166件中 21 - 30件表示
  • あぶらな

    あぶらなから見たアブラナアブラナ

    あぶらな フレッシュアイペディアより)

  • 採油 (油脂)

    採油 (油脂)から見た菜種アブラナ

    加熱の終わった原料は、圧搾あるいは抽出にかけられる。圧搾には普通スクリュー式プレス機が用いられるが、圧搾法ではどうしても残留油分が多くなるので、ごま、カカオ豆など油分の多いものに用いられる方法となっている。菜種、綿実などでは、まず予備圧搾で油分をある程度搾って含油率20%程度にまでした後、溶剤抽出するのが一般的となっている。採油 (油脂) フレッシュアイペディアより)

  • かき菜

    かき菜から見たアブラナアブラナ

    かき菜(かきな)は、アブラナ科アブラナ属の野菜。北関東(特に栃木県佐野市など両毛地域)で栽培される伝統野菜で、「なばな」と同系統だが、セイヨウアブラナではなく、在来種のアブラナまたはその変種と見られる。かき菜 フレッシュアイペディアより)

  • 国営備北丘陵公園

    国営備北丘陵公園から見たナノハナアブラナ

    春まつり (4月上旬?5月GW)・・・ナノハナ、チューリップ、ポピーが開花。伝統芸能、たたら鉄づくり、体験型イベント。国営備北丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

  • 池ノ原公園

    池ノ原公園から見たアブラナアブラナ

    はじめにここに住んだのは崋山の招聘によって天保5年(1834年)に田原藩のお抱えになった豊後・日田出身の農学者・大蔵永常であった。彼はこの建物の周辺を実験用の農場とし、商品作物を田原藩の新しい収入源にしようと考え、アブラナ・サトウキビなどを栽培した。こうしたことから当時の人に「御産物屋敷」とあだ名された。ただし、成果はあまりあがらなかったようである。thumb|200px|right|二本の石碑のうち右が東郷平八郎による顕彰碑。左には崋山が自刃前に残した「不忠不孝渡邉登」の筆が刻まれている(2004年9月19日)池ノ原公園 フレッシュアイペディアより)

  • 麻婆茄子

    麻婆茄子から見たアブラナアブラナ

    「魚香(ユーシャン)」とは泡辣椒(パオラージャオ)という、唐辛子をフナと一緒に塩漬けした辛味とニンニク、ショウガが効かせ、酢を隠し味に使った風味のこと。魚を使わずに、魚の様なうま味を作り出す手法で、他にナスではなく、豚肉の細切りやアブラナなどを使う場合がある。麻婆茄子 フレッシュアイペディアより)

  • 南薩台地

    南薩台地から見たアブラナアブラナ

    シラス層は水を保持しにくくコラ層は水を通しにくいため農耕が困難であり、かつてはサツマイモやアブラナなど限られた作物しか栽培されなかった。南薩台地 フレッシュアイペディアより)

  • 両種物問屋

    両種物問屋から見た菜種アブラナ

    両種物問屋(りょうたねものといや)は、江戸時代中期以後上方において水油の原料である菜種を扱う菜種問屋と白油の原料である綿実を扱う綿実問屋の2種の種物問屋が一括して扱われるようになって成立した問屋のこと。両種物問屋 フレッシュアイペディアより)

  • オオアラセイトウ

    オオアラセイトウから見たアブラナアブラナ

    群生して開花する様はなかなか美しいため、庭などで栽培されることも多いが、道端や空き地でも普通によく育つ。若い葉は食べられるため、中国北部では野菜として栽培され、種子からはアブラナと同様に油を採取することもある。オオアラセイトウ フレッシュアイペディアより)

  • 土居弘輝

    土居弘輝から見たナノハナアブラナ

    ナノハナ(2007年)- 山下浩一 役土居弘輝 フレッシュアイペディアより)

166件中 21 - 30件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード