200件中 41 - 50件表示
  • 南薩台地

    南薩台地から見たアブラナアブラナ

    シラス層は水を保持しにくくコラ層は水を通しにくいため農耕が困難であり、かつてはサツマイモやアブラナなど限られた作物しか栽培されなかった。南薩台地 フレッシュアイペディアより)

  • 叉焼飯

    叉焼飯から見たアブラナアブラナ

    「蜜汁叉焼」を切って皿に盛ってある飯の上に載せ、醤油ベースのタレをかける。飯の横には、「郊外油菜」(アブラナに似た野菜の茎の部分)や、ゆでたレタスなどを横に添える。また「例湯」と呼ばれるスープを付ける店もある。叉焼飯 フレッシュアイペディアより)

  • 白絞油

    白絞油から見たアブラナアブラナ

    白絞油(しらしめゆ)は菜種油を精製した油の商品名。薄い黄色で揚げ油などに使用される。白絞油 フレッシュアイペディアより)

  • エッパーツハウゼン

    エッパーツハウゼンから見たナタネアブラナ

    南部は草原や放牧地であり、腐植質に富んだ土壌である。ここでは穀類、トウモロコシ、ナタネの栽培が盛んである。この他に、牛や羊のための放牧地も多くある。エッパーツハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • 康楽県

    康楽県から見たアブラナアブラナ

    康楽の経済は農業が主で、ソラマメ、アブラナや林木などを生産する。康楽県 フレッシュアイペディアより)

  • ミズナ

    ミズナから見たアブラナアブラナ

    ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia)は、アブラナ科の越年草。学名が示す通り、植物学的には、アブラナやカブなどと同種である。また、同種同変種にミブナがある。カラシナの一種として説明されることもある。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などがある。またキョウナを標準和名として用いている図鑑も多い。ミズナ フレッシュアイペディアより)

  • カリウム欠乏症 (植物)

    カリウム欠乏症 (植物)から見たアブラナアブラナ

    植物におけるカリウム欠乏症の典型的な症状は葉の先端の褐変と湾曲、および葉脈間のクロロシス(黄化)が挙げられる。葉の裏面に紫の斑点が現れることもある。カリウム欠乏症の植物では、生育、根の発達、および種子や果実の発達は、通常、減衰する。 多くの場合、症状はまず古い葉から現れる。なぜなら、カリウムは移動性の栄養素であり、カリウム欠乏の際に植物は若い葉にカリウムを割り当てることができるためである。また、欠乏症の植物は霜や病気によるダメージを受けやすい。カリウム欠乏症はいくつかの農作物、特にジャガイモ、アブラナ、トマト、リンゴ、スグリ、グーズベリー、ラズベリーにおいて最も一般的な生育障害である。テンサイ、穀類、シャジクソウ属も感受性である。各植物種における症状を以下に示す。カリウム欠乏症 (植物) フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト仙台・東京

    ムーンライト仙台・東京から見たアブラナアブラナ

    上述の「ゴロンと」と、房総半島の特産であるなのはなとを組み合わせたもの。ムーンライト仙台・東京 フレッシュアイペディアより)

  • 採油 (油脂)

    採油 (油脂)から見た菜種アブラナ

    加熱の終わった原料は、圧搾あるいは抽出にかけられる。圧搾には普通スクリュー式プレス機が用いられるが、圧搾法ではどうしても残留油分が多くなるので、ごま、カカオ豆など油分の多いものに用いられる方法となっている。菜種、綿実などでは、まず予備圧搾で油分をある程度搾って含油率20%程度にまでした後、溶剤抽出するのが一般的となっている。採油 (油脂) フレッシュアイペディアより)

  • 行幸湖

    行幸湖から見たアブラナアブラナ

    南端の中川対岸に位置する、桜・菜の花・アジサイなど、四季折々の花の名所。行幸湖 フレッシュアイペディアより)

200件中 41 - 50件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード