200件中 21 - 30件表示
  • Ω-9脂肪酸

    Ω-9脂肪酸から見たアブラナアブラナ

    エルカ酸(22:1, n−9)、アブラナの種、エリシマムの種、カラシの種子で見られる。エルカ酸の含有量が多いナタネ油は、エルカ酸が心臓病の発症リスクを高め、ナタネ油に多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため乾性油として絵画やコーティング剤に使われたり、バイオ燃料として商用的に栽培されている。Ω-9脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィックグレーンセンター

    パシフィックグレーンセンターから見た菜種アブラナ

    水島港に位置する。1968年10月に第一期工事が竣工し、第六期まで増設が行われた。サイロの収容能力は109基で計101,100トン。取扱品目はトウモロコシ・ダイズ・菜種・小麦などで、日清オイリオグループ、西日本飼料、JA西日本くみあい飼料、中部飼料にはベルトコンベアで搬入するほか、四国などには内航船やトラックで輸送される。パシフィックグレーンセンター フレッシュアイペディアより)

  • あぶら菜

    あぶら菜から見たアブラナアブラナ

    あぶら菜 フレッシュアイペディアより)

  • ブラッシカ・ラパ

    ブラッシカ・ラパから見たアブラナアブラナ

    B. rapa var. nippo-oleifera (Makino) Kitam. - アブラナブラッシカ・ラパ フレッシュアイペディアより)

  • モンシロチョウ

    モンシロチョウから見たアブラナアブラナ

    全世界の温帯、亜寒帯に広く分布する。広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、そのうち日本に分布するのは亜種 P. r. crucivora とされている。幼虫の食草はキャベツ、アブラナ、ブロッコリーなどのアブラナ科植物なので、それらの農作物の栽培に伴って分布を広げてきた。日本のモンシロチョウは奈良時代に大根の栽培と共に移入されたと考えられている。北米では、1860年頃カナダのケベック州に移入され、現在では北はカナダ・アラスカ南部から南はメキシコ北部まで分布する。分布域を広げるためか、まれに大群を作って移動することがある。モンシロチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ハーバルエッセンス

    ハーバルエッセンスから見たナタネアブラナ

    2012年9月のリニューアルでは髪の美容液成分を高濃度化し、新たに菜種由来のトリートメント成分を配合した。ハーバルエッセンス フレッシュアイペディアより)

  • 三条 (芦屋市)

    三条 (芦屋市)から見た菜種アブラナ

    安永4年(1775年)の寺社池川等委細控帳には酒株3・株高87石余の酒造家が1人、米踏水車2両、日雇稼(柄在家)6人、他国出稼ぎ12人がみえる。菜種栽培もされ、文政10年(1827年)の万控帳では110石余の作高となっている。三条 (芦屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 北山公園 (東京都)

    北山公園 (東京都)から見たアブラナアブラナ

    花菖蒲のほかにも菜の花や蓮、彼岸花、コスモスなどそれぞれの季節でさまざまな花を楽しむことができる。また、園内の池には多くの野鳥も集まる。北山公園 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 梅田川 (宮城県)

    梅田川 (宮城県)から見たアブラナアブラナ

    仙石、福住町付近においては、春季、約1kmにわたって、菜の花が堤一面に咲き乱れる。川辺にカワセミやサギ、ハト等の鳥類の姿を見る事が出来るほか、冬場にはガンやハクチョウが飛来し羽を休める。魚類はフナやメダカが生息する。梅田川 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

  • 境町 (鳥取県)

    境町 (鳥取県)から見た菜種アブラナ

    一五、菜種屋 中村屋儀作 ほか三名境町 (鳥取県) フレッシュアイペディアより)

200件中 21 - 30件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード