166件中 31 - 40件表示
  • ジメチルジスルフィド

    ジメチルジスルフィドから見たアブラナアブラナ

    コチなど一部の魚、アブラナ科の植物、ニンニクなどに含まれ、特に腐敗すると誘導体の分解により発生する。ジメチルジスルフィド フレッシュアイペディアより)

  • 安永餅

    安永餅から見たアブラナアブラナ

    現在、安永餅の製造、販売は「永餅屋老舗」(1634年(寛永11年)創業)と「安永餅本舗 柏屋」の2業者によって行われている。永餅屋老舗では、通常の安永餅の他に、慶事用の「紅白安永餅」(要注文)や、なばなの里店限定、かつ、季節限定で、安永餅の生地になばなを混ぜ込んだ「なばな安永餅」も販売されている。安永餅 フレッシュアイペディアより)

  • なばな

    なばなから見たアブラナアブラナ

    なばな フレッシュアイペディアより)

  • 潤滑油

    潤滑油から見たアブラナアブラナ

    食用油の代表格だが、日本では照明にも使われたため比較的広い範囲で菜種が栽培され得易かったため、築城などの折に大きな石の運搬で、ソリの潤滑にも使われた。潤滑油 フレッシュアイペディアより)

  • 境町 (鳥取県)

    境町 (鳥取県)から見た菜種アブラナ

    一五、菜種屋 中村屋儀作 ほか三名境町 (鳥取県) フレッシュアイペディアより)

  • 笠野原台地

    笠野原台地から見たアブラナアブラナ

    区画整理と上水道の整備後も依然として農業用水は不十分な状態が続き、乾燥に強いサツマイモやアブラナなど限られた作物しか作られず、しばしば旱魃に見舞われ農業生産は不安定であった。そこで1955年(昭和30年)から国営笠野原畑地灌漑事業が実施されることになった。具体的には高隈ダムを建設し、それによる畑地灌漑により米の増産を計画であったものの、膨大な開発負担金や開発者の非民主的対応、長年の農政不信などの要因が重なり、農民間の対立が発生し開発反対運動が繰り広げられた。更に高隈ダム建設による集落水没に対する反対勢力が加わったことから運動は大規模になり、脅迫事件や暴力事件が発生するまでに至ったが、1962年(昭和37年)には補償問題が解決し、1967年(昭和42年)に高隈ダムが完成した。大規模な灌漑が行われるようになってから野菜や飼料作物が栽培されるようになり、鹿児島県内有数の畑作・畜産地帯となった。笠野原台地 フレッシュアイペディアより)

  • 合水県

    合水県から見たアブラナアブラナ

    小麦、トウモロコシ、馬鈴薯、大豆、アブラナ、リンゴなどの他、瓜類などの野菜栽培も行われている。合水県 フレッシュアイペディアより)

  • 種苗交換会

    種苗交換会から見たアブラナアブラナ

    当時の秋田県産業の中心であった農業には、課題が山積みだった。乾燥法の不備から腐れ米と呼ばれる稲の腐敗がたびたび生じ、市場における秋田米の評判を落としていた。また、桑・菜種・果樹などの商品作物の発展、西洋技術の導入、在来農法の改善などが、勧業行政の課題として注目されていた。そのときの県令であった石田英吉は、各地の老農層の知恵と経験を生かし、これらの課題を解決するために、1878年、全県45名の老農を勧業係に取り立てた。その中に、老農の代表である石川理紀之助もいた。続いて、秋田県勧業課長だった樋田魯一が主催し、秋田市の浄願寺を会場にして第1回の勧業会議が開催された。そのとき、由利郡平沢(現:にかほ市平沢)の佐藤九十郎から「種子交換の見込書」が提議され、これを樋田会頭が採用し、種苗交換会が開催されることになった。種苗交換会 フレッシュアイペディアより)

  • シラス (地質)

    シラス (地質)から見たアブラナアブラナ

    水はけが良すぎる為に稲作には不向きな上に栄養分も乏しく、そのような土壌でも育つサツマイモや桜島大根を代表とするダイコン、ダイズ、アブラナ等が主産品となった。また鹿児島ではサツマイモを食べさせる事により独特な風味を持つ黒豚の養豚も盛んになった。肉牛の生産も盛んである(北海道に次いで全国2位:2008年)。シラス (地質) フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウアブラナ

    セイヨウアブラナから見たアブラナアブラナ

    日本在来種のアブラナ(学名:B. rapa var. nippo-oleifera)とは別種で、染色体の数がアブラナの10対に対し、19対ある。セイヨウアブラナ フレッシュアイペディアより)

166件中 31 - 40件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード