166件中 41 - 50件表示
  • 千葉県旗

    千葉県旗から見たナノハナアブラナ

    県旗は1963年7月29日の県告示第328号の2により制定。希望と発展を表す空色を地色に白抜きに県花・菜の花をイメージした薄い黄色で縁取った県章を中央に配置している。千葉県旗 フレッシュアイペディアより)

  • 佐奈川

    佐奈川から見たアブラナアブラナ

    また、豊川市内の堤防には桜の木が多数植えられており(堤防下には菜の花もある)、市内では桜トンネルや音羽川沿いの桜とともに花見スポットとして有名である。春には「佐奈川桜ウォークラリー」が行われる。市中心部の金屋橋から開運橋にかけては遊歩道が整備されており、花見シーズンには多くの人が桜や菜の花を見ながら散歩をしたり写真撮影をしたりしている。佐奈川 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たアブラナアブラナ

    他の先進国と同様、20世紀頃から農業人口は急激に減少したが、面積の広いカナダは当然耕地も多く、世界でもよく農作物を生産する国の一つとなっている。特に小麦(世界シェア6位)や大麦(世界シェア2位)などの穀類や、アブラナ(世界シェア2位)の生産高が高い。これらは主にアメリカ、ヨーロッパ、東アジアなどに輸出される。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (13世紀)

    西欧の服飾 (13世紀)から見たアブラナアブラナ

    日除けとして麦わら帽子や、コアフというぴったりしたアゴで結ぶ頭巾を被ったり、シャプロンという肩下程度の長さがある頭巾をかぶった。農作業の際には動きやすいように脇や正面にスリットを入れ、ブレーの裾に紐を付けて裾を引き上げていることも多かった。よく使われた色は青色で、ヨーロッパタイセイというアブラナの仲間からとった藍の色素で染めたものである。西欧の服飾 (13世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 恩田川

    恩田川から見たアブラナアブラナ

    稲荷坂橋を過ぎると、東京都住宅供給公社の本町田団地の中を、大谷一号橋まで通り抜ける。大谷一号橋の右岸下流側に、本町田団地の台所・三徳本町田店がある。本町田店であるが、南大谷地籍にある。南大谷地籍内は、両岸に桜が点在している。三徳の辺りの河川敷は、菜の花がある。桜橋の右岸上流側に、住宅を挟んで町田自動車教習所がある。桜橋の右岸下流側には、休憩施設がある。桜橋から梅の橋の右岸のサイクリング道路は、水面近くまで低い所を通る親水広場になっている。増水時は、この場所は通行止めになる。桜橋から小田急小田原線の鉄道橋までの右岸側には、都営南大谷アパート(団地)がある。梅の橋から石洗橋の間は、右岸にしかサイクリング道路がない。左岸は道こそあるが、小田急小田原線の築堤により寸断されている。恩田川 フレッシュアイペディアより)

  • 延岡藩

    延岡藩から見た菜種アブラナ

    内藤氏は最も長く在封し124年間この地を治めた。なお、内藤氏8代は全て養子による相続という珍しい記録を持っている。内藤氏の統治時代は財政難とそれに伴う百姓一揆に悩まされ続けた。歴代藩主は藩政改革に腐心し、特に第6代藩主・政順は商人の営業特権を強制収奪し専売制を強化した。蝋・和紙・菜種などの生産に力を注いだ。延岡藩 フレッシュアイペディアより)

  • 蕪島

    蕪島から見たナタネアブラナ

    ウミネコは漁場を知らせてくれる鳥であり、弁天様の使いとして大切にされてきた。そのため人家の近くでありながら島全体がウミネコの大繁殖地になっていて、毎年2月下旬から4月中旬にかけて飛来し、ナタネの咲き乱れる5月ごろ営巣・抱卵、6月に孵化したヒナが7月には巣立ち、8月には島を離れていく。その数約4万羽。日本には10か所ほどウミネコの繁殖地があるが、ウミネコの巣を間近に観察できる唯一の場所であることから、1922年に天然記念物に指定された。島の頂上には、ウミネコ監視員の常駐所がある。蕪島 フレッシュアイペディアより)

  • 蕪島

    蕪島から見たアブラナアブラナ

    蕪の花が咲く島。この「蕪」は野生のアブラナを指す。蕪島 フレッシュアイペディアより)

  • 虹色とうがらし

    虹色とうがらしから見た菜種アブラナ

    それぞれの名前の胡麻、麻、芥子、菜種、陳皮、山椒は七味唐辛子の材料。また江戸では七味唐辛子を「なないろとうがらし」と呼ぶ。(詳しくは七味唐辛子の項を参照)虹色とうがらし フレッシュアイペディアより)

  • サラダ油

    サラダ油から見たアブラナアブラナ

    サラダ油は日本農林規格(JAS)により定められている。従って、JAS規格のある原材料を用い、なおかつJAS認定工場で製造されたものでなければ「サラダ油」を名乗ることは出来ない。2007年6月現在、菜種、綿実、大豆、ごま、サフラワー(紅花)、ひまわり、とうもろこし、米(米糠)及び落花生にサラダ油の規格がある。また、二種類以上の植物油を混合して作られたサラダ油は調合サラダ油と呼ばれる。従って、オリーブ油や椿油のサラダ油は存在しない。ただし、これらの油を調合サラダ油の原材料として、規格の範囲で混合することは可能である。サラダ油 フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード