67件中 31 - 40件表示
  • ゴールデングローブ賞

    ゴールデングローブ賞から見た菊地凛子菊地凛子

    2007年 - 渡辺謙、二宮和也など多数の日本人俳優が出演した『硫黄島からの手紙』が外国語映画賞を受賞。菊地凛子が『バベル』で助演女優賞にノミネート。ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • アノレ

    アノレから見た菊地凛子菊地凛子

    菊地凛子 - 2012年12月現在、アノレ公式サイトから名前が外れている。アノレ フレッシュアイペディアより)

  • ele-king

    ele-kingから見た菊地凛子菊地凛子

    復刊後はテクノなどの電子音楽だけではなく、ポピュラー音楽全体を扱うようになる。また、女優の菊地凛子やデザイナーのSKATE THINGらにインタヴューを行うなど、現在のポピュラー・カルチャーにも焦点を当てる。音楽ライターだけではなく、作家や様々な分野の専門家、学者たちも寄稿している。ele-king フレッシュアイペディアより)

  • 47RONIN

    47RONINから見た菊地凛子菊地凛子

    2010年12月、スタジオは本作が3Dで製作、公開されると発表した。2011年2月28日、リーブスに加え、4名の日本人俳優(真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ)の出演が発表された。リンシュには長編映画の経験が無いにもかかわらず、ユニバーサルが1億7000万ドルもの製作費を出すことに対し、『ハリウッド・レポーター』誌は「大規模で、まったくもって危険な」行動であると考察した。撮影は2011年3月14日にブダペストで始まった。この他、イギリスのシェパートン撮影所や日本でも撮影が計画されている。47RONIN フレッシュアイペディアより)

  • 光過敏性発作

    光過敏性発作から見た菊地凛子菊地凛子

    2007年では、映画『バベル』で菊地凛子がクラブで踊る場面で、クラブの照明が1分程度早い点滅を繰り返すシーンがあり、愛知県と三重県などの映画館で同映画を見た観客計15人が吐き気などの体調不良を訴えていたことが明らかとなった。このため、同映画を上映している映画館や配給会社では注意を促す文書を配布することとなった。光過敏性発作 フレッシュアイペディアより)

  • ブレイディみかこ

    ブレイディみかこから見た菊地凛子菊地凛子

    アイルランド人の夫との間の一人息子ケン・ブレイディ(Ken Brady)は、2014年の第9回ローマ国際映画祭に出品された菊地凛子主演のイタリア映画『Last Summer』において菊地の息子役を演じている。ブレイディみかこ フレッシュアイペディアより)

  • 林原めぐみ

    林原めぐみから見た菊地凛子菊地凛子

    パシフィック・リムシリーズ(森マコ〈菊地凛子〉)林原めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • バベル (映画)

    バベル (映画)から見た菊地凛子菊地凛子

    2006年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、監督賞を受賞。菊地凛子が米映画批評会議賞新人女優賞を受賞。2006年10月にアメリカで、2007年4月末に日本で公開された。バベル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 熊切和嘉

    熊切和嘉から見た菊地凛子菊地凛子

    ハリウッドデビューをした菊地凛子、加瀬亮の初主演作はいずれも熊切監督作品である。熊切和嘉 フレッシュアイペディアより)

  • サイドウェイ

    サイドウェイから見た菊池凛子菊地凛子

    2009年の10月31日には、日本人キャスト鈴木京香、菊池凛子、小日向文世、生瀬勝久主演のフジテレビとフォックス・ジャパンが合同で制作した日本版サイドウェイが公開。メインロケ地は、カリフォルニア州のナパ、カリストガ。サイドウェイ フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「菊地凛子」のニューストピックワード