200件中 51 - 60件表示
  • ジメチルジスルフィド

    ジメチルジスルフィドから見たアブラナアブラナ

    コチなど一部の魚、アブラナ科の植物、ニンニクなどに含まれ、特に腐敗すると誘導体の分解により発生する。ジメチルジスルフィド フレッシュアイペディアより)

  • 油仕法

    油仕法から見た菜種アブラナ

    近世初頭において燈油を中心とする油類は生活必需品であったが、幕府の中心である江戸における油の供給は当時油問屋が集まっていた大坂に依存するところが大きかった。このため、江戸時代中期に入ると、江戸への油の安定的な供給を維持するために大坂に油の製造・販売に対する統制を原料である菜種や綿実の段階から図ろうとするようになった。油仕法 フレッシュアイペディアより)

  • 日加関係

    日加関係から見た菜種アブラナ

    2006年の統計によると、日本はカナダにとって第3位の輸出相手国 (2.1%) であり、輸入相手国としても第4位 (3.9%)であった。カナダに向けた日本の主な輸出品目は自動車である。一方カナダから日本への輸入品目は菜種・豚肉などの農産品と、石炭・木材・銅鉱などの原材料である。日加関係 フレッシュアイペディアより)

  • 笠野原台地

    笠野原台地から見たアブラナアブラナ

    区画整理と上水道の整備後も依然として農業用水は不十分な状態が続き、乾燥に強いサツマイモやアブラナなど限られた作物しか作られず、しばしば旱魃に見舞われ農業生産は不安定であった。そこで1955年(昭和30年)から国営笠野原畑地灌漑事業が実施されることになった。具体的には高隈ダムを建設し、それによる畑地灌漑により米の増産を計画であったものの、膨大な開発負担金や開発者の非民主的対応、長年の農政不信などの要因が重なり、農民間の対立が発生し開発反対運動が繰り広げられた。更に高隈ダム建設による集落水没に対する反対勢力が加わったことから運動は大規模になり、脅迫事件や暴力事件が発生するまでに至ったが、1962年(昭和37年)には補償問題が解決し、1967年(昭和42年)に高隈ダムが完成した。大規模な灌漑が行われるようになってから野菜や飼料作物が栽培されるようになり、鹿児島県内有数の畑作・畜産地帯となった。笠野原台地 フレッシュアイペディアより)

  • 太田功平

    太田功平から見た菜種アブラナ

    太田 功平(おおた こうへい、1893年9月2日 - 1930年12月4日)は、日本の農学者、教育者。菜種の新品種「六ツ美種」の開発者として知られる。太田功平 フレッシュアイペディアより)

  • シラス台地

    シラス台地から見たアブラナアブラナ

    台地上の開発は近世以降、特にサツマイモが栽培されるようになってから急速に進展し、ダイズ、アブラナ、陸稲、アワ、ソバ、ムギなども栽培されるようになった。特にサツマイモ、ダイズ、アブラナはそれぞれ炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素を受け持ち、シラス台地の三大作物と呼ばれるほどに普及した。農民による開発に加えて武士による開発も盛んに行われ、飢饉が発生した地域から台地上への移住がしばしば行われた。開発においては水の確保が課題であり、特に笠野原型シラス台地においては深い井戸を掘ったり馬で水を運び上げなければならなかった。他の型のシラス台地においても水源は限られており、水の運搬や水利権の調整などの苦労があった。シラス台地 フレッシュアイペディアより)

  • 香良洲町

    香良洲町から見た菜種アブラナ

    江戸時代には伊勢国一志郡矢野村として津藩の配下にあった。文禄4年(1595年)から慶長13年(1608年)までは、安濃津城主の富田氏が領地としていた。村高は『文禄3年高調』では761石だったが、『天保郷帳』では1,667石に増加している。これは江戸時代を通して行われた新田開発が寄与している。村人の半数が農業に従事し、イネ・ムギのほか、菜種・藍・綿といった工芸作物、ウリやスイカといった野菜も栽培していた。香良洲町 フレッシュアイペディアより)

  • ダッセル

    ダッセルから見たアブラナアブラナ

    ダッセルはアインベックの西、ゾリングの北東辺縁部、ホルツベルク山地の南から南東部、アムツベルゲ山地の南、エレンザーの森の西にあたる。すなわち、ダッセルはドイツに98ある自然公園の1つであるゾリング=フォーグラー自然公園の端にあたる。海抜528mを最高地点とするゾリング山地のブンテル砂岩の山並みがダッセルの市境に延びている。緩やかな牧草地の谷や清らかな小川によって細かく分割されたアブラナ、カブ、穀物の畑が絵のような風景を創り出している。市内をシュピュリヒバッハ川が流れ、ダッセルの南東わずか数百 m の場所でイルメ川に注いでいる。ダッセル フレッシュアイペディアより)

  • 工芸作物

    工芸作物から見たナタネアブラナ

    油用作物:菜種・荏胡麻・ヒマワリ等工芸作物 フレッシュアイペディアより)

  • 国営備北丘陵公園

    国営備北丘陵公園から見たナノハナアブラナ

    春まつり (4月上旬?5月GW)……ナノハナ、チューリップ、ポピー、スイセンが開花。伝統芸能の神楽、たたら鉄づくり、体験型イベント。国営備北丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

200件中 51 - 60件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード