67件中 21 - 30件表示
  • アブラナ

    アブラナから見た長島町 (三重県)

    市場では、上記の蕾の時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たマスタード

    マスタードと同様に、種子(菜種)が薬味などに用いられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たアブラナ属

    アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または蕓薹と呼ばれた。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た

    市場では、上記のの時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た雑種

    アブラナ科植物は形態的な変異に富んでいるが、その見た目とは反対に交雑して雑種が生まれ易い。すなわち、同種だけでなく他種の花粉によって結実してしまうもので、学術的な分類の困難な品種も多い。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た

    丈夫で育てやすく、広く栽培されたなじみ深い作物だった。また、菜種畑は明るい黄色が畑を覆う「菜の花畑」として春の風物詩とされ、や文学作品の題材となるが、明治時代以降はセイヨウアブラナに置き換わっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た菜種油

    江戸時代になって、植物油の採油目的として栽培され、その油は菜種油と呼ばれた。菜種油は、主に灯油原料として利用され、生活に密着したものとなった。そのため、菜種という言葉は、一般的な植物(作物)名として定着したのであった。また、一般にアブラナ属植物の種子からは油が採取でき、カラシナやカブも利用されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た文学

    丈夫で育てやすく、広く栽培されたなじみ深い作物だった。また、菜種畑は明るい黄色が畑を覆う「菜の花畑」として春の風物詩とされ、歌や文学作品の題材となるが、明治時代以降はセイヨウアブラナに置き換わっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た弥生時代

    原種は、西アジアから北ヨーロッパの大麦畑に生えていた雑草で、農耕文化と共に移動したと考えられている。漢代の中国に渡ると栽培作物となり多様な野菜を生むなど、東アジアで古くから栽培されている。日本では弥生時代以降から利用されたとみられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た中華人民共和国

    世界的にセイヨウアブラナ種子の生産量は年々増加していて、4600万トンを超え、主要生産国は中華人民共和国、カナダ、インド、ドイツ、フランスなど(FAOの2005年の資料から)。アブラナ フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード