200件中 81 - 90件表示
  • 耒陽市

    耒陽市から見たアブラナアブラナ

    農業は稲、綿、油菜、甘薯などが主としており、中国の茶油の産地の一つでもある。耒陽市 フレッシュアイペディアより)

  • 富田六郷

    富田六郷から見た菜種アブラナ

    まきた又はまいたと言う。伊勢国朝明郡の村名。桑名藩領。朝明川下流左岸の沖積地に位置する。蒔田地内長明寺は中世期に蒔田氏の拠点の蒔田城跡とされる。永禄三年の保内商人申状案に見える地名である。保内商人が伊勢街道通行の木綿・真面荷を差し押さえた事例として、7年前・8年前以前(まい田)商人の真綿・芋を千草街道山中で差し押さえて、峠の宿善座衛門に預け置いたと記述されている。村高は341石。東海道が南北に通り、集落は街道沿いに街村を構成している。助郷は東海道桑名宿・四日市宿へ出没する。浄土真宗本願寺派朝明山長明寺があり、その北に隣接して蒔田観音寺と神明寺がある。観音寺は竜王山宝性寺とも云い、建物は享保年間の作品で、昭和52年に四日市市文化財となる。明治22年の戸数は64軒、人口311人。江戸末期から地内に大矢知素麺を製造する農家が多い。菜種・油菜の栽培も多くて、採油業も行われた。繊維産業・食品加工業・孵卵産業が昭和時代に発展した。蒔田村は四日市市蒔田1丁目?四日市市蒔田4丁目・四日市市川北1丁目となる。富田六郷 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (13世紀)

    西欧の服飾 (13世紀)から見たアブラナアブラナ

    日除けとして麦わら帽子や、コアフというぴったりしたアゴで結ぶ頭巾を被ったり、シャプロンという肩下程度の長さがある頭巾をかぶった。農作業の際には動きやすいように脇や正面にスリットを入れ、ブレーの裾に紐を付けて裾を引き上げていることも多かった。よく使われた色は青色で、ヨーロッパタイセイというアブラナの仲間からとった藍の色素で染めたものである。西欧の服飾 (13世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 桜トンネル (豊川市)

    桜トンネル (豊川市)から見たアブラナアブラナ

    桜トンネルの東側にある佐奈川も桜並木となっており、遊歩道やベンチも整備されている。桜だけでなく菜の花も美しく、春には花を見ながら散歩している人が多く見受けられる。桜トンネル (豊川市) フレッシュアイペディアより)

  • ノーフォーク

    ノーフォークから見たナタネアブラナ

    20世紀に入ると、ノーフォークの航空界での役割が増した。まず第一次世界大戦の際に飛行場が発達し、第二次世界大戦中のイギリス空軍 (RAF) の発展と多くのノーフォークの飛行場を基地としたアメリカ第8空軍の合流により大規模展開が見られた。第二次世界大戦中、農業は急速に強化され、以降も穀類ならびにナタネの大規模農場の確立とともに盛んである。ノーフォークは、低地と、多くが石灰と粘土であって侵蝕されやすい崖のため海の影響を受けやすい。最近の大きな被害としては1953年の北海水害がある。ノーフォーク フレッシュアイペディアより)

  • 北竜湖

    北竜湖から見たアブラナアブラナ

    北竜湖(ほくりゅうこ)は、長野県飯山市にある湖。周囲を走る断層と、火山の爆発によって出来たくぼみに水が溜まって出来た天然湖である。古くは北竜池、早乙女池と呼ばれた。豪雪地帯にあり周囲2.4ヘクタールほどの面積から雪解け水や雨水を集め、春は満々と水を湛えている。春に咲く湖畔の菜の花畑は有名。北竜湖 フレッシュアイペディアより)

  • 麻婆茄子

    麻婆茄子から見たアブラナアブラナ

    「魚香(ユーシャン)」とは泡辣椒(パオラージャオ)という、唐辛子をフナと一緒に塩漬けした辛味とニンニク、ショウガが効かせ、酢を隠し味に使った風味のこと。魚を使わずに、魚の様なうま味を作り出す手法で、他にナスではなく、豚肉や鶏肉の細切り、アブラナなどを使う場合がある。麻婆茄子 フレッシュアイペディアより)

  • 油粕

    油粕から見たナタネアブラナ

    日本で流通している油粕は菜種から油を採った菜種粕(なたねかす)が多い。他に綿の種から油を採った綿実粕(めんじつかす)、茶実から油を採った茶実粕(ちゃじつかす)、大豆の実から油を採った大豆粕(豆粕)などがある。かつては、胡麻や荏胡麻の実から採ったものも用いられた。油粕 フレッシュアイペディアより)

  • 油粕

    油粕から見たアブラナアブラナ

    油粕(あぶらかす、油糟)は、アブラナなどの農作物から油を搾り取った残渣である。油粕 フレッシュアイペディアより)

  • シラス (地質)

    シラス (地質)から見たアブラナアブラナ

    水はけが良すぎる為に稲作には不向きな上に栄養分も乏しく、そのような土壌でも育つサツマイモや桜島大根を代表とするダイコン、ダイズ、アブラナ等が主産品となった。また鹿児島ではサツマイモを食べさせる事により独特な風味を持つ黒豚の養豚も盛んになった。肉牛の生産も盛んである(北海道に次いで全国2位:2008年)。シラス (地質) フレッシュアイペディアより)

200件中 81 - 90件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード