67件中 21 - 30件表示
  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見た菊地凛子菊地凛子

    日本関係として、前述の「硫黄島からの手紙」を始め、菊地凛子が『バベル』で3年ぶり(女優に限るとナンシー梅木以来49年ぶり)史上5人目となる日本人俳優の演技部門候補となった。また、メイクアップ賞でも京都市出身の辻一弘が『もしも昨日が選べたら』で候補になっている。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 富良野塾

    富良野塾から見た菊地凛子菊地凛子

    二階堂智 - 俳優。『バベル (映画)』で菊地凛子が米国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた女子高生役の相手役の刑事を演じた。『ラストサムライ』、『恋の罪』などにも出演。富良野塾 フレッシュアイペディアより)

  • 小川の辺

    小川の辺から見た菊地凛子菊地凛子

    田鶴(朔之助の妹で森衛の妻):菊地凛子小川の辺 フレッシュアイペディアより)

  • 蛇いちご賞

    蛇いちご賞から見た菊地凛子菊地凛子

    主演女優賞 菊地凛子(「ノルウェイの森」)、黒木メイサ(「SPACE BATTLESHIP ヤマト」)蛇いちご賞 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地一谷

    菊地一谷から見た菊地凛子菊地凛子

    2015年、アーティスト名をQNから菊地一谷に改名。これは予てから菊地成孔と共演していた事や、女優の菊地凛子による音楽作品に参加した流れで菊地ファミリーの傘下に入れさせてほしいと思った事に由来する。また、QNという名前はSIMI LAB時代に知られたものである為、別のスタンスでやりたいという思いになったとしている 。菊地一谷 フレッシュアイペディアより)

  • 第13回全米映画俳優組合賞

    第13回全米映画俳優組合賞から見た菊地凛子菊地凛子

    菊地凛子 - 『バベル』 - 綿谷千恵子役第13回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 夢を与える

    夢を与えるから見た菊地凛子菊地凛子

    テレビドラマ化され、WOWOWの土曜オリジナルドラマとして「連続ドラマW」にて2015年5月16日より放送。全4回。監督は犬童一心。小松菜奈と菊地凛子のW主演で、小松は14歳から18歳までの娘・阿部夕子を演じ、菊地はその夕子を思いのままに動かそうとする母親・幹子を演じる。主題歌を担当するRinbjöは、主演の菊池が参加するプロジェクトで、初めて自身の出演作品で主題歌も担当している。夢を与える フレッシュアイペディアより)

  • ファーゴ (映画)

    ファーゴ (映画)から見た菊地凛子菊地凛子

    2001年に東京在住の日本女性が、映画の舞台の街であるノース・ダコタ州ファーゴから東に60キロの地点で凍死しているのが発見され、その6日前に一度、この女性を保護した地元警官が、「彼女は、映画『ファーゴ』の主役が地面に埋めた金の詰まったブリーフケースを探していた。」と証言したというニュースから、映画冒頭の演出文を真実と受け取った女性が、宝探しにファーゴを訪れ遭難して死亡したという都市伝説が全米にひろまった。実際には英語が拙い日本女性との対話の行き違いから保安官がそのように勘違いしたことが、そのまま報道されてしまったことが原因で、死の前の知人との電話や家族に送っていた遺書などから、該当女性の仕事や恋愛の行き詰まりからの自殺が真相であり、この都市伝説に対する米国人ジャーナリストの調査については、2003年に『This is a True Story』というタイトルでドキュメンタリー映画にもなっているが、明らかになった真相を知った上で、都市伝説としての内容を題材にした映画『』が菊地凛子主演で製作され好評を得ている。ファーゴ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エンドレス・ナイト

    エンドレス・ナイトから見た菊地凛子菊地凛子

    サバイバル映画と呼ばれるジャンルの作品であり、実在した女性探検家ジョゼフィーン・ディウベッツチ・ピアリーの物語である。1908年のグリーンランドを舞台としており、菊地凛子がグリーンランドの原住民を演じた。エンドレス・ナイト フレッシュアイペディアより)

  • DRUG

    DRUGから見た菊地凛子菊地凛子

    麻衣:菊地百合子(菊地凛子DRUG フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「菊地凛子」のニューストピックワード