210件中 61 - 70件表示
  • JanJanサタデー

    JanJanサタデーから見た菊池桃子菊池 桃子

    松本典子、松坂慶子、山田洋次、松山千春、麻見和也、小林千絵、新田純一、河上幸恵、泰葉、西口久美子、ピンボール、ネバーランド、柴田恭兵、仲村トオル、佐野量子(番組最多ゲスト出演)、光GENJI、早見優、中森明菜、チェッカーズ、とんねるず、コロッケ、コント赤信号、竹中直人、アゴ&キンゾー、マギー司郎、森口博子、井森美幸、島田奈美、芳本美代子、中村由真、久保田利伸、森川美穂、山瀬まみ、山岸もえ、仁藤優子、伊藤智恵理、キャディラック、ザ・シャムロック、C-C-B、増田恵子、セブンティーンクラブ、大島渚、武田鉄矢、HOUND DOG、CHA-CHA、秋本理央、仲村知夏、吉沢京子、勇直子、増田未亜、結城めぐみ、細川直美、藤谷美紀、本田恭章、ラフィンノーズ、シティボーイズ、ケッタウェイズ、松尾伴内、ガダルカナル・タカ、織田裕二、松原みき、伊藤美紀、本田理沙、相川恵里、B21スペシャル、田中律子、菊池桃子、矢野有実、森高千里、TM NETWORK、電気グルーヴ、X JAPAN、深津絵里、中山忍、すかんち、嘉門達夫 ほか多数JanJanサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 久保純子

    久保純子から見た菊池桃子菊池 桃子

    2011年7月16日、文化放送『久保純子のライオンミュージックサタデー』の番組中、夫の米国転勤(任期は1年半)に家族で同伴することを明らかにした。番組自体は出演者を菊池桃子に交代する形で継続。また『ウチくる!?』も同年8月21日放送分を以って降板(帰国後の2013年10月6日の『ウチくる!?』にゲストとして登場)。久保純子 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原徹

    杉原徹から見た菊池桃子菊池 桃子

    五月の雨(菊池桃子)アルバム『Miroir -鏡の向こう側-』収録杉原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 郁恵・井森のお料理BAN!BAN!

    郁恵・井森のお料理BAN!BAN!から見た菊池桃子菊池 桃子

    夕方の独立番組だった頃、毎回タレント1名をゲストに迎えたり、菊池桃子がレギュラーに加わっていたことがある。郁恵・井森のお料理BAN!BAN! フレッシュアイペディアより)

  • 福助 (漫画)

    福助 (漫画)から見た菊池桃子菊池 桃子

    五十嵐由季子(姉弟の母):菊池桃子福助 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ビッグバン (日本のロックバンド)

    ビッグバン (日本のロックバンド)から見た菊池桃子菊池 桃子

    所属事務所は青山通りに面した東京都港区北青山3丁目の13階建「カプリース青山」ビルの9階のガラス張りの角部屋にあったが、新ユニット「ビッグバン」に参加した「レイジー」の井上の人気で青山通りの歩道にはいつも大勢の「レイジー」ファンが詰めかけていた。なお、同じ事務所「トライアングル・プロダクション」には、杉山清貴&オメガトライブ、菊池桃子、角松敏生、カルロストシキらが所属していた。ビッグバン (日本のロックバンド) フレッシュアイペディアより)

  • MARTINI II

    MARTINI IIから見た菊池桃子菊池 桃子

    18thシングル、アルバム『Perfume』から:菊池桃子とのデュエットMARTINI II フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤恵美 (俳優)

    佐藤恵美 (俳優)から見た菊池桃子菊池 桃子

    VAPより夏・体験物語2の挿入歌、「キャンバスの恋人」でポスト菊池桃子としてアイドル歌手デビュー。キャッチフレーズは「可愛さ、たった日本一」だった。夏・体験物語2放映前の段階ではレギュラーの女性アイドル中、最もファンレターの数が多かったため、同日デビュー予定だった藤井一子は発売日を延期し戦略を練り直した。実際、夏・体験物語2では本人主演の回が全話中最高視聴率であり、毎度おさわがせします3にも出演が内定していたが、映画出演を優先したため降板。更にショートヘアにしてファンが離れてしまい、低迷した。佐藤恵美 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田まゆみ

    吉田まゆみから見た菊池桃子菊池 桃子

    『れもん白書』(1979年連載開始、『mimi』講談社)で1980年度(第4回)講談社漫画賞(少女部門)を受賞。1984年から同誌に連載を開始した『アイドルを探せ』は、80年代を代表する少女マンガとも評され、1987年に菊池桃子主演で映画化された。吉田まゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 黒川照家

    黒川照家から見た菊池桃子菊池 桃子

    1979年から1985年にかけて岩崎宏美や菊池桃子のバックバンド「パイナップル・カンパニー」でバンドマスターとして活動した後、1986年にオメガトライブの第2弾のプロジェクト「1986オメガトライブ」にギタリストとして加入。同バンドのリーダーも務めたが、5枚目のシングル「Stay girl Stay pure」を最後に脱退を宣言、1988年3月に正式に脱退した(これを機に同バンドは「カルロス・トシキ&オメガトライブ」に改名する)。黒川照家 フレッシュアイペディアより)

210件中 61 - 70件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード