48件中 31 - 40件表示
  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たDVD

    所属事務所に頼らず、自ら積極的に国内外のオーディションを受けに行く姿勢が高く評価されている。女優を目指すきっかけとなった映画『オープニング・ナイト』で主演を務めた女優ジーナ・ローランズが尊敬する女優であると言及している。ローランズにサインして貰った同映画のDVDを大事にしている。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たナショナル・ボード・オブ・レビュー

    2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』で、聾唖の女子高生・綿谷千恵子を演じた。映画自体には批判的な批評も多かったが、菊地の演技は評価され、アカデミー助演女優賞を含むいくつかの映画賞にノミネートされた。そのうち、ナショナル・ボード・オブ・レビュー新人女優賞(ジェニファー・ハドソンと同点)、ゴッサム賞新人女優賞を受賞した。言葉が話せない役でアカデミー賞にノミネートされた5人目の女優になる(他はジェーン・ワイマン、パティ・デューク、ホリー・ハンター、サマンサ・モートン)。『バベル』における感情的で激しい演技は多くの国際的な監督を引き付けたが、その内の1人に映画『ブリック』で知られるライアン・ジョンソンがいる。2009年にジョンソンの映画『ブラザーズ・ブルーム』に出演。自身初の完全英語での演技である。彼女は主役の1人であるが、「3つの語だけを知っている女性」という役柄であった為、劇中では3つの言葉しか話さない。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たラフォーレ原宿

    神奈川県秦野市で生まれた。1996年、ラフォーレ原宿でスカウトされる。芸能界に入って直後はモデルの仕事をしていた。1999年に本名の「菊地百合子」名義で新藤兼人監督映画『生きたい』でデビューした。2001年に出演した熊切和嘉監督の『空の穴』はロッテルダム映画祭を含むいくつかの国際的な映画祭で称賛された。2004年に出演の石井克人監督映画『茶の味』はカンヌ映画祭で監督週間オープニング作品になった。同年5月に「菊地凛子」に改名。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見た秦野市

    神奈川県秦野市で生まれた。1996年、ラフォーレ原宿でスカウトされる。芸能界に入って直後はモデルの仕事をしていた。1999年に本名の「菊地百合子」名義で新藤兼人監督映画『生きたい』でデビューした。2001年に出演した熊切和嘉監督の『空の穴』はロッテルダム映画祭を含むいくつかの国際的な映画祭で称賛された。2004年に出演の石井克人監督映画『茶の味』はカンヌ映画祭で監督週間オープニング作品になった。同年5月に「菊地凛子」に改名。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見た第57回カンヌ国際映画祭

    神奈川県秦野市で生まれた。1996年、ラフォーレ原宿でスカウトされる。芸能界に入って直後はモデルの仕事をしていた。1999年に本名の「菊地百合子」名義で新藤兼人監督映画『生きたい』でデビューした。2001年に出演した熊切和嘉監督の『空の穴』はロッテルダム映画祭を含むいくつかの国際的な映画祭で称賛された。2004年に出演の石井克人監督映画『茶の味』はカンヌ映画祭で監督週間オープニング作品になった。同年5月に「菊地凛子」に改名。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見た同棲

    2007年3月16日、写真週刊誌『フライデー』にアルゼンチン人モデルのアレッタ・フェデリーコとの半同棲をスクープ報道される。2010年9月、アメリカの映画監督スパイク・ジョーンズとの熱愛が報じられ、『スポーツ報知』の取材に対して、これを認めた。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見た日本

    菊地 凛子(きくち りんこ、Rinko Kikuchi, 1981年1月6日 - )は、日本の映画女優。本名は菊地 百合子(きくち ゆりこ)。所属事務所はアノレであったが、2012年12月現在、事務所サイトのリストから名前は外れている。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たフライデー

    2007年3月16日、写真週刊誌『フライデー』にアルゼンチン人モデルのアレッタ・フェデリーコとの半同棲をスクープ報道される。2010年9月、アメリカの映画監督スパイク・ジョーンズとの熱愛が報じられ、『スポーツ報知』の取材に対して、これを認めた。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たアカデミー助演女優賞

    2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』で、聾唖の女子高生・綿谷千恵子を演じた。映画自体には批判的な批評も多かったが、菊地の演技は評価され、アカデミー助演女優賞を含むいくつかの映画賞にノミネートされた。そのうち、ナショナル・ボード・オブ・レビュー新人女優賞(ジェニファー・ハドソンと同点)、ゴッサム賞新人女優賞を受賞した。言葉が話せない役でアカデミー賞にノミネートされた5人目の女優になる(他はジェーン・ワイマン、パティ・デューク、ホリー・ハンター、サマンサ・モートン)。『バベル』における感情的で激しい演技は多くの国際的な監督を引き付けたが、その内の1人に映画『ブリック』で知られるライアン・ジョンソンがいる。2009年にジョンソンの映画『ブラザーズ・ブルーム』に出演。自身初の完全英語での演技である。彼女は主役の1人であるが、「3つの語だけを知っている女性」という役柄であった為、劇中では3つの言葉しか話さない。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地凛子

    菊地凛子から見たブラザーズ・ブルーム

    2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』で、聾唖の女子高生・綿谷千恵子を演じた。映画自体には批判的な批評も多かったが、菊地の演技は評価され、アカデミー助演女優賞を含むいくつかの映画賞にノミネートされた。そのうち、ナショナル・ボード・オブ・レビュー新人女優賞(ジェニファー・ハドソンと同点)、ゴッサム賞新人女優賞を受賞した。言葉が話せない役でアカデミー賞にノミネートされた5人目の女優になる(他はジェーン・ワイマン、パティ・デューク、ホリー・ハンター、サマンサ・モートン)。『バベル』における感情的で激しい演技は多くの国際的な監督を引き付けたが、その内の1人に映画『ブリック』で知られるライアン・ジョンソンがいる。2009年にジョンソンの映画『ブラザーズ・ブルーム』に出演。自身初の完全英語での演技である。彼女は主役の1人であるが、「3つの語だけを知っている女性」という役柄であった為、劇中では3つの言葉しか話さない。菊地凛子 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「菊地凛子」のニューストピックワード