61件中 41 - 50件表示
  • アブラナ

    アブラナから見たアブラナ科

    アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または菜薹と呼ばれた。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た桑名市

    市場では、上記の蕾の時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た

    市場では、上記のの時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た雑種

    アブラナ科植物は形態的な変異に富んでいるが、その見た目とは反対に交雑して雑種が生まれ易い。すなわち、同種だけでなく他種の花粉によって結実してしまうもので、学術的な分類の困難な品種も多い。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た館山市

    国内の栽培面積では、北海道が最大で、特に滝川市が多い。また、青森県横浜町、次いで、秋田県の作付けが大きい。千葉県の房総半島南部(館山市、南房総市、鴨川市など)の栽培は、統計上大きくはないが、県の花になっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た油粕

    油粕」と言えば「菜種油粕」を指すほど、菜種の絞り粕はよい肥料にもなった。成分は窒素約5%、五酸化リン約2.5%。大豆と違って飼料にされなかったのは、エルカ酸でなく主にグルコシノレートを含んでいたため。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た食用油

    種子の含油量40%、比重0.9、搾り取った菜種油は食用油、灯火、潤滑油の原料となる。精製したものは「白絞油(しらしめゆ)」または「水晶油」。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た肥料

    「油粕」と言えば「菜種油粕」を指すほど、菜種の絞り粕はよい肥料にもなった。成分は窒素約5%、五酸化リン約2.5%。大豆と違って飼料にされなかったのは、エルカ酸でなく主にグルコシノレートを含んでいたため。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た

    丈夫で育てやすく、広く栽培されたなじみ深い作物だった。また、菜種畑は明るい黄色が畑を覆う「菜の花畑」として春の風物詩とされ、や文学作品の題材となるが、明治時代以降はセイヨウアブラナに置き換わっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た菜種油

    江戸時代になって、植物油の採油目的として栽培され、その油は菜種油と呼ばれた。菜種油は、主に灯油原料として利用され、生活に密着したものとなった。そのため、菜種という言葉は、一般的な植物(作物)名として定着したのであった。また、一般にアブラナ属植物の種子からは油が採取でき、カラシナやカブも利用されている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード