166件中 61 - 70件表示
  • ブラシカステロール

    ブラシカステロールから見たアブラナアブラナ

    ブラシカステロール (brassicasterol) は28個の炭素からなる骨格を持つステロールであり、単細胞の藻類(植物プランクトン)やアブラナ (Brassica) などの陸生植物によって生合成される。生態系中における(海洋性)藻類の存在を示す生物マーカーとしてしばしば使われる。ブラシカステロール フレッシュアイペディアより)

  • 大山崎油座

    大山崎油座から見た菜種アブラナ

    かつて荏胡麻油で市場を席捲した大山崎油座の崩壊と連動するかのように、近世に入ると菜種油が主流となり、荏胡麻からの搾油も次第に行われなくなっていった。しかし、大山崎が製油の中心地としての地位を失った後も、離宮八幡宮は油売買の守護神として全国の商人から崇敬され、毎年12月には油商人が山崎に集まり、「判紙の会」という儀式が行われていたという。とはいえ、前述の如く氏子組織もなかったため、離宮八幡宮は衰微に傾く一方であり、江戸時代を通じて次第に日使頭祭は行われなくなっていき、明治維新後には完全に断絶した。大山崎油座 フレッシュアイペディアより)

  • 大山崎油座

    大山崎油座から見たアブラナアブラナ

    油の原料としては、荏胡麻、胡麻、海石榴(ツバキ)、魚脂などがあったが、なかでも荏胡麻が主要原料であった。荏胡麻は古代には主に食用として用いられることが多かったが、種子から油を取る方法が開発されたのに伴い、製油を目的に栽培されるようになったものである。なお中世後期から近世にかけて油の原料として新たにゴマ、綿実、菜種などが加わり、油そのものの用途も多様化していく。大山崎油座 フレッシュアイペディアより)

  • 十三塚原

    十三塚原から見たアブラナアブラナ

    集落の多くは移住者が起源となっており、上野は桜島の安永噴火による移住、迫間と糸走は幕末期の川辺からの移住による。一部に水源があるとはいえ台地上の大部分は水が乏しい火山灰地質であったため、昭和初期までの主要作物は菜種であった。春先には菜の花が咲き乱れ、多くの花見客が訪れたといわれる。十三塚原 フレッシュアイペディアより)

  • ネコブカビ類

    ネコブカビ類から見たアブラナアブラナ

    ネコブカビ属(Plasmodiophora)は、1877年にキャベツの根こぶ病の病原体としてボロニンに発見された。この種 P. brassicae は他にアブラナやダイコンなどのアブラナ科植物の根に寄生し、根の肥大と異常な枝分かれを引き起こし、次第に地上部の発育にも悪影響を及ぼす。この菌は休眠胞子で土壌中で何年も生き延びるため、根絶が難しい。また、アブラナ科の雑草や、それ以外の若干の植物にも寄生することが知られており、そこで生き延びて感染源となる可能性も指摘されている。ネコブカビ類 フレッシュアイペディアより)

  • ギャンツェ県

    ギャンツェ県から見たアブラナアブラナ

    チベット中南部のヒマラヤ山脈とカンディセ山脈との間の山谷内に位置し、ヤルンツァンポ川の支流ニャンチュ川を県境とする。全域の気候は温和、日照も充分で、物産は豊富。経済は農業が主で、主にハダカムギ、エンドウマメ、コムギ、アブラナ等を産するチベットの最も主要な食糧生産基地の一つであり、「後蔵の糧倉」の称を有す。当地で作られる絨毯は1200年の歴史があり評判がある。ギャンツェ県 フレッシュアイペディアより)

  • 麦屋節

    麦屋節から見た菜種アブラナ

    唄の歌詞には「波の屋島を遠くのがれ来て」、「烏帽子狩衣脱ぎうちすてて」、「心淋しや落ち行く道は」など落ち行く平家一門の姿を唄っているため、砺波山(倶利伽羅峠)での源平の合戦(倶利伽羅峠の戦い)に敗北した平家一門が落ちのびて庄川上流の五箇山に隠れ住み、絶望的な生活から刀や弓矢を持つ手を鍬や鋤(すき)に持ち替え、麦や菜種を育て安住の地とし、在りし日の栄華を偲んで農耕の際に唄ったのが麦屋節の発祥と伝えられ、平紋弥(もんや)が伝え教えた「もんや節」と呼ばれたものが、唄の出だしが「麦や菜種は」と唄われるため、麦屋節に変化したといわれているが、能登の「能登麦屋節」や祝儀唄である「まだら」が元唄で、商人や五箇山民謡の一つである「お小夜節」の主人公お小夜が伝えた説など諸説ある。麦屋節 フレッシュアイペディアより)

  • 寿県

    寿県から見たアブラナアブラナ

    穀物や植物油の生産が盛んで、主な産品は米、小麦、油菜、綿花など。中国政府の貧困農民扶養開発計画の重点地区の一つでもある。寿県の県城より西にある古い町・正陽関は淮河、淠河、潁河の三川合流の地であり、千年以上にわたり物資集散で栄え、大きな河港が設けられていた。寿県 フレッシュアイペディアより)

  • モンシロチョウ

    モンシロチョウから見たアブラナアブラナ

    全世界の温帯、亜寒帯に広く分布する。広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれており、そのうち日本に分布するのは亜種 P. r. crucivora とされている。幼虫の食草はキャベツ、アブラナ、ブロッコリーなどのアブラナ科植物なので、それらの農作物の栽培に伴って分布を広げてきた。日本のモンシロチョウは奈良時代に大根の栽培と共に移入されたと考えられている。北米では、1860年頃カナダのケベック州に移入され、現在では北はカナダ・アラスカ南部から南はメキシコ北部まで分布する。分布域を広げるためか、まれに大群を作って移動することがある。モンシロチョウ フレッシュアイペディアより)

  • 旗本札

    旗本札から見た菜種アブラナ

    大和国は日本における商品経済の最先進地域の一つである。札遣いも、藩札、旗本札のほか、日本最古の紙幣として知られる伊勢国の山田端書に類似した発行形態で、吉野郡の自治組織が幕府の許可を得て発行した御免銀札、大寺院や神社が発行した寺社札など、多種多様な紙幣が発行された。また、この地域の経済は、肥料(干鰯や油粕など)の購入や商品作物(木綿、菜種、茶など)の売却のために在郷町が発達し、また主な流通経路である河内国や和泉国、山城国との経済的なつながりが強かった。このため、この地域で発行された藩札、旗本札、寺社札などで、発行元によっては、国境を超えた地に居住する者たちを含め、きわめて多様な引請人を持つ場合がある。また、奈良盆地は米どころであり、米手形形式の銀札の発行例が多い。旗本札 フレッシュアイペディアより)

166件中 61 - 70件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード