166件中 91 - 100件表示
  • 誕生花

    誕生花から見たアブラナアブラナ

    2月6日…ハマベンケイソウ・アブラナ・イワレンゲ・スミレ(黄)・クロッカス(黄)誕生花 フレッシュアイペディアより)

  • 鰊粕

    鰊粕から見たアブラナアブラナ

    春のニシン群来(くき)とともに生産される鰊粕は北前船交易で北陸地方や西日本各地に移出され、ミカン、菜種、藍、綿花栽培などの商品作物栽培に重要な役割を果たした。鰊粕 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト仙台・東京

    ムーンライト仙台・東京から見たアブラナアブラナ

    上述の「ゴロンと」と、房総半島の特産であるなのはなとを組み合わせたもの。ムーンライト仙台・東京 フレッシュアイペディアより)

  • 花鳥山遺跡

    花鳥山遺跡から見たアブラナアブラナ

    また、エゴマは栽培植物として縄文農耕論の立場から注目されているが、住居床下から発見された炭化種子塊は国内最古級の資料で、1975年(昭和50年)に長野県の大石遺跡で発見された縄文中期の資料を更新することとなった。ほか、水洗選別により栽培種ではシソ、アブラナ類、ニワトコ、シロザ、スベリヒユ、ミズキなどが検出され、雑草ではエノキグサが検出されている。獣骨はイノシシやシカが主で、細片で被熱が認められるため食糧であったと考えられている。また、コイ科魚類のエラ骨が発見されており、県内において遺跡から魚骨が出土した初の例となった。また、貝殻製のボタン状製品や漁網の重りとも考えられる土器片錘も出土し、漁労具の出土例となった。花鳥山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • チュバチュバワンダーランド

    チュバチュバワンダーランドから見たアブラナアブラナ

    青は千葉の青い海、黄色は千葉を代表する植物のナノハナを表現。チュバチュバワンダーランド フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウオオマルハナバチ

    セイヨウオオマルハナバチから見たアブラナアブラナ

    エゾムラサキツツジ、ムラサキツメクサ、エゾエンゴサク、アブラナ、ムラサキツメクサ、ラベンダー、コスモスなど花を訪れ、花粉や蜜を集める。本種は舌が短く、花弁の脇に穴を開けて蜜を集める(盗蜜)。そのため、おしべに触れることなく、植物の受粉に貢献することはない。セイヨウオオマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • みえない雲

    みえない雲から見たアブラナアブラナ

    舞台は西ドイツ。主人公はギムナジウムに通う14歳の少女、ヤンナ-ベルタ。午前中の授業のさなか、ABC警報(ドイツで定められている、A=核兵器、B=細菌兵器、C=化学兵器の攻撃を知らせる警報)のサイレンが鳴り響く。でスーパーガウ(放射能漏れ事故)が起きたとわかり、学校は生徒を下校させる。ヤンナ-ベルタは上級生の車で送られ、弟ウリが帰宅しているシュリッツの自宅へ戻る。父母と小さな弟は、原発に近い町に住む母方の祖母宅に出かけていた。風は原発のある南東から吹いていた。警察の車が拡声器で住民に「地下室に入れ」と指示するが、母から電話が入り、列車で父方の伯母ヘルガのいるハンブルクへ行けと言う。近所の人々も脱出し始めており、2人は自転車で駅へ向かう。しかし、避難を急ぐ自動車にウリがはねられ、菜の花畑の中へ飛ばされてしまう。死んだウリを運ぼうとするが、通りかかった家族連れに止められ、彼らの車に乗せられての駅へ辿り着いたものの、群衆が押しかけて大混乱になっている。封鎖された路線を迂回して到着したのは貨物列車だった。同行していた小さな子供は我先に列車に乗ろうとする人々の波に飲まれ、母親に責められたヤンナ-ベルタは駅を飛び出した。みえない雲 フレッシュアイペディアより)

  • サン=プリースト (ローヌ県)

    サン=プリースト (ローヌ県)から見たナタネアブラナ

    ルノートラックやKLMの工場がある。コミューン東部は現在も農業生産地(ナタネやヒマワリの栽培)である。サン=プリースト (ローヌ県) フレッシュアイペディアより)

  • エッパーツハウゼン

    エッパーツハウゼンから見たナタネアブラナ

    南部は草原や放牧地であり、腐植質に富んだ土壌である。ここでは穀類、トウモロコシ、ナタネの栽培が盛んである。この他に、牛や羊のための放牧地も多くある。エッパーツハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • 広島菜

    広島菜から見たアブラナアブラナ

    広島菜(ひろしまな)とは、アブラナ科に属する野菜で白菜の一種。広島菜 フレッシュアイペディアより)

166件中 91 - 100件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード