163件中 41 - 50件表示
  • 福助 (漫画)

    福助 (漫画)から見た菊池桃子菊池 桃子

    五十嵐由季子(姉弟の母):菊池桃子福助 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 癒し系アイドル

    癒し系アイドルから見た菊池桃子菊池 桃子

    1990年代の中期、癒し系アイドル・癒し系女優として認知された人物として、本上まなみや飯島直子が挙げられる。本上は、折からの癒しブームの到来とあいまって、それまでのアイドルに見られないタイプの女性アイドルとして、多くの支持者を得た。定義さえなかったこれ以前は菊池桃子や西村知美がその先駆とする論評もある。癒し系アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 1968年の映画

    1968年の映画から見た菊池桃子菊池 桃子

    5月4日 - 菊池桃子、日本の歌手・女優1968年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • さよなら李香蘭

    さよなら李香蘭から見た菊池桃子菊池 桃子

    温貴華:菊池桃子  淑子の友人さよなら李香蘭 フレッシュアイペディアより)

  • 藤東勤

    藤東勤から見た菊池桃子菊池 桃子

    そして本選。赤坂TBSのCスタジオにて『スターオーディション』#6の収録。司会は所ジョージ、審査員は映画監督の大林宣彦、作詞家の売野雅勇、脚本家の畑嶺明、水谷公生、残間里江子と蒼々たる顔ぶれ。放送日は5月26日(日) 17:00〜17:30 ON AIR。ゲストは菊池桃子(BOYのテーマ)。審査員の持ち点は各々100点、会場席50名は各々2点、合計600点満点のうち375点以上が合格点なのだが審査員の合計点だけ(398点)で合格点を超えてしまうという番組史上前代未聞の最高得点(会場席あわせて464点)を獲得し俳優部門チャンピォンとなる。エンディングで菊池桃子からトロフィーを照れながら受け取るシーンでは彼のシャイな人間っぱさが窺え好感が持てる。惜しくもその後放送の#18チャンピォン大会(放送日は9月8日(日) 17:00〜17:30)ではプロダクションのカードが挙がらず残念な結果となるのだが本人曰く、役者を本気で志すきっかけになった。とのこと。藤東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 志村香

    志村香から見た菊池桃子菊池 桃子

    翌1985年4月公開の映画で主役デビューを果たすと共に、4月21日には「曇り、のち晴れ」で歌手デビューも果たす(この曲は後に酒井法子がオーディションの際に歌い、また作者の尾崎亜美もセルフカバーしている)。当初のプロモーションはアイドル雑誌との連携など、前年デビューで系列事務所の菊池桃子を踏襲した展開で行われた。志村香 フレッシュアイペディアより)

  • 新川博

    新川博から見た菊池桃子菊池 桃子

    菊池桃子/single「ガラスの草原」新川博 フレッシュアイペディアより)

  • 吉ヶ原駅

    吉ヶ原駅から見た菊池桃子菊池 桃子

    もう逢えないかもしれない - 菊池桃子が歌ったグリコポッキーのCMソング。同駅でロケが行われた。その際駅名は「高ヶ原駅」となっていた。吉ヶ原駅 フレッシュアイペディアより)

  • JanJanサタデー

    JanJanサタデーから見た菊池桃子菊池 桃子

    松本典子、松坂慶子、山田洋次、松山千春、麻見和也、小林千絵、新田純一、河上幸恵、泰葉、西口久美子、ピンボール、ネバーランド、佐野量子(番組最多ゲスト出演)、光GENJI、早見優、中森明菜、チェッカーズ、とんねるず、コロッケ、コント赤信号、竹中直人、アコ&キンゾー、マギー司郎、森口博子、井森美幸、島田奈美、芳本美代子、中村由真、久保田利伸、森川美穂、山瀬まみ、山岸もえ、仁藤優子、伊藤智恵理、キャディラック、ザ・シャムロック、C-C-B、増田恵子、セブンティーンクラブ、大島渚、武田鉄矢、HOUND DOG、CHA-CHA、秋本理央、仲村知夏、吉沢京子、勇直子、増田未亜、結城めぐみ、細川直美、藤谷美紀、本田恭章、ラフィンノーズ、シティボーイズ、ケッタウェイズ、松尾伴内、ガダルカナル・タカ、織田裕二、松原みき、伊藤美紀、本田理沙、相川恵里、B21スペシャル、田中律子、菊池桃子、矢野有実、森高千里、TM NETWORK、電気グルーヴ、X JAPAN、深津絵里、中山忍、すかんち、嘉門達夫 ほか多数JanJanサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 大石内蔵助 冬の決戦

    大石内蔵助 冬の決戦から見た菊池桃子菊池 桃子

    しの(下女):菊池桃子大石内蔵助 冬の決戦 フレッシュアイペディアより)

163件中 41 - 50件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード