210件中 11 - 20件表示
  • 恋はハイホー!

    恋はハイホー!から見た菊池桃子菊池 桃子

    当時人気アイドルだった菊池桃子の初主演作で、日本テレビの水曜19:00枠では初の1時間ドラマだったが、3か月で打ち切られた。恋はハイホー! フレッシュアイペディアより)

  • アイドル歌謡

    アイドル歌謡から見た菊池桃子菊池 桃子

    曲作りにおいては、80年代は分業制を取り入れており、歌い手・作詞・作曲・編曲各々がプロ作家として独立性を保っていた(90年代以降のつんく♂、小室哲哉などによる完全プロデュース型とは好対照であった。ただし、菊池桃子×林哲司のようなプロデュース型アイドルもわずかに存在していた)。後藤次利、林哲司のようないわゆるスタジオ・ミュージシャンが多く参入していたのも特徴的であり、この点において80年代アイドルは、歌唱力は別としても、曲そのもののクオリティーは高品位であった。特に松田聖子のような大物アイドルとなると、レコーディングそのものに巨額が投じられ、彼女のアルバムは参加アーティスト(デイヴィッド・フォスター、大瀧詠一等)という側面からみても豪華であったと言われる。アイドル歌謡 フレッシュアイペディアより)

  • しのざき美知

    しのざき美知から見た菊池桃子菊池 桃子

    「お笑い」と冠されるだけあってものまね自体は決して似ているわけではないが、ノリと勢いで強引なまでに視聴者に見せつけるスタイルは一貫していた。『ものまね王座決定戦』ではほとんどが1回戦負けだったものの、1992年春「爆笑スター?」放送で、中山美穂の『Rosa』を披露した際は場内の大爆笑を巻き起こして勝利し(対戦相手はわたる哲平)、司会の研ナオコから「あんたはこの番組に必要!」と言わしめる程だった。しかし2回戦では菊池桃子の『Say Yes!』で番組史上初のワースト記録・80点をマーク、審査員席にいた菊池本人には「ちょっと愛せないですね」と言われた挙句6点を付けられ(隣の席のうつみ宮土理も6点)、研からは「イェーイ、お前のためにある6点だ!!」と言われた。なお対戦相手の松居直美の得点は満点(100点)だったため(なお松居の得点が発表される前に、しのざきは松居に向かって「勝ったと思ってんじゃないでしょうね?」と言うが、研に「勝ってんだよ!!」と返されていた。)、これも番組史上最大点差を付けての勝敗決着となっている。しのざき美知 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングパラダイス

    ヤングパラダイスから見た菊池桃子菊池 桃子

    番組を通しての最高記録は40,000円。その中には菊池桃子もいた(1986年8月6日放送。スペシャルウィークにて)。ヤングパラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の音楽

    1984年の音楽から見た菊池桃子菊池 桃子

    4月21日 - 岡田有希子/ファースト・デイト, 菊池桃子/青春のいじわる, TM NETWORK/「金曜日のライオン」・『RAINBOW RAINBOW』, レベッカ/ウェラム・ボート・クラブ, 辻沢杏子/サヨナラMr.…1984年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 卒業-GRADUATION- (テレビドラマ)

    卒業-GRADUATION- (テレビドラマ)から見た菊池桃子菊池 桃子

    主演は当時の人気アイドルだった菊池桃子。殺人事件を発端とするミステリー作品の体裁をとっているものの、最初から犯人が確定されているために本格的なミステリーとはいいがたく、事件に巻き込まれた主人公が様々な出来事を通じて人間的に成長し、それまでの幼かった自分から「卒業」することに主眼を置いて描かれている。卒業-GRADUATION- (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • デュエット

    デュエットから見た菊池桃子菊池 桃子

    鈴木雅之 & 菊池桃子 「渋谷で5時」※音楽番組では松田聖子や工藤静香とも披露デュエット フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た菊池桃子菊池 桃子

    30日 - 文化放送『ライオンミュージックサタデー』のパーソナリティがこの日の放送よりフリーアナウンサーの久保純子から、女優でタレントの菊池桃子に交代。なお菊池が同局でパーソナリティを務めるのは22年ぶりとなる。2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 一億総活躍国民会議

    一億総活躍国民会議から見た菊池桃子菊池 桃子

    内閣総理大臣・一億総活躍担当大臣を含む閣僚13人と有識者15人から構成される。メンバーに選ばれた、タレントで戸板女子短大客員教授の菊池桃子の発言も注目を集めたと報道された。一億総活躍国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田有希子

    岡田有希子から見た菊池桃子菊池 桃子

    5月31日、音楽番組『ザ・ベストテン』のスポットライト・コーナーに菊池桃子とともに初出演。この時の邦楽ランキングは21位だった(菊池は22位)。岡田が登場していきなり、司会の久米宏はデビュー曲「ファースト・デイト」を「ファースト・レディ」と間違えて紹介し、黒柳徹子も芸名「おかだゆきこ」を「おかだうきこ」と呼び間違えている。7月29日、サンミュージック公設ファンクラブ結成。京王線新宿駅で一日駅長を務めた後、8両編成の特別列車「リトルプリンセス号」で、ファン2,500人と会場のよみうりランドに移動。会場では4,000人のファンと結成式を行った。9月24日に大阪(大阪厚生年金会館)、9月30日に東京(日本青年館)で、岡田自身初のコンサート『恋はじめまして』が開催される。10月8日から翌1985年10月7日まで、ラジオ番組『ちょっとおあずけ』(ニッポン放送)が放送される。この番組は、多くの投稿を紹介したい岡田の希望により、コーナーは設けられていなかった。また、アイドルがパーソナリティを務める番組には珍しく、楽曲選定も岡田自身が全て行なっていた。10月15日に音楽番組『ザ・トップテン』(日本テレビ系列局)で8位、10月18日に音楽番組『ザ・ベストテン』で10位となる。これらの番組に10位以内で出演する事は、岡田が歌手になっての一番の目標だった。岡田有希子 フレッシュアイペディアより)

210件中 11 - 20件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード