菜の花情報 ニュース&Wiki etc.

アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または蕓薹と呼ばれた。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アブラナ」のつながり調べ

  • 白馬郷 (宣漢県)

    白馬郷 (宣漢県)から見たナタネ

    主に米、小麦、トウモロコシ、ジャガイモ、ナタネなどの作物、ヤギ、ブタ、ウシの繁殖産業も盛ん。(白馬郷 (宣漢県) フレッシュアイペディアより)

  • 古曽部

    古曽部から見た菜種

    主たる作物は米で、酒米として伏見や灘へ移出された。副業として、ケシやタバコ、菜種、除虫菊、ジキタリスなどが栽培されていた。(古曽部 フレッシュアイペディアより)

「アブラナ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「菜の花情報」のニューストピックワード