226件中 41 - 50件表示
  • 華原朋美

    華原朋美から見たサンリオ

    雑誌『JUNON』で“なりたい顔1位”にも選ばれるなど、同性を中心に絶大な支持をされた。安室奈美恵の“アムラー”に対して、華原は“カハラー”と呼ばれ、“平成のシンデレラ”などとも呼称された。ハローキティ再流行のきっかけ(当時、サンリオ社長も華原朋美効果を認めた)や、牛丼の「つゆだく」、CMで“ヒューヒュー”のフレーズが強調された「桃の天然水」が年間1,600万ケースを売り上げる商品となるなど、ブームリーダーにもなった。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たコーセー

    コーセー(2005年 - 2006年)華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たロッテ

    ロッテチョコレート「紗々」(1996年秋)華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見た日本オラクル

    日本オラクル 企業イメージ(1995年秋) - 小室哲哉と出演華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たローソン

    ローソン弁当キャンペーン「駅名ダジャレシリーズ」(2001年6 - 9月) - 桂三枝(現・六代目桂文枝)らと共演華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たKDDI

    au(KDDI/沖縄セルラー電話)「MNP・大満足キャンペーン」(2006年)華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見た吉野家

    中山美穂に憧れ、高校1年(1990年)の時に国民的美少女コンテストに応募。本戦の事前親子面接にて母親が「娘の芸能界入りには反対」と発言したために、本戦には出場できなかった。それから自宅に他の事務所からのスカウトの電話が入ってくるようになり、芸能界入りを強く意識するようになる。高校3年の時、渋谷の吉野家で当時の事務所アバンギャルドにスカウトされ芸能界入り。高校卒業後は、美容師を目指し山野美容専門学校に入るも、芸能界入りを決意し退学した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見た東宝

    クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年4月公開、東宝) - アイドル歌手・トモちゃん役華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たglobe

    1997年4月、カネボウ化粧品「ブロンズラヴ」のイメージキャラクターに初起用され、タイアップソング「Hate tell a lie」を発売。3週連続首位を獲得し、シングル3作目のミリオンセラーを記録した。6月からはフジテレビ『TK MUSIC CLAMP』3代目のパーソナリティを担当。7月には「LOVE IS ALL MUSIC」、10月には小室との共作詞による「たのしく たのしく やさしくね」、12月には2枚目のアルバム『storytelling』を発売(ミリオンセラー)と、この年発売したCDはいずれも首位を獲得した。同月、香港で開催された「TK GROOVE MUSEUM」に出演し、globe「DEPARTURES」のカバーを披露。『第48回NHK紅白歌合戦』では第2部トップバッターで登場し、小室がギターで飛び入り参加して「Hate tell a lie」を歌唱した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見たNHK教育テレビジョン

    2003年、『クレヨンしんちゃん』原作者の臼井儀人と華原がお互いファンであることから、テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』のオープニングテーマを担当することになり、2月に「PLEASURE」を発売。4月にはNHK教育テレビのドラマ愛の詩『パパ・トールド・ミー 〜大切な君へ〜』で約5年ぶりにドラマ復帰し、『にっぽん愉快家族』と並行して収録を行う多忙な日々を送る。同4月、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』(映画シリーズ第11弾)で自身モチーフのアイドル歌手・トモちゃん役で声優に初挑戦し、試写会に出席。10月には『にっぽん愉快家族』で共演するコロッケからのラブコールで誕生した朋ちゃん&コロッケとしてデュエット・シングル「ありがとね!」を発売。12月には自身初のディナーショーを開催し、2年連続5度目の出場となった『第54回NHK紅白歌合戦』では、“華原朋美 with コロッケ”として「ありがとね!」を歌唱した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

226件中 41 - 50件表示

「華原朋美」のニューストピックワード