前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た菊地直哉菊地直哉

    成岡翔、大井健太郎、菊地直哉といった静岡県内の有望な高校生が入団。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池直哉

    菊池直哉から見た菊地直哉菊地直哉

    菊池直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木秀人

    鈴木秀人から見た菊地直哉菊地直哉

    田中誠をはじめ名波浩や藤田俊哉、大岩剛など清水商業高校出身の選手たちと仲がよいため、冗談で「自分も清水商の出身」だといっていたところ、それを真に受けた菊地直哉が、入団時に「先輩よろしくお願いします」と挨拶に来た。鈴木秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 山本康裕

    山本康裕から見た菊地直哉菊地直哉

    2007シーズンの時点で、トップチームでも既に戦力として、また同年よりFC東京へ移籍した福西や自身の不祥事により解雇された菊地直哉の後継者として期待されていたが、本人は新3年生となる2007年の目標はあくまでもユース選手権での優勝と語り(彼はユースチームではキャプテンだった)実際プリンスリーグではユースチームに合流した。山本康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアルビレックス新潟

    2006年のアルビレックス新潟から見た菊地直哉菊地直哉

    世代交代を図るクラブの方針から、木寺浩一、上野優作が広島に、桑原裕義が北九州に、萩村滋則が東京Vに移籍、昨シーズン途中に横浜FCに期限付き移籍していた山口素弘が完全移籍に移行し、丸山良明が退団。高橋直樹が現役を引退し、多くのベテラン選手がチームから去ることになった。また、期限付き移籍加入していたアンデルソン・リマ、菊地直哉は移籍元に復帰した。2006年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアルビレックス新潟

    2005年のアルビレックス新潟から見た菊地直哉菊地直哉

    2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。2005年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年

    1984年から見た菊地直哉菊地直哉

    11月24日 - 菊地直哉、サッカー選手1984年 フレッシュアイペディアより)

  • 成岡翔

    成岡翔から見た菊地直哉菊地直哉

    2010年オフに磐田から契約延長のオファーを断り、アビスパ福岡へ移籍。2013年より、磐田時代にも指導を受けた柳下正明が指揮を執るアルビレックス新潟へ完全移籍。新潟では磐田の同期生だった大井・菊地直哉と再びチームメイトとなった。成岡翔 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た菊地直哉菊地直哉

    11月24日 - 菊地直哉、サッカー選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示

「菊地直哉」のニューストピックワード