菊地直哉 ニュース&Wiki etc.

菊地 直哉(きくち なおや、1984年11月24日 - )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。元日本代表。登録ポジションはミッドフィールダーだが、本職の守備的ミッドフィールダーのほか、センターバックや左右両サイドバック等、守備的なポジションはどこでもこなすユーテ… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「菊地直哉」のつながり調べ

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た菊地直哉

    守備の軸となっていた岡本・金根煥が抜け、さらには前年までの戦術を各チームに研究されたこともあり、開幕3戦目でシーズン初勝利を挙げるも、第4節から6試合勝利なし(2分4敗)で15位まで順位を下げ、FIFAコンフェデレーションズカップによりリーグ戦が中断された第13節終了時点では、2勝4分7敗の勝点10、自動降格圏となる16位の湘南との勝点差は僅か1、最下位の大分との勝点差すら僅か3であった。7月にリーグ戦が再開した後も、8月上旬までの7試合で2連敗2回を含む2勝1分4敗で、16位との勝点差が1から3という状態が続いており、前半戦だけで前年の総失点数を上回る40失点(リーグ最多)を喫するなど、調子は必ずしも上向かなかったが、7月後半に入り、FWロニとの期限付き移籍契約を解除し、MFニルソンをブラジル・メトロポリターノから完全移籍で、MF菊地直哉を新潟から、FW播戸竜二をC大阪からいずれも期限付き移籍で相次いで獲得。さらに、8月上旬、相次ぐ負傷によりトップチーム登録のGK3人が戦線離脱し、残るのは特別指定選手のGK藤嶋栄介(福岡大学)のみという事態 となったところで、急遽清水からGK林彰洋を期限付き移籍で獲得した。(サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た菊地直哉

    成岡翔、大井健太郎、菊地直哉らが加入。(ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

「菊地直哉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ