前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た菅沼実菅沼実

    一方、2013年に期限付き加入していたDF金井貢史と、2013年途中から期限付き加入したMF菊地直哉、FW播戸竜二、GK林彰洋がいずれも完全移籍で加入したほか、特別指定選手だったGK藤嶋栄介と元U-17韓国代表のDFキム・ミンヒョクが新加入。また、磐田からDF安田理大、甲府から崔誠根をいずれも完全移籍で、磐田からMF菅沼実、柏からMF谷口博之、広島からMF岡本知剛をいずれも期限付き移籍(岡本はシーズン途中で完全移籍に移行)でそれぞれ獲得した。岡本は2シーズンぶりの鳥栖復帰となった。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た菅沼実菅沼実

    菅沼実と古賀正紘を柏から期限付き移籍で獲得。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見た菅沼実菅沼実

    シーズン中には、関東2部・LB-BRB TOKYOから若杉拓哉が完全移籍で、C大阪から小谷祐喜が期限付き移籍で加入、さらに元鳥栖の菅沼実が新加入した。一方で森川泰臣が藤枝MYFCに期限付き移籍、坂元大希がドイツ6部リーグのFCドルンドルフへ完全移籍、アンデルソンが退団した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本泰史

    塚本泰史から見た菅沼実菅沼実

    小学生時代は戸塚フットボールクラブジュニアでプレーし、1998年に柏レイソルのU-15チームに入団。同期入団のチームメートに菅沼実、カレン・ロバート、石川直樹らがいる。中学校卒業後は埼玉県立浦和東高等学校に進学し、同高校のサッカー部でプレーした。塚本泰史 フレッシュアイペディアより)

  • 茨田陽生

    茨田陽生から見た菅沼実菅沼実

    高校3年時の2009年にはトップチームに2種登録され、同年5月30日、18歳の誕生日にナビスコカップグループリーグ第4節清水エスパルス戦で公式戦初出場を果たした。18歳0日でのデビューは、菅沼実、大津祐樹に次ぐクラブ史上3番目の若さであった。茨田陽生 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のJリーグカップ

    2010年のJリーグカップから見た菅沼実菅沼実

    延長戦でも激しい攻防が続くが、磐田の攻勢は止まらず、延長12分に途中出場のMF菅沼実のゴールで磐田が逆転。さらにその直後、同じく途中出場のFW山崎亮平がゴールを決めて突き放す。広島は延長前半終了間際にDF槙野智章の直接フリーキックが決まって1点差に追いすがるも、延長後半4分にはFW前田がこの日2ゴール目のループシュートを決めて再度突き放す。広島は試合終了間際にPKを獲得するも、これを磐田GK川口がセーブした瞬間に試合終了。磐田が12年ぶり2回目の優勝を果たし、2003年の天皇杯以来7年ぶりのタイトル獲得となった。2010年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤誠司

    斉藤誠司から見た菅沼実菅沼実

    埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)に生まれた。柏レイソルの下部組織に所属し、菅沼実斉藤誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀正紘

    古賀正紘から見た菅沼実菅沼実

    出場機会を求めていたところ、ゴール前の空中戦に難を抱えていたジュビロ磐田のオファーを受けて8月に期限付き移籍。同年のナビスコカップ制覇などに貢献し、12月29日に同じく柏から期限付移籍していた菅沼実と共に完全移籍を発表。古賀正紘 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県立庄和高等学校

    埼玉県立庄和高等学校から見た菅沼実菅沼実

    菅沼実(プロサッカー選手)埼玉県立庄和高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 濱吉正則

    濱吉正則から見た菅沼実菅沼実

    柏レイソルU18監督時代には大谷秀和、近藤直也、菅沼実ら多くのプロ選手を輩出。濱吉正則 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示