61件中 11 - 20件表示
  • アブラナ

    アブラナから見た中華人民共和国

    世界的にセイヨウアブラナ種子の生産量は年々増加していて、4600万トンを超え、主要生産国は中華人民共和国、カナダ、インド、ドイツ、フランスなど(FAOの2005年の資料から)アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た遺伝子組み換え

    いずれも遺伝子組み換え品種の導入が盛んで、特定の除草剤に耐性をもつものが広く導入されている。日本では組換え作物の生産は行われていない。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た白絞油

    種子の含油量40%、比重0.9、搾り取った菜種油は食用油、灯火、潤滑油の原料となる。精製したものは「白絞油(しらしめゆ)」または「水晶油」。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た雑草

    原種は、西アジアから北ヨーロッパの大麦畑に生えていた雑草で、農耕文化と共に移動したと考えられている。漢代の中国に渡ると栽培作物となり多様な野菜を生むなど、東アジアで古くから栽培されている。日本では弥生時代以降から利用されたとみられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た佐野市

    本来は菜、つまり葉物野菜として利用され、古事記では吉備の菘菜(あおな)、万葉集では佐野の茎立(くくたち)として登場し、花芽についても、延喜式に記されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たハクサイ

    B. rapa var. pekinensis - ハクサイアブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た潤滑油

    種子の含油量40%、比重0.9、搾り取った菜種油は食用油、灯火、潤滑油の原料となる。精製したものは「白絞油(しらしめゆ)」または「水晶油」。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たブラッシカ・ラパ

    原種は、西アジアから北ヨーロッパの大麦畑に生えていた雑草で、農耕文化と共に移動したと考えられている。漢代の中国に渡ると栽培作物となり多様な野菜を生むなど、東アジアで古くから栽培されている。日本では弥生時代以降から利用されたとみられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たカラシナ

    江戸時代になって、植物油の採油目的として栽培され、その油は菜種油と呼ばれた。菜種油は、主に灯油原料として利用され、生活に密着したものとなった。そのため、菜種という言葉は、一般的な植物(作物)名として定着したのであった。また、一般にアブラナ属植物の種子からは油が採取でき、カラシナやカブも利用されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たノザワナ

    B. rapa var. hakabura - ノザワナアブラナ フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード