210件中 81 - 90件表示
  • 立川ブラインド工業

    立川ブラインド工業から見た菊池桃子菊池 桃子

    かつてはテレビ朝日・朝日放送でニュースステーションの後に5分間のミニ番組の提供をしていたり、東海ラジオ放送東京支社製作で文化放送・ラジオ大阪のナイターオフ期間中毎週土曜日夜9時?9時30分にアーティストがパーソナリティーを担当していた冠番組「シルキードリーム」の番組提供も行なっていたが、現在は消滅している。また文化放送で放送されていた菊池桃子が出演していた「桃子とおしゃれナイト」のスポンサーを担当していたこともある。ナイターシーズン中は文化放送ではホームランナイター、東海ラジオではガッツナイター、ラジオ大阪ではラジオ大阪ドラマティックナイターの各土曜日のスポンサーとして提供していた。1991年以降のパーソナリティーは辛島美登里(1991年10月?1992年3月)→平松愛理(1992年10月?1995年3月。)→中西圭三(1995年10月?1996年3月。※1995年オフ文化放送では放送せず。)※1996年10月以降は文化放送が「アニメ&ゲームゾーン番組」、ラジオ大阪が「1314Vステーション」編成のためそれぞれネットできず、東海ラジオも別のオフ番組を編成するようになった。立川ブラインド工業 フレッシュアイペディアより)

  • be yourself (アルバム)

    be yourself (アルバム)から見た菊池桃子菊池 桃子

    本作では今までのプロデューサーの藤田浩一と、編曲家の新川博の2名によりプロデュースされ、アレンジは全曲新川博が行なっている。また作曲家人に、事務所の先輩であった杉山清貴&オメガトライブや菊池桃子の作品を多く手がけた林哲司、新たな作曲家として羽場仁志、またホーンアレンジにJerry Heyを起用し、今まで以上にバラエティにとんだ作家人の起用となっている。ミキシングエンジニアは、前作の「“DAYLIGHT” VERSION」を手がけた内沼映二を起用した。be yourself (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 五月 みどり

    五月みどりから見た菊池桃子菊池 桃子

    ミツカン「追いがつおつゆ」のCMで、当時長男の妻菊池桃子(2012年離婚)との共演も行った。現在は着物のデザインやティッシュボックスの製作などでも活躍している。また、1997年(平成9年) - 2007年(平成19年)に日本テレビで放送された『伊東家の食卓』の母親役でもお馴染みであった。2007年1月には、大相撲の初場所14日目に溜席で観戦しているのがテレビカメラに大きく映っていたのにもかかわらず、中継では一切触れられなかった。五月みどり フレッシュアイペディアより)

  • コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの

    コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネものから見た菊池桃子菊池 桃子

    とくこ(何が言いたいのか分からないまま始まってしまったニッポン放送『桃子と少し夜更かし』)コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの フレッシュアイペディアより)

  • BOYのテーマ

    BOYのテーマから見た菊池桃子菊池 桃子

    「BOYのテーマ」(ボーイのテーマ)は、菊池桃子が1985年5月にリリースした5枚目のシングルである。BOYのテーマ フレッシュアイペディアより)

  • Broken Sunset

    Broken Sunsetから見た菊池桃子菊池 桃子

    「Broken Sunset」(ブロークン・サンセット)は、菊池桃子が1986年2月にリリースした7枚目のシングルである。Broken Sunset フレッシュアイペディアより)

  • 村本大志

    村本大志から見た菊池桃子菊池 桃子

    ミツカン 追いがつおつゆ シリーズ '98-'02(菊池桃子・田畑智子)村本大志 フレッシュアイペディアより)

  • 大石恵三

    大石恵三から見た菊池桃子菊池 桃子

    菊池桃子 - 当初は5月のマンスリーゲストとして出演していたが、いつの間にかレギュラーになっていた。大石恵三 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・アイコン

    ゲイ・アイコンから見た菊池桃子菊池 桃子

    ゲイの間で多くのアイドルが人気を獲得してきた。1970年代には山口百恵、桜田淳子、石野真子、榊原郁恵、キャンディーズなどが人気を獲得したが、この時代に最も支持を得たのはピンクレディーであった。1980年代のアイドル全盛時代に突入すると松田聖子と中森明菜が人気を大きく二分した。他に小泉今日子、河合奈保子、早見優、柏原芳恵、松本伊代、堀ちえみ、菊池桃子などこの時代の人気アイドルは概ねゲイシーンでも好評であった。80年代後半にアイドルの常識を覆したおニャン子クラブが登場して人気を獲得した。1990年代は一般的には「アイドル冬の時代」と称されたが、初期にはWinkが活躍。中盤になると華原朋美、安室奈美恵、MAXといった小室ファミリー、SPEED、終盤には浜崎あゆみ、鈴木亜美、モーニング娘。がデビュー。ゲイシーンの盛り上がりと相まって、全国各地でMAXやSPEEDの振り付けを真似るのが流行った。2000年代に入ると、dreamが新宿二丁目で瞬発的に盛り上がり、モーニング娘。や松浦亜弥を含むハロー!プロジェクトのアイドルたちが全盛期を迎え、2000年代後半にはAKB48やPerfumeへと人気が分散した。2010年代はKARAや少女時代といったK-POPスターの登場で幕を開けた。そして、AKB48以外のAKB48グループが注目を集め、ももいろクローバーZやきゃりーぱみゅぱみゅも人気を獲得している。また、この時期にモーニング娘。の人気が再燃し、MAXは楽曲「Tacata'」で再び話題になった。ゲイアイコンとなるアイドルは女性が多く、振り付けがありファンが一緒に踊れるような歌手が支持を受けやすい傾向にある。ゲイ・アイコン フレッシュアイペディアより)

  • もう逢えないかもしれない

    もう逢えないかもしれないから見た菊池桃子菊池 桃子

    「もう逢えないかもしれない」(もうあえないかもしれない)は、菊池桃子が1985年9月にリリースした6枚目のシングルである。もう逢えないかもしれない フレッシュアイペディアより)

210件中 81 - 90件表示

「菊池桃子」のニューストピックワード