166件中 71 - 80件表示
  • やぶさめのため池

    やぶさめのため池から見たナノハナアブラナ

    2007年(平成19年)に「市山環境保全会」を結成し、2年をかけ池周辺の整備と下流の棚田を再生させし、ナノハナやコスモスを植栽し小学生と共にの棚田の農業の場体験学習や自然環境の保全や学習の場および地元住民の交流の場として、地域住民の力により再生された9面棚田を灌漑するため池である 。やぶさめのため池 フレッシュアイペディアより)

  • Α-リノレン酸

    Α-リノレン酸から見たアブラナアブラナ

    種油にはα-リノレン酸が含まれているものがあり、エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマに含まれている。その他の食用油には含まれていないか、わずかしか含まれていない。Α-リノレン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 油粕

    油粕から見たナタネアブラナ

    日本で流通している油粕は菜種から油を採った菜種粕(なたねかす)が多い。他に綿の種から油を採った綿実粕(めんじつかす)、茶実から油を採った茶実粕(ちゃじつかす)、大豆の実から油を採った大豆粕などがある。油粕 フレッシュアイペディアより)

  • 油粕

    油粕から見たアブラナアブラナ

    油粕(あぶらかす、油糟)は、アブラナなどの農作物から油を搾り取った残渣である。油粕 フレッシュアイペディアより)

  • 田畑勝手作禁止令

    田畑勝手作禁止令から見た菜種アブラナ

    江戸幕府は石高制を採用して米主体(農本主義)を経済政策の基本としていた。このため、寛永20年(1643年)にこの法令を出して米を作るべき田畑において木綿・煙草・菜種などの商品作物の栽培を禁止する法令を出したのである。田畑勝手作禁止令 フレッシュアイペディアより)

  • 北竜湖

    北竜湖から見たアブラナアブラナ

    北竜湖(ほくりゅうこ)は、長野県飯山市にある湖。周囲を走る断層と、火山の爆発によってできたくぼみに水がたまってできた天然湖である。古くは北竜池、早乙女池と呼ばれた。豪雪地帯にあり周囲2.4ヘクタールほどの面積から雪解け水や雨水を集め、春は満々と水を湛えている。春に咲く湖畔の菜の花畑は有名。北竜湖 フレッシュアイペディアより)

  • Ω-3脂肪酸

    Ω-3脂肪酸から見たアブラナアブラナ

    種油にはω-3脂肪酸のα-リノレン酸(ALA)が豊富に含まれているものも一部にあり、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、特にエゴマ、アマ、アサなどに含まれている。Ω-3脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • 国営ひたち海浜公園

    国営ひたち海浜公園から見たナノハナアブラナ

    春はナノハナ、夏はジニアが咲きそろう。国営ひたち海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ属

    アブラナ属から見たアブラナアブラナ

    B. rapa - アブラナ(在来種)、ミズナ、カブ、ノザワナ、コマツナ、ハクサイ、チンゲンサイアブラナ属 フレッシュアイペディアより)

  • 能古島

    能古島から見たアブラナアブラナ

    のこのしまアイランドパーク - 春の菜の花・秋のコスモス・冬の水仙が有名。能古島 フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード