200件中 31 - 40件表示
  • 油面

    油面から見た菜種アブラナ

    江戸時代中期からこの辺りでは菜種が栽培され、菜種から作った油を増上寺や祐天寺に燈明用として納めていた。油を納めていた代わりに租税を免ぜられたことから「油免」転じて「油面」になったとされている。菜種の栽培は昭和の初めごろまで行われていたという。油面 フレッシュアイペディアより)

  • ボツリオコッカス・ブラウニー

    ボツリオコッカス・ブラウニーから見たアブラナアブラナ

    他のバイオエタノール(トウモロコシなど)と違い、食用とはされないので、食糧問題を避けることができる。現在、ボトリオコッカスが作り出す油は1ヘクタールあたり年間118トンと見積もられており、トウモロコシの0.2トン、アブラナ(菜種)の1.2トン、アブラヤシの6トンに比べ格段に多い。ボツリオコッカス・ブラウニー フレッシュアイペディアより)

  • かき菜

    かき菜から見たアブラナアブラナ

    かき菜(かきな)は、アブラナ科アブラナ属の野菜。北関東(特に群馬県館林市や栃木県佐野市など両毛地域)で栽培される伝統野菜で、「なばな」と同系統だが、セイヨウアブラナではなく、在来種のアブラナまたはその変種と見られる。かき菜 フレッシュアイペディアより)

  • ウィニペグ商品取引所

    ウィニペグ商品取引所から見たアブラナアブラナ

    ウィニペグ商品取引所(Winnipeg Commodity Exchange、略称:WCE)は、デリバティブ市場の一つで、カナダのマニトバ州ウィニペグにある。先物・オプション取引は、小麦、大麦、アブラナの電子取り引きを行っている。ウィニペグ商品取引所 フレッシュアイペディアより)

  • むつ小川原開発計画

    むつ小川原開発計画から見たアブラナアブラナ

    第二次世界大戦終結後、満州国や樺太などからの引揚者の定住および食料増産を目的に、1945年より政府と青森県は緊急開拓事業を開始した。馬鈴薯、アブラナ、ダイズなどの畑作が行われたが、1953年・1954年の冷害による凶作を機に酪農・畜産に転換していった。1962年には国策により六戸町にフジ製糖(現フジ日本精糖)青森工場操業開始。政府によるテンサイ作付け奨励策がとられたが、1967年には貿易自由化によりフジ製糖工場が閉鎖。農業政策の失敗により、多くの農業者が農地を売却して借金を返済し、離農する選択をしたが、むつ小川原開発計画の失敗により、進出企業の雇用も実現しなかった。むつ小川原開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 大和まな

    大和まなから見た菜種アブラナ

    奈良県農林部によると、「かつては、油とり用に栽培されていたものが、漬け菜として利用されるようになった」ものであるとされる。宇陀松山(現奈良県宇陀市)の本草学者、森野藤助(1690年-1767年)が、晩年に写生した薬草の図鑑『松山本草』の中に、「油菜 コナ」の絵があり、アブラナが「コナ」と呼ばれていたことがわかる。大和高原地域では、採油用に栽培していた在来の菜種を「コナ(小菜)」と呼んで食用に自給栽培している農家が今も数多くあり、優良種を選抜し「大和まな」として固定化される以前の、より原種に近い品種だと考えられる。大和まな フレッシュアイペディアより)

  • 大和まな

    大和まなから見たアブラナアブラナ

    奈良県農林部によると、「かつては、油とり用に栽培されていたものが、漬け菜として利用されるようになった」ものであるとされる。宇陀松山(現奈良県宇陀市)の本草学者、森野藤助(1690年-1767年)が、晩年に写生した薬草の図鑑『松山本草』の中に、「油菜 コナ」の絵があり、アブラナが「コナ」と呼ばれていたことがわかる。大和高原地域では、採油用に栽培していた在来の菜種を「コナ(小菜)」と呼んで食用に自給栽培している農家が今も数多くあり、優良種を選抜し「大和まな」として固定化される以前の、より原種に近い品種だと考えられる。大和まな フレッシュアイペディアより)

  • 権現堂堤

    権現堂堤から見たアブラナアブラナ

    中川の堤防上約1kmにわたって、約1000本の桜並木が続く。桜はソメイヨシノで、4月上旬が見ごろであるが、近年は開花時期が早まっている。桜の開花と同時期に堤下に広がるアブラナも咲くため、ピンクと黄色のコントラストが美しい。堤下には他にも全国から集められた様々な種類の桜が植樹されている。桜祭りの期間中は、中川に架かる外野橋は夜間ライトアップされ、夜桜見物の人の目を惹く。また、100種約15,000株のアジサイや、約100万本の曼珠沙華(ヒガンバナ)が堤に植えられている。権現堂堤 フレッシュアイペディアより)

  • 佐奈川

    佐奈川から見たアブラナアブラナ

    また、豊川市内の堤防には桜の木が多数植えられており(堤防下には菜の花もある)、市内では桜トンネルや音羽川沿いの桜とともに花見スポットとして有名である。春には「佐奈川桜ウォークラリー」が行われる。市中心部の金屋橋から開運橋にかけては遊歩道が整備されており、花見シーズンには多くの人が桜や菜の花を見ながら散歩をしたり写真撮影をしたりしている。佐奈川 フレッシュアイペディアより)

  • 十三塚原

    十三塚原から見たアブラナアブラナ

    集落の多くは移住者が起源となっており、上野は桜島の安永噴火による移住、迫間と糸走は幕末期の川辺からの移住による。一部に水源があるとはいえ台地上の大部分は水が乏しい火山灰地質であったため、昭和初期までの主要作物は菜種であった。春先には菜の花が咲き乱れ、多くの花見客が訪れたといわれる。十三塚原 フレッシュアイペディアより)

200件中 31 - 40件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード