『白線秘密地帯』で本格映画デビュー。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た東宝

    宮城県仙台第一高等学校から早稲田大学第二法学部へ進学。中原淳一のモデルとなり、その後、同時期に旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団し、初期の作品に多数端役として出演した。1956年(昭和31年)に東宝の『哀愁の街に霧が降る』に出演。1957年(昭和32年)に岡田眞澄・旗昭二・池田二郎ら総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイルを設立し、雑誌やショーのファッション・モデルをしながら1958年(昭和33年)に喫茶店で新東宝の宣伝部員にスカウトされ、映画俳優になる決心をし、新東宝に入社。同年『白線秘密地帯』で本格映画デビュー。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た寺島達夫

    長身の新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一人として、吉田輝雄・高宮敬二・寺島達夫らと共に売り出された。主演作も多かったが、当時の新東宝は経営不振で低予算映画が主力路線だったため、世間的な知名度はそれほど高くなかった。この時代の映画としては『九十九本目の生娘』や1960年(昭和35年)の正月映画『女奴隷船』に主演して丹波哲郎とのアクション対決を演じた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た菅田俊菅田 俊

    俳優の菅田俊や宇梶剛士、プロレスラーのジョージ高野、新崎人生は元付き人だった。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た川地民夫

    『8時だョ!全員集合』に出演したこともあり、『ダウンタウンDX』の第1回にもゲスト出演している。2006年(平成18年)の『クイズ$ミリオネア』では、田中康夫のサポーターとして出演した。2003年(平成15年)には『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」に、映画『わたしのグランパ』の宣伝で出演した際も焼酎を飲み続けたので、中居正広から「もう文太さん、酒臭すぎますよ」、菅原は「映ってるか? ああ、顔真っ赤だな! かあちゃんに怒られちゃう・・・」というやりとりが放送され、数多く共演した親友の川地民夫は「もう、酒癖悪くてしょうがない」と証言している。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た吉田輝雄

    長身の新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一人として、吉田輝雄・高宮敬二・寺島達夫らと共に売り出された。主演作も多かったが、当時の新東宝は経営不振で低予算映画が主力路線だったため、世間的な知名度はそれほど高くなかった。この時代の映画としては『九十九本目の生娘』や1960年(昭和35年)の正月映画『女奴隷船』に主演して丹波哲郎とのアクション対決を演じた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た高宮敬二

    長身の新人二枚目スターの一団「ハンサムタワーズ」の一人として、吉田輝雄・高宮敬二・寺島達夫らと共に売り出された。主演作も多かったが、当時の新東宝は経営不振で低予算映画が主力路線だったため、世間的な知名度はそれほど高くなかった。この時代の映画としては『九十九本目の生娘』や1960年(昭和35年)の正月映画『女奴隷船』に主演して丹波哲郎とのアクション対決を演じた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た三船敏郎

    三船敏郎を尊敬し「富士山のような存在」と賞賛している。若山富三郎については「殴られたり散々されたけど、俺はやはりあの人が好きだった」と語っている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た安藤昇

    1961年(昭和36年)に新東宝が倒産したため、ハンサムタワーズのメンバーと共に松竹へ移籍。ホームドラマが多い松竹では脇役が続いた松竹にいた俳優の安藤昇に勧められ、ハンサムタワーズのメンバーと共に1967年(昭和42年)に東映へ移籍。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

172件中 31 - 40件表示

「菅原文太」のニューストピックワード