1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • アブラナ

    アブラナから見た秋田県

    国内の栽培面積では、北海道が最大で、特に滝川市が多い。また、青森県横浜町、次いで、秋田県の作付けが大きい。千葉県の房総半島南部(館山市、南房総市、鴨川市など)の栽培は、統計上大きくはないが、県の花になっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た三重県

    市場では、上記の蕾の時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た千葉県

    国内の栽培面積では、北海道が最大で、特に滝川市が多い。また、青森県横浜町、次いで、秋田県の作付けが大きい。千葉県の房総半島南部(館山市、南房総市、鴨川市など)の栽培は、統計上大きくはないが、県の花になっている。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たヨーロッパ

    原種は、西アジアから北ヨーロッパの大麦畑に生えていた雑草で、農耕文化と共に移動したと考えられている。漢代の中国に渡ると栽培作物となり多様な野菜を生むなど、東アジアで古くから栽培されている。日本では弥生時代以降から利用されたとみられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た大豆粕

    一般的に「油粕」と言えば「菜種油粕」を指し、菜種の絞り粕はよい肥料にもなった。成分は窒素約5%、五酸化リン約2.5%。大豆粕と違って飼料にされなかったのは、エルカ酸でなく主にグルコシノレートを含んでいたため。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見た在来種

    植物油の原料として栽培されているのは、ほとんどが別種のセイヨウアブラナ(西洋油菜、学名:B. napus)であり、在来種のアブラナは野菜として生産され、開花前に収穫されてしまう事が多い。アブラナ フレッシュアイペディアより)

  • アブラナ

    アブラナから見たアジア

    原種は、西アジアから北ヨーロッパの大麦畑に生えていた雑草で、農耕文化と共に移動したと考えられている。漢代の中国に渡ると栽培作物となり多様な野菜を生むなど、東アジアで古くから栽培されている。日本では弥生時代以降から利用されたとみられる。アブラナ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード