226件中 91 - 100件表示
  • 華原朋美

    華原朋美から見たジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン

    1995年6月、事務所を移籍し、小室のイニシャルと同じT. Kで、なおかつ本名に近い華原朋美に改名。8月には小室が音楽を担当したイメージビデオ『PARADOX』を発売し、フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー'95に選出。そして9月、パイオニアLDC内の小室が立ち上げた新レーベル・ORUMOK RECORDSの第一弾アーティストとして、シングル「keep yourself alive」で歌手デビュー。オリコン・シングルチャート最高8位を記録した。翌10月には、2枚目のシングル「I BELIEVE」を発売し、オリコン最高4位を記録。同曲で年末の新人賞を総なめにした。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たベイエフエム

    BAY-FM『CATCH A BRANDNEW』(1996年7月 - 1999年1月)華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たユニバーサルミュージック (日本)

    同年8月にはレコード会社をユニバーサルシグマのA&Mレコードレーベルに移籍し、自身のローマ字表記を“Kahara”に変え、30歳の誕生日を迎えた。翌9月、K-POPバラード「君さえいれば」を日本語詞でカバーした「あなたがいれば」を発売、オリコン16週連続ロングチャートインを記録した。11月にはフジテレビ『僕らの音楽』に出演し、原曲者であるカン・ヒョンミンとのデュエットが実現。同曲で『第46回日本レコード大賞』金賞を受賞、8年ぶりにレコード大賞のステージにカムバックを果たした。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たTBCグループ

    TBC東京ビューティセンター「the レディーエステティックTBC」(1996年春) - 小室哲哉と出演華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たI'm proud

    代表曲にダブルミリオンを記録したアルバム『LOVE BRACE』の収録曲でもある「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など。当初のプロデューサー・小室哲哉に「愛を歌うことが出来る人」と称された。また、女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見た進ぬ!電波少年

    同2000年1月、休養中に初のフォト&エッセイ集『未来を信じて』を発表。7月、カナダから一時帰国中に日本テレビ『進ぬ!電波少年』から全米デビュー企画のオファーを受け出演。翌8月から『進ぬ!電波少年 〜華原朋美の電波少年的全米デビューへの道〜』のオンエアがスタート。洗車場でのアルバイト、自炊生活、クラブでのステージ、ボイスレッスンなど経験を積む。翌2001年1月、セリーヌ・ディオンやダイアナ・キングなどを手がけるアンディ・マーベル(Andy Marvel)プロデュースのオーディションに合格し、全米デビューへの切符を掴む。アンディのコンピレーションアルバムに華原歌唱の「NEVER SAY NEVER」が収録されたが、CDは未発売。翌2月、約8ヶ月ぶりに日本へ帰国し、SHIBUYA-AXで凱旋ライブを開催した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たHate tell a lie

    代表曲にダブルミリオンを記録したアルバム『LOVE BRACE』の収録曲でもある「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など。当初のプロデューサー・小室哲哉に「愛を歌うことが出来る人」と称された。また、女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たガールフレンズ

    2006年2月、「桃の天然水」の発売10周年を記念した復刻版のイメージキャラクターに8年ぶりに再起用され、対比CMのオンエアがスタート。同月、イメージソングを収録した初の両A面シングル「華/Keep On Running」を発売。春には桜井翔主演のミュージカル『ビューティフルゲーム』に出演。7月には中島みゆきの書き下ろしによる「あのさよならにさよならを」を発売。以前から憧れていた中島作品を歌いたいとの華原の熱望に、中島も快諾して楽曲提供が実現した。8月には2年連続でミュージカル『赤毛のアン』に主演(翌年は療養のため降板)。12月には松任谷由実の楽曲のみで構成された異例の“ユーミン”ソング・ミュージカル『ガールフレンズ』に主演。公演中に急性気管支炎と急性声帯炎を併発し一部を休演する事態となるも復帰し、映像化されたDVDでは復帰した回の模様が収録された。またこの年だけで3本の舞台に出演し、ミュージカル女優としての活動を本格化させていた。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たプチセブン

    凱旋帰国後の2001年、4月に復帰シングル「Never Say Never」を発売し、オリコン初登場10位を記録。7月にはフォト&エッセイ集第2弾『苦あり楽あり 〜未来を信じて Part2〜』を発売し、初の握手会を開催した。8月にはイン・シンクなどを手がけるヴィンセント・ディジョルジオ(Vincent Degiorgio)プロデュースによる「PRECIOUS」を発売し、デビュー7年目にして初の単独ツアーとなった『TOMOMI KAHALA FIRST LIVE 2001 〜待っててくれてアリガトウ〜』を開催した。10月からはレギュラーラジオ番組の文化放送『華原朋美のLIPS PARTY 21.jp』がスタート(年末まで)。11月には5枚目のアルバム『Love Again』を発売し、“DJ Tomo”名義で発売記念DJイベントを開催。12月には雑誌『プチセブン』で連載されていた自身脚本の漫画『SHOWIZ』を発売し、二度目の握手会を実施した。この年から本格的にバラエティ番組へも出演し始める。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たあきらめましょう

    2002年、NHK総合テレビの公開収録番組『にっぽん愉快家族』でコロッケと司会を担当し、4月に番組がスタート。同月、自身出演のポッカ缶コーヒーCMソング「あきらめましょう」を発売。7月にはベストアルバム『Natural Breeze 〜KAHALA BEST 1998-2002〜』を発売し、翌8月からホールツアー『Tomomi Kahala Concert Tour 2002 "Natural Breeze"』を開催。4年ぶり4度目の返り咲き出場を果たした『第53回NHK紅白歌合戦』ではZONEがバックバンドで参加し、「あきらめましょう」を歌唱した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

226件中 91 - 100件表示

「華原朋美」のニューストピックワード