200件中 61 - 70件表示
  • 田畑勝手作禁止令

    田畑勝手作禁止令から見た菜種アブラナ

    江戸幕府は石高制を採用して米主体(農本主義)を経済政策の基本としていた。この為、寛永20年(1643年)にこの法令を出して米を作るべき田畑において木綿・煙草・菜種等の商品作物の栽培を禁止する法令を出したのである。田畑勝手作禁止令 フレッシュアイペディアより)

  • サン=プリエスト

    サン=プリエストから見たナタネアブラナ

    ルノートラックやKLMの工場がある。コミューン東部は現在も農業生産地(ナタネやヒマワリの栽培)である。サン=プリエスト フレッシュアイペディアより)

  • 花鳥山遺跡

    花鳥山遺跡から見たアブラナアブラナ

    また、エゴマは栽培植物として縄文農耕論の立場から注目されているが、住居床下から発見された炭化種子塊は国内最古級の資料で、1975年(昭和50年)に長野県の大石遺跡で発見された縄文中期の資料を更新することとなった。ほか、水洗選別により栽培種ではシソ、アブラナ類、ニワトコ、シロザ、スベリヒユ、ミズキなどが検出され、雑草ではエノキグサが検出されている。花鳥山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • ブラシカステロール

    ブラシカステロールから見たアブラナアブラナ

    ブラシカステロール (brassicasterol) は28個の炭素からなる骨格を持つステロールであり、単細胞の藻類(植物プランクトン)やアブラナ (Brassica) などの陸生植物によって生合成される。生態系中における(海洋性)藻類の存在を示す生物マーカーとしてしばしば使われる。ブラシカステロール フレッシュアイペディアより)

  • レーネ

    レーネから見たナタネアブラナ

    レーネの面積は約 60 km2 で、南北 9 km、東西 7 km の広がりを持つ。本市は人口密度が高く、宅地化が強く進行している。本市は、オストヴェストファーレン=リッペ北部の人口密集地域の一部である。この人口密集地域は、ギュータースロー郡からビーレフェルトやヘルフォルトを経てミンデンにまで広がっている。ゴーフェルト市区の大部分を、バート・エーンハウゼンと一体化した住宅地が占めている。広範囲にわたる肥沃な土地は、主に穀物、トウモロコシ、ナタネの農耕に集約的に利用されている。森林は少ない。以下の表に土地利用の詳細を示す。レーネ フレッシュアイペディアより)

  • キルヒレンゲルン

    キルヒレンゲルンから見たアブラナアブラナ

    キルヒレンゲルンは古くからの入植地で、昔から農業に利用されてきた。町域の南部は、ビュンデ、ヒデンハウゼン、レーネとほぼ一体化している。町の北部は比較的人口密度が低いが、ここでも、町内全域がそうであるように、森は極めて希である。町内の肥沃な黄土地域では、穀物やトウモロコシ、アブラナが栽培されている。以下の表に土地利用の詳細を示す。キルヒレンゲルン フレッシュアイペディアより)

  • ヒデンハウゼン

    ヒデンハウゼンから見たアブラナアブラナ

    ヒデンハウゼンは宅地化が著しく、ヘルフォルト市やビュンデ市と大きな一塊の住宅地を形成している。宅地化が強く進行しているヘルフォルト郡の中でも最も人口密度が高い。住宅地でない箇所にも森はほとんどない。この地域は、その肥沃さのため、古くからの入植地の一つに数えられ、ヘルフォルト郡の他の地域と同様に集約的に農業に利用されている。豊穣な黄土の土地では主に穀物やトウモロコシが栽培されているが、アブラナも徐々に増えている。以下の表に2013年12月31日現在の土地利用の詳細を示す。ヒデンハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • ビュンデ

    ビュンデから見たナタネアブラナ

    市域は宅地化が強く進行している。ビュンデの中核市部周辺には、かつては独立した自治体をなしていた数多くの住宅地中心街がある。特に南部は、ヘルフォルト市やヒデンハウゼンとともに広域な住宅集中地域が形成されている。宅地でない部分にも大きな森は存在していない。この地域は肥沃なことから古くからの入植地であり、ヘルフォルト郡の他の地域同様、集約的に農業に利用されてきた。冬にしばしば氾濫するエルゼ川沿いの草地は粗放的に農業利用された。豊穣な黄土地域では、主に穀物やトウモロコシ、あるいはナタネが栽培された。以下の表に、2012年12月31日現在の詳細な土地利用状況を表示する。ビュンデ フレッシュアイペディアより)

  • 白馬鎮 (鄲城県)

    白馬鎮 (鄲城県)から見たナタネアブラナ

    毎年小麦が4万トン以上収穫できるほか、大豆、トウモロコシ、サツマイモ、ナタネ、綿なども収穫できる。白馬鎮 (鄲城県) フレッシュアイペディアより)

  • 蕪島

    蕪島から見たナタネアブラナ

    ウミネコは漁場を知らせてくれる鳥であり、弁天様の使いとして大切にされてきた。そのため人家の近くでありながら島全体がウミネコの大繁殖地になっていて、毎年2月下旬から4月中旬にかけて飛来し、ナタネの咲き乱れる5月ごろ営巣・抱卵、6月に孵化したヒナが7月には巣立ち、8月には島を離れていく。その数約4万羽。日本には10か所ほどウミネコの繁殖地があるが、ウミネコの巣を間近に観察できる唯一の場所であることから、1922年に天然記念物に指定された。島の頂上には、ウミネコ監視員の常駐所がある。蕪島 フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード