前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • アブラナ

    アブラナから見た野菜

    植物油の原料として栽培されているのは、ほとんどが別種のセイヨウアブラナ(西洋油菜、学名:B. napus)であり、在来種のアブラナは野菜として生産され、開花前に収穫されてしまう事が多い。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た国際連合食糧農業機関

    世界的にセイヨウアブラナ種子の生産量は年々増加していて、4600万トンを超え、主要生産国は中華人民共和国、カナダ、インド、ドイツ、フランスなど(FAOの2005年の資料から)。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た花粉

    アブラナ科植物は形態的な変異に富んでいるが、その見た目とは反対に交雑して雑種が生まれ易い。すなわち、同種だけでなく他種の花粉によって結実してしまうもので、学術的な分類の困難な品種も多い。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た風物詩

    丈夫で育てやすく、広く栽培されたなじみ深い作物だった。また、菜種畑は明るい黄色が畑を覆う「菜の花畑」として春の風物詩とされ、歌や文学作品の題材となるが、明治時代以降はセイヨウアブラナに置き換わっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たカブ

    江戸時代になって、植物油の採油目的として栽培され、その油は菜種油と呼ばれた。菜種油は、主に灯油原料として利用され、生活に密着したものとなった。そのため、菜種という言葉は、一般的な植物(作物)名として定着したのであった。また、一般にアブラナ属植物の種子からは油が採取でき、カラシナやカブも利用されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たミズナ

    B. rapa var. nipposinica - ミズナアブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た遺伝子組み換え

    いずれも遺伝子組み換え品種の導入が盛んで、特定の除草剤に耐性をもつものが広く導入されている。日本では組換え作物の生産は行われていない。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た白絞油

    種子の含油量40%、比重0.9、搾り取った菜種油は食用油、灯火、潤滑油の原料となる。精製したものは「白絞油(しらしめゆ)」または「水晶油」。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た育種学

    近年の菜種油は、成分育種が進んでおり、有害なエルカ酸(エルシン酸とも)を含まないエルシン酸フリー品種が主流である。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た佐野市

    本来は菜、つまり葉物野菜として利用され、古事記では吉備の菘菜(あおな)、万葉集では佐野の茎立(くくたち)として登場し、花芽についても、延喜式に記されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード