56件中 31 - 40件表示
  • スパイク・ジョーンズ

    スパイク・ジョーンズから見た菊地凛子菊地凛子

    1999年に映画監督のソフィア・コッポラと結婚したが、2003年に離婚。2008年秋から女優のミシェル・ウィリアムズと交際していたが、破局した。なお、元妻のソフィアが監督・脚本を担当した『ロスト・イン・トランスレーション』に登場するジョヴァンニ・リビシ演じるヒロインの夫は、ジョーンズがモデルとされている。同作品はかつてソフィアがジョーンズと共に来日した経験を基にしている。2010年には菊地凛子と交際が報道された。スパイク・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー賞

    アカデミー賞から見た菊地凛子菊地凛子

    2006年(第79回) - 菊地凛子が『バベル』で助演女優賞にノミネート。また、メイクアップアーティストの辻一弘も『もしも昨日が選べたら』でメイクアップ賞にノミネート。アメリカ映画ではあるが、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた『硫黄島からの手紙』が作品賞含め4部門にノミネート。日本語による作品が外国語映画賞ではなく作品賞候補になったのは史上初。アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 北村龍平

    北村龍平から見た菊地凛子菊地凛子

    アメリカでの代理人はCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)。ウォン・カーウァイやアン・リー、デヴィッド・フィンチャー、菊地凛子、紀里谷和明等もCAAに代理されている。北村龍平 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングローブ賞

    ゴールデングローブ賞から見た菊地凛子菊地凛子

    2007年 - 渡辺謙、二宮和也など多数の日本人俳優が出演した『硫黄島からの手紙』が外国語映画賞を受賞。菊地凛子が『バベル』で助演女優賞にノミネート。ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • アドリアナ・バラッザ

    アドリアナ・バラッザから見た菊地凛子菊地凛子

    1980年代からメキシコのテレビ番組に出演。2006年公開のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』でメキシコ人の家政婦アメリアを演じ、第79回アカデミー賞の助演女優賞候補にノミネートされた(同じ映画に出演した菊地凛子も助演女優賞候補にノミネートされた)。アドリアナ・バラッザ フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢周平

    藤沢周平から見た菊地凛子菊地凛子

    小川の辺(2011年 配給:東映 監督:篠原哲雄、主演:東山紀之、菊地凛子藤沢周平 フレッシュアイペディアより)

  • 光過敏性発作

    光過敏性発作から見た菊地凛子菊地凛子

    2007年では、映画『バベル』で菊地凛子がクラブで踊る場面で、クラブの照明が1分程度早い点滅を繰り返すシーンがあり、愛知県と三重県などの映画館で同映画を見た観客計15人が吐き気などの体調不良を訴えていたことが明らかとなった。このため、同映画を上映している映画館や配給会社では注意を促す文書を配布することとなった。光過敏性発作 フレッシュアイペディアより)

  • 草野絵美

    草野絵美から見た菊地凛子菊地凛子

    RADIO SPIDER(2009年12月18日、J-WAVE) - 菊地凛子との対談草野絵美 フレッシュアイペディアより)

  • ちゅらさん

    ちゅらさんから見た菊地凛子菊地凛子

    村山 麻衣子(むらやま まいこ)〔1〕 - 菊地百合子(現:菊地凛子)ちゅらさん フレッシュアイペディアより)

  • ヘアヌード

    ヘアヌードから見た菊地凛子菊地凛子

    バベル (2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、菊地凛子>)ヘアヌード フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「菊地凛子」のニューストピックワード