312件中 31 - 40件表示
  • 菅原文太

    菅原文太から見た小林亜星

    作詞・竜真知子 作曲・小林亜星 唄・菅原文太菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た翁長雄志

    2012年(平成24年)11月13日、菅原が名誉顧問を務める民間非営利団体「ふるさと回帰支援センター」の設立10周年記念講演の席上で、56年に及ぶ役者生活にピリオドを打った旨を明らかにした。この時「デジタルはお断り」というコメントも発表しており、映像製作環境の変化にも言及している。12月5日には有志らとともに国民運動グループ「いのちの党」を結成し、代表として活動した。なお、「いのちの党」と名称が付いているが、あくまで「仲間の集まり」の意であって政界進出を意識してのものではないという。また、以前より噂されていた政界への進出は完全否定をした。入院直前の11月1日には、沖縄知事選候補の翁長雄志の応援演説に出席していた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た市川崑

    新東宝時代より長らく映画に専念してきたが、1980年(昭和55年)に大河ドラマ『獅子の時代』に主演。その後、大河ドラマでは『武田信玄』の板垣信方、『徳川慶喜』の徳川斉昭、『元禄繚乱』の細川越中守綱利、『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』の前田利昌で出演した。1981年(昭和56年)に映画『青春の門』、『炎のごとく』に主演。その後は刑事ドラマなど、テレビドラマの主演・助演をしていた。東映時代は接点がなかった市川崑作品でも常連となっている。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た樋口陽一

    1943年(昭和18年)に父親が出征すると、父親の実家がある宮城県栗原郡一迫町(現・栗原市)に疎開し、(旧制)宮城県築館中学校卒業まで同地で過ごした。1949年(昭和24年)、学制改革による新制高校の発足により、県内屈指の名門校である宮城県仙台第一高等学校に入学。同校では新聞部に所属した。同校の同級生には三浦弘彰(後の栗駒町長)、一学年下には樋口陽一(法学者) や同じ新聞部の井上廈(劇作家:井上ひさし) がおり、同校に隣接する宮城県第二女子高等学校には、後に共演することとなる若尾文子がいた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た荒戸源次郎

    鉄拳(1990年 荒戸源次郎事務所 / 松竹) - 中本誠次菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た王貞治

    東映からは岡田裕介が「(高倉に続き)また一本の矢が折れました。我が東映は、一丸となり折れない三本目の矢となる決意です」、高岩淡は「あのような俳優さんは二度と出ない。彼が京都で悪戦苦闘してくれたおかげで、東映は任侠映画から実録映画に移行することができた」、菅原主演の『まむしの兄弟シリーズ』を監督した中島貞夫は「監督と役者というより友達の間柄。今年5月に『俺たちも年をとったな』と対談企画が最後になるとは…。ショックだが今はただお疲れさんと言いたい」とそれぞれ追悼した。菅原の付き人を務めていた宇梶剛士は「菅原文太という人は、いつでも弱き者の味方でした」と“芸能界の父親”をしのんだ。このほかには吉永小百合・泉谷しげる・志村けん・小林幸子・はるな愛ら映画やバラエティ番組、CMなどで共演した芸能人や、スポーツ界から王貞治・アントニオ猪木・大久保博元らの追悼が寄せられた。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た石本美由紀

    作詞・石本美由紀 作曲・市川昭介 唄・菅原文太菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見たすぎやまこういち

    作詞・中島貞夫 作曲・すぎやまこういち 唄・菅原文太菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た宇崎竜童

    作詞・阿木燿子 作曲・宇崎竜童 唄・菅原文太&愛川欽也 ジャケットイラスト・山藤章二菅原文太 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原文太

    菅原文太から見た松方弘樹

    映画『日本暗殺秘録』、『仁義なき戦い 広島死闘篇』、『日本の仁義』などで菅原と共演し、公私共に親交があった千葉真一は「(高倉)健さんに続いてなので、自分が滅入ってしまいます。もっと元気でいてほしかった。お二人とも日本の宝ですから。寂しい、その一語です」と悲しみに暮れた。『仁義なき戦い』、『県警対組織暴力』などで共演してプライベートでもよく酒を飲み交わしていた松方弘樹は「追いつきたかった先輩だが、自分のピークの時にも脇に回ってくれ、そういう度量の大きさと裏表がない人だった。早いよ…」と天を仰ぎ、同じく梅宮辰夫は「妻と初めてデートした時に付き合ってくれて、黙って飲んでいた。残り少ない昭和の映画スターが消えていくのは悔しいし悲しい」と肩を落とした。映画『トラック野郎シリーズ』で共演した愛川欽也は、菅原の訃報に接して記者会見を行い、「きょとんとしちゃってるよ。ビックリしてます」と驚き、「鈴木則文監督も死んじゃったし、(トラック野郎の関係者は)だんだんいなくなるのかな…」とショックを隠しきれない様子で故人を偲んだ。奇しくも愛川は菅原の後を追うかのように、2015年4月15日に死去(満80歳没)した。同じく共演したせんだみつおは「すごい知的な方で、学校の先生ような口調でお話下さいました。寂しくて寂しくてしょうがない。6年前に会ったのが最後で『頑張れよ、せんだ。トラック野郎なんだからな!』と激励されたのが最後の言葉でした」と涙ながらに語った。菅原文太 フレッシュアイペディアより)

312件中 31 - 40件表示

「菅原文太」のニューストピックワード