163件中 61 - 70件表示
  • ラ・ムー (バンド)

    ラ・ムー (バンド)から見た菊池桃子菊池 桃子

    ラ・ムーとは、1988年に当時アイドルであった菊池桃子と、フュージョングループ“プリズム”のサポートミュージシャンとしても知られるキーボーディストの松浦義和が中心となり、結成されたバンド。アルファベットでは"RAMU"と表記される。ラ・ムー (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤恵美 (俳優)

    佐藤恵美 (俳優)から見た菊池桃子菊池 桃子

    VAPより夏・体験物語2の挿入歌、「キャンバスの恋人」でポスト菊池桃子として歌手デビュー。キャッチフレーズは《可愛さ、たった日本一》ドラマにも出演。佐藤恵美 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • BOMB

    BOMBから見た菊池桃子菊池 桃子

    1985年、おニャン子クラブの登場の際、当時のライバル誌でもあった『Dunk』(集英社)が同グループを全面的に取り上げていた。対して『BOMB!』は、同時期にアイドル活動を行っていた菊池桃子などを主に取り上げていた。なお菊池は当時、『BOMB!』の姉妹誌である『Momoco』のイメージガールでもあった。ただし1986年には『BOMB!』も、おニャン子クラブ及びそのメンバーを巻頭モデルとして起用する事が何度か有った。BOMB フレッシュアイペディアより)

  • 玉川美沙 ハピリー

    玉川美沙 ハピリーから見た菊池桃子菊池 桃子

    神保美喜とマンスリーゲストが、マンツーマンで語り合うトークフロート番組。前番組の高木美保 close to youより継続。このコーナーの前に、次時間帯番組『菊池桃子のライオンミュージックサタデー』の番宣CM(「文化放送をお聴きのみなさん、玉川さん、お早うございます」のアナウンスの入る特別版)が入る。玉川美沙 ハピリー フレッシュアイペディアより)

  • 田代優美

    田代優美から見た菊池桃子菊池 桃子

    1997年4月から数ヶ月間、ニッポン放送のアナウンサーのままでフジテレビ『めざまし天気』に出演した。写真週刊誌『FRIDAY』1997年5月23日号の記事によると、同番組で田代の姿を見たラジオの聴取者からの投書がきっかけで、一時期「アナウンサー界の菊池桃子」とのキャッチフレーズがつけられていたという。このテレビ番組出演が伏線となり、後のフジテレビ転籍へとつながった。田代優美 フレッシュアイペディアより)

  • 青春

    青春から見た菊池桃子菊池 桃子

    青春のいじわる:菊池桃子青春 フレッシュアイペディアより)

  • 田原坂 (テレビドラマ)

    田原坂 (テレビドラマ)から見た菊池桃子菊池 桃子

    中原香(中原尚雄の妹・村田岩熊の恋人):菊池桃子田原坂 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 違う、そうじゃない/渋谷で5時

    違う、そうじゃない/渋谷で5時から見た菊池桃子菊池 桃子

    2曲目の「渋谷で5時」は菊池桃子とのデュエット曲である。鈴木と菊池で別々にレコーディングが行われた。リリース当時は鈴木と菊池のデュエットが音楽番組で披露されることはなく、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)では鈴木と松田聖子、『ポップジャム』(NHK)では鈴木と中山美穂のデュエットで披露していた。元々の鈴木と菊池による披露は、最初の発売から12年後の2006年、『僕らの音楽 -OUR MUSIC-』(フジテレビ)が最初である。違う、そうじゃない/渋谷で5時 フレッシュアイペディアより)

  • 夢のまた夢 (鈴木雅之の曲)

    夢のまた夢 (鈴木雅之の曲)から見た菊池桃子菊池 桃子

    カップリングはデュエットソングで、2008年に「恋のフライトタイム〜12pm〜」と改題され、菊池桃子とのデュエットでリメイクされた。夢のまた夢 (鈴木雅之の曲) フレッシュアイペディアより)

  • トレンディドラマ

    トレンディドラマから見た菊池桃子菊池 桃子

    『君の瞳に恋してる!』(1989年)出演:中山美穂:前田耕陽:菊池桃子:大鶴義丹:藤田朋子トレンディドラマ フレッシュアイペディアより)

163件中 61 - 70件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード