297件中 21 - 30件表示
  • 千秋

    千秋 (タレント)から見た華原朋美華原朋美

    音楽関係においては、岡本真夜のほか、華原朋美や相川七瀬などもいる。千秋 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 夏木マリ

    夏木マリから見た華原朋美華原朋美

    2016年、華原朋美、土屋アンナ、シシド・カフカ、LiLiCoと女性コーラスユニット「and ROSEs」(アンド・ローゼス)を結成。夏木マリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の音楽

    2012年の音楽から見た華原朋美華原朋美

    5日 - 2007年より活動休止中だった歌手の華原朋美がこの日、恒例の『2012 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に出演、5年ぶりに歌手活動を再開。2012年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見た華原朋美華原朋美

    CONCERT2016?Xmas with you?Vol.2(2016年) 3都市3公演 東京公演ゲスト/華原朋美藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た華原朋美華原朋美

    1990年代終盤、小室哲哉のプロデュースによる華原朋美や篠原涼子などのアイドル出身者(いわゆる小室ファミリー)、安室奈美恵やSPEEDなどの沖縄アクターズスクール出身者などがミリオンセラーを連発。アイドル的な存在が再びスポットを浴びたが、彼女らはアーティスト的要素を強く打ち出していたので、アイドルとはみなされない場合もある。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • コロッケ

    コロッケ (タレント)から見た華原朋美華原朋美

    また、華原朋美と朋ちゃん&コロッケとしてデュエットシングル『ありがとね!』を2003年10月22日に発売し、この年の『第54回NHK紅白歌合戦』にも華原のサポートで出演した。コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • ハローキティ

    ハローキティから見た華原朋美華原朋美

    1996年頃から、女子高生やOL・主婦などの間でハローキティブームが起こった。『プリント倶楽部』のハローキティ版が人気となり、サンリオが1995年頃から強化しはじめた高校生以上向けのキティ商品が相次いでヒットした。小泉今日子・華原朋美・神田うのといった芸能人がテレビや雑誌でキティ好きを公言したことでブームに火が付いたとされる。実際に1990年代後半頃、サンリオの収益の7割近くをハローキティのライセンシング・キャラクターグッズ売上が占めていたというデータもある。1997年、華原朋美の影響による効果をサンリオ社長が認める発言もしていた。ちなみにサンリオは当時、ブームになると後にすたれやすいという理由で、ブームを歓迎しなかった。このキティブームはサンリオの業績アップに大いに貢献した。ハローキティ フレッシュアイペディアより)

  • バーニングパブリッシャーズ

    バーニングパブリッシャーズから見た華原朋美華原朋美

    1995年から2000年まで小室哲哉の音楽活動をサポートしたため、Kiss Destination、globe、華原朋美、鈴木あみ、未来玲可、dos、tohkoなど小室プロデュース作品の多くの権利を持つ。ただし安室奈美恵に関してはバーニング経由の仕事ではないため権利を持っていない。バーニングパブリッシャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本

    1995年の日本から見た華原朋美華原朋美

    この年から1997年にかけて、「小室ファミリー」が全盛期を迎える。安室奈美恵、trf(現TRF)、華原朋美、H Jungle with t、globeなどがヒットを連発。1995年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • TK MUSIC CLAMP

    TK MUSIC CLAMPから見た華原朋美華原朋美

    番組開始当初は小室哲哉が約1年間、司会としてレギュラー出演してきたが、1996年頃は小室哲哉がTRF、華原朋美、安室奈美恵、globeなどの複数のアーティストのプロデュース活動で多忙になり、スケジュール上で番組のレギュラー出演が困難になってきたので、当時、司会業を始めたばかりのSMAPの中居正広が番組の司会を受け継いだ。尚、小室哲哉は司会降板後も当番組に度々ゲスト出演していた。TK MUSIC CLAMP フレッシュアイペディアより)

297件中 21 - 30件表示

「華原朋美」のニューストピックワード