419件中 21 - 30件表示
  • 浅草演芸ホール

    浅草演芸ホールから見た萩本欽一萩本 欽一

    松倉も元々はストリップより演劇をやりたかったので、企画替えとして「フランス座」を閉鎖・改装し、1964年(昭和39年)、演劇の新しい劇場「東洋劇場」を開業した。渥美清、萩本欽一、ビートたけしらを輩出した。浅草演芸ホール フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のテレビ (日本)

    1986年のテレビ (日本)から見た萩本欽一萩本 欽一

    24日 - テレビ朝日系で1976年(昭和51年)から放送されていた萩本欽一のバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』が終了、10年の歴史に幕。1986年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 人志松本のすべらない話

    人志松本のすべらない話から見た萩本欽一萩本 欽一

    21:30 - 23:40放送。兵動と小籔が初の4回目の参戦、月亭八光が初の現役落語家としての参戦、詩吟界からは師範代の天津木村が初参戦。伝統芸能の御家元出身者が2人も初参戦している。そして漫才協会の最年少理事のナイツ・塙も協会を代表して初参戦。SP3同様、20面体のサイコロを用いた1部構成で行う。MVSは勝俣州和の「欽ちゃん」で、笑いの基礎をほとんど教わっていないが故の若かりし頃の勝俣の師匠・萩本への暴挙が笑いを誘った。また松本曰く、「最後まで(ジュニアの)『トキエ』と競っていたが、この2つならそれは欽ちゃん」。MVP(MVS)が導入されて以来、関東出身の芸人の受賞は番組初。視聴率は関東地区で17.2%、関西地区で21.6%。人志松本のすべらない話 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い第二世代

    お笑い第二世代から見た萩本欽一萩本 欽一

    1980年代前半、「花王名人劇場」「THE MANZAI」(ともに関西テレビ制作・フジテレビ系列)などの番組から、B&Bを筆頭に漫才ブームと呼ばれる漫才コンビの一大ムーヴメントが起き、それまでの萩本欽一やザ・ドリフターズに代わって新世代の芸人達がテレビの主役となった。お笑い第二世代 フレッシュアイペディアより)

  • 五辻 真吾

    五辻真吾から見た萩本欽一萩本 欽一

    2008年、五辻自身の誕生日に放送された日本テレビ開局55周年記念番組「ヒットメーカー 阿久悠物語」では萩本欽一役を演じている。2011年11月公開の映画「恋の罪」では水野美紀演じる刑事の相棒役を演じる。2012年4月より放送のNHK「BS時代劇・陽だまりの樹」では、実在した人物大槻俊斎を演じる。五辻真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 関根 勤

    関根勤から見た萩本欽一萩本 欽一

    日本テレビ系列の『カックラキン大放送!!』では、「カマキリ拳法」や「田村正和拳法」などのシュールかつ特異なネタを編み出した。更にテレビ朝日系列の『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に、事務所の後輩で親友でもある小堺一機と組んだ「コサキン」(当初は「コサラビ」)のコンビで出演、「クロコとグレコ」で人気を博した。またこの時期に、同番組で共演した事務所の先輩・萩本欽一の指示で、芸名を本名と同じ関根勤に改めている。1985年には現在も出演を続けるフジテレビ系列の『森田一義アワー 笑っていいとも!』にレギュラー出演を開始し、全国区の知名度を得る。関根勤 フレッシュアイペディアより)

  • イジリー岡田

    イジリー岡田から見た萩本欽一萩本 欽一

    高校生の頃からお笑いが大好きで、萩本欽一に憧れ「第6回全日本仮装大賞」に友人の代役として出場する。イジリー岡田 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜9時は遊び座です

    日曜9時は遊び座ですから見た萩本欽一萩本 欽一

    『日曜9時は遊び座です』(にちようくじはあそびざです)は、日本テレビ系列ほかで1984年10月 - 1985年3月にかけて日曜の夜9:00 - 9:54に放映されていた観客を迎えての公開バラエティ番組である。『欽ちゃんの〇〇〇』とタイトルのついた番組で高視聴率を獲得してきた萩本欽一のプロデュース、また、当時ブームになっていた小劇場で公演をする演劇集団、というシチュエーションで期待されていた番組であったが視聴率は伸び悩んだ。放送開始時は萩本は出演しない「隠れ欽ちゃん番組」としていたが、テコ入れを余儀なくされ、途中より毎回出演するようになった。日曜9時は遊び座です フレッシュアイペディアより)

  • 清水由貴子

    清水由貴子から見た萩本欽一萩本 欽一

    翌1978年以降もコンスタントにシングルはリリースされていたが、これといったヒットには恵まれず、デビュー当初から気にかけてくれていたという萩本欽一や、同じレコード会社だった杉良太郎の後押しもあって、次第に活躍の場をテレビドラマやバラエティー番組に移していった。歌手としてはシングル10枚、アルバムを2枚リリース。1985年、RCAレコードへ移籍し、単独名義では6年ぶりのシングル「いつか秋」が最後のリリースとなった。清水由貴子 フレッシュアイペディアより)

  • 台東区

    台東区から見た萩本欽一萩本 欽一

    御徒町中学校時、萩本欽一・原田龍二が在学していた中学校である。台東区 フレッシュアイペディアより)

419件中 21 - 30件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード