166件中 81 - 90件表示
  • 墨

    から見たアブラナアブラナ

    油煙は、煤の粒子が細かく均一で、黒色に光沢と深味がある。製法は土器に、油を入れ灯芯をともし、土器の蓋についた煤を集めて作る。油は、菜種が最適とされるが、他にゴマ油や大豆油、ツバキ、キリなどがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 農民運動全国連合会

    農民運動全国連合会から見たナタネアブラナ

    2006年現在では、2004年に日本で初めて自生が確認され、「交雑しやすく、広がる恐れがある」とされる遺伝子組み換えナタネの現地生息調査も行っている。農民運動全国連合会 フレッシュアイペディアより)

  • ノーフォーク

    ノーフォークから見たナタネアブラナ

    20世紀に入ると、ノーフォークの航空界での役割が増した。まず第一次世界大戦の際に飛行場が発達し、第二次世界大戦中のイギリス空軍 (RAF) の発展と多くのノーフォークの飛行場を基地としたアメリカ第8空軍の合流により大規模展開が見られた。第二次世界大戦中、農業は急速に強化され、以降も穀類ならびにナタネの大規模農場の確立とともに盛んである。ノーフォークは、低地と、多くが石灰と粘土であって侵蝕されやすい崖のため海の影響を受けやすい。最近の大きな被害としては1953年の北海水害がある。ノーフォーク フレッシュアイペディアより)

  • ブラッシカ・ラパ

    ブラッシカ・ラパから見たアブラナアブラナ

    B. rapa var. nippo-oleifera - アブラナブラッシカ・ラパ フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見たアブラナアブラナ

    側窓はドア間の2連窓はいずれも開閉可能な下降窓、車端部は固定窓としている。ロールカーテンは千葉県の花であるナノハナを温暖な丘陵に一面に咲かせたイメージを表現した。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 巾着田

    巾着田から見たアブラナアブラナ

    毎年9月?10月にかけて高麗川沿いの河川敷にある5.5ヘクタールの群生地にヒガンバナ(彼岸花、曼珠沙華)が見頃になる(「200万本の曼珠沙華」を標榜する)。日本一のヒガンバナ群生地であり、祭り等も開催されたくさんの観光客で賑わう。近年ことに西武鉄道の宣伝などによりさらに観光客が増える傾向にある。またヒガンバナ以外にも春にはサクラや菜の花が見頃を迎える。夏になるとアジサイやハスが、秋には、コスモスも見ることができる。また、カワセミやムササビなど、さまざまな種類の野鳥や小動物を観察することもできる。巾着田 フレッシュアイペディアより)

  • 西田平駅

    西田平駅から見たアブラナアブラナ

    春には駅の周りの田んぼに、地元農家が植えた菜の花が咲く。西田平駅 フレッシュアイペディアより)

  • ダッセル

    ダッセルから見たアブラナアブラナ

    ダッセルはアインベックの西、ゾリングの北東辺縁部、ホルツベルク山地の南から南東部、アムツベルゲ山地の南、エレンザーの森の西にあたる。すなわち、ダッセルはドイツに98ある自然公園の1つであるゾリング=フォーグラー自然公園の端にあたる。海抜528mを最高地点とするゾリング山地のブンテル砂岩の山並みがダッセルの市境に延びている。緩やかな牧草地の谷や清らかな小川によって細かく分割されたアブラナ、カブ、穀物の畑が絵のような風景を創り出している。市内をシュピュリヒバッハ川が流れ、ダッセルの南東わずか数百 m の場所でイルメ川に注いでいる。ダッセル フレッシュアイペディアより)

  • 倍数性

    倍数性から見たアブラナアブラナ

    上記 2 つの植物は、A ゲノム種(B. rapa、2n = 20 : ハクサイ・日本在来アブラナなど)、B ゲノム種(B. nigra、2n = 16 : セイヨウカラシナ)、C ゲノム種(B. oleracea、2n = 18 : キャベツ・ケールなど)のゲノムを持つ複二倍体である。倍数性 フレッシュアイペディアより)

  • なのはなフラワーズ

    なのはなフラワーズから見たアブラナアブラナ

    四畳半一間・風呂なし・トイレ共用の女性限定の安アパート。建物は2階建てのL字型。庭になのはなが咲くことが、命名の理由の一つである。なのはなフラワーズ フレッシュアイペディアより)

166件中 81 - 90件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード