163件中 31 - 40件表示
  • 加藤大幸

    加藤大幸から見た菊池桃子菊池 桃子

    2007年現在も、西田敏行&菊池桃子の新コンビのナレーションで「人生の楽園」のチーフ・ディレクターを担当中。加藤大幸 フレッシュアイペディアより)

  • 村上龍一

    村上龍一から見た菊池桃子菊池 桃子

     村上氏は、楽しくすぐに覚えられる、イメージしやすい、忘れないというモットーを大切にしていることからか、具体的にイメージしやすいものを登場させていることが多い。たとえば、本が出版された当時に人気のあったタレントや漫画のキャラクターなどが多く、南野陽子や菊池桃子、宮沢りえなどのアイドルタレントを登場させていることもしばしば見受けられた。ほか、英単語や英熟語・古文単語などの読み方を日本語読みに置き換える方法を駆使して、以下の例が挙げられる。村上龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 山森由里子

    山森由里子から見た菊池桃子菊池 桃子

    『夕やけニャンニャン』のオーディション、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に初回は「天野由里子」の名前で生稲晃子と共に登場。生稲のみが合格し天野は落選となった。後に姓を変えて再挑戦、合格を果たした。(なお、複数回の挑戦の後、合格を果たした例としては三上千晶もあり)ちなみに「山森」は母の旧姓(祖父の姓に変えて出場した、と本人が語っている)。オーディションで菊池桃子の『Say Yes!』を歌い、司会のとんねるずが観客とともに曲中の「Say Yes!」のコール&レスポンスを繰り広げ、石橋貴明も「彼女いいよね」と高評価をした。山森由里子 フレッシュアイペディアより)

  • AQUA CITY

    AQUA CITYから見た菊池桃子菊池 桃子

    所属事務所トライアングルプロダクションが制作に携わった菊池桃子の1stアルバム『OCEAN SIDE』のタイトル曲で今作が歌詞に登場する。AQUA CITY フレッシュアイペディアより)

  • 山本ゆかり

    山本ゆかりから見た菊池桃子菊池 桃子

    1984年にトーラスレコード、研音主催「九州歌謡選手権ヤングフレッシュ・グランプリ」というオーディションで優勝し、芸能界入りする。研音のアイドル歌手として、約半年後急スピードで、1984年6月21日「私 MAILUWA」でアイドル歌手としてデビューする。事務所の先輩中森明菜の妹分として新人賞レースに多数ノミネートされ大々的に売りだされる。趣味も歌を歌うことという根っからの歌好きでもあった。同期に菊池桃子、荻野目洋子、吉川晃司、岡田有希子、長山洋子、渡辺桂子などがいて新人賞でも激戦を繰り広げた。きつい目つきとはうらはらにキャラクターはマイペースで、能天気に明るい人物だった。山本ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 田中久美

    田中久美から見た菊池桃子菊池 桃子

    同年デビュー組には菊池桃子、長山洋子、荻野目洋子、渡辺桂子、宇沙美ゆかり、そして親友の岡田有希子がいる。田中久美 フレッシュアイペディアより)

  • 八木朋子

    八木朋子から見た菊池桃子菊池 桃子

    八木 朋子(やぎ ともこ、1970年8月3日 - )はバブル期に活躍したモモコクラブ出身のアイドル。福岡県出身。麻生福岡短期大学(現・九州情報大学)卒業。菊池桃子の物真似が得意だった。八木朋子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田まゆみ

    吉田まゆみから見た菊池桃子菊池 桃子

    『れもん白書』(1979年連載開始、『mimi』講談社)で1980年度(第4回)講談社漫画賞(少女部門)を受賞。1984年から同誌に連載を開始した『アイドルを探せ』は、80年代を代表する少女マンガとも評され、1987年に菊池桃子主演で映画化された。吉田まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 中村容子

    中村容子から見た菊池桃子菊池 桃子

    家出の少し前に中学時代のボーイフレンドが雑誌社に写真を投稿したのがきっかけで、CMの話が数件舞い込む。音楽学校出身であること、歌が大好きでそこそこに上手いことが買われ、作詞家の橋本淳のもとで指導を受けることになる。1984年3月23日、アイドル歌手としてCBSソニーより「ティーンエイジ・ソルジャー」でデビュー。事務所がRCサクセションなどのロック系だった関係で、ボーイッシュな路線で売り出す。キャッチフレーズは「NO!って言・う・も・ん」。同期デビュー組には、岡田有希子、菊池桃子、荻野目洋子、長山洋子、安田成美、吉川晃司、清水宏次朗などがいた。中村容子 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜バラエティ

    水曜バラエティから見た菊池桃子菊池 桃子

    タモリ、明石家さんま、片岡鶴太郎らのお笑いタレントが持ち回りで担当といった内容で、このほかに映画『キャプテンEO』の最新作の宣伝を兼ねた番組が、菊池桃子をナビゲーターにオンエアされたこともあった。また、『がんばれ!キッカーズ』、『所さんの勝ったも同然!! → いい!!かもしんない』が打ち切られた後の穴埋め番組(つなぎ番組)の役割も担っていた。1972年11月から同年12月までTBS系列で放送された『水曜バラエティー』(『歌と笑いでつっぱしれ!』から改題)とは、タイトルが類似しているが関連はない。水曜バラエティ フレッシュアイペディアより)

163件中 31 - 40件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード