210件中 51 - 60件表示
  • KBCラジオ・チャリティー・ミュージックソン

    KBCラジオ・チャリティー・ミュージックソンから見た菊池桃子菊池 桃子

    出演は、尾形大作、石川秀美、菊池桃子、松居直美、ほかである。KBCラジオ・チャリティー・ミュージックソン フレッシュアイペディアより)

  • 夏色片想い

    夏色片想いから見た菊池桃子菊池 桃子

    「夏色片想い」(なついろかたおもい)は、菊池桃子の楽曲で、8枚目のシングルである。1986年5月14日に発売。夏色片想い フレッシュアイペディアより)

  • 癒し系アイドル

    癒し系アイドルから見た菊池桃子菊池 桃子

    1990年代の中期、癒し系アイドル・癒し系女優として認知された人物として、本上まなみや飯島直子が挙げられる。本上は、折からの癒しブームの到来とあいまって、それまでのアイドルに見られないタイプの女性アイドルとして、多くの支持者を得た。定義さえなかったこれ以前は菊池桃子や西村知美がその先駆とする論評もある。癒し系アイドル フレッシュアイペディアより)

  • ピムとポム

    ピムとポムから見た菊池桃子菊池 桃子

    ピムとポム、お姉さんやナレーターなど、菊池桃子が1人9役で読み聞かせ風に声をあてている。ピムとポム フレッシュアイペディアより)

  • 淨謙寺

    淨謙寺から見た菊池桃子菊池 桃子

    西田敏行・菊池桃子・出演「葉月の参 広島・北広島町?お寺で味わう精進イタリアン?」『人生の楽園』(2014年8月16日)テレビ朝日。淨謙寺 フレッシュアイペディアより)

  • BOMB

    BOMBから見た菊池桃子菊池 桃子

    1985年、おニャン子クラブの登場の際、当時のライバル誌でもあった『DUNK』(集英社)が同グループを全面的に取り上げていた。対して『BOMB!』は、同時期にアイドル活動を行っていた菊池桃子などを主に取り上げていた。なお菊池は当時、『BOMB!』の姉妹誌である『Momoco』のイメージガールでもあった。ただし1986年には『BOMB!』も、おニャン子クラブ及びそのメンバーを巻頭モデルとして起用する事が何度か有った。BOMB フレッシュアイペディアより)

  • 奥田圭子

    奥田圭子から見た菊池桃子菊池 桃子

    パイロット万年筆のCMソングでレコードデビュー後、菊池桃子主演で大ヒットした映画『パンツの穴』の第2作『パンツの穴 花柄畑でインプット』で菊池の後のヒロインを、志村香と共に務めた。奥田圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 青春ラブレター 〜30th Celebration Best〜

    青春ラブレター 〜30th Celebration Best〜から見た菊池桃子菊池 桃子

    『青春ラブレター 〜30th Celebration Best〜』(せいしゅんラブレター サーティース・セレブレーション・ベスト)は、2014年4月30日にソニー・ミュージックレーベルズ(エピックレコードジャパンレーベル)から発売されたの菊池桃子のセルフカバー・ベストアルバム。青春ラブレター 〜30th Celebration Best〜 フレッシュアイペディアより)

  • 山本ゆかり

    山本ゆかりから見た菊池桃子菊池 桃子

    1984年にトーラスレコード、研音主催「九州歌謡選手権ヤングフレッシュ・グランプリ」というオーディションで優勝し、芸能界入りする。研音のアイドル歌手として、約半年後急スピードで、1984年6月21日「私 MAILUWA」でアイドル歌手としてデビューする。事務所の先輩中森明菜の妹分として新人賞レースに多数ノミネートされ大々的に売りだされる。趣味も歌を歌うことという根っからの歌好きでもあった。同期に菊池桃子、荻野目洋子、吉川晃司、岡田有希子、長山洋子、渡辺桂子などがいて新人賞でも激戦を繰り広げた。きつい目つきとはうらはらにキャラクターはマイペースで、能天気に明るい人物だった。山本ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • プリズム (バンド)

    プリズム (バンド)から見た菊池桃子菊池 桃子

    1984年、メンバーの脱退やレコード会社との契約完了が重なり、バンド活動が休止状態に陥る。プリズムは再び和田と渡辺の二人になってしまったが、和田が参加していたバンド、KEEPの創設者であり、公私にわたって縁深かった深町純がサポートメンバーになることを表明して再開に向けて支援。そこに和田のソロプロジェクトに参加していた松浦義和、木村万作らがやはりサポートメンバーとして参加し、1985年よりレコード制作やライブ活動を再開していく。が、1987年にレコード会社との契約完了により、翌1988年に深町が離脱(曰く「レコードを出せないのならば、それはプロではなくアマチュアだから、プロの自分がそこにいる意味がない」と2010年にライブのゲスト参加の際に、深町流のロジックを交えたMCにおいて打ち明けられる)。また、松浦もこれと前後して離脱していった(離脱後、菊池桃子のロック転向で話題となったバンド、ラ・ムーにメンバーとして参加している)。プリズム (バンド) フレッシュアイペディアより)

210件中 51 - 60件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード