482件中 41 - 50件表示
  • TVプレイバック

    TVプレイバックから見た萩本欽一萩本 欽一

    萩本欽一が司会を、松田朋恵がアシスタントを務めていたクイズ番組。萩本は1985年4月から半年間、『欽ちゃんの仮装大賞』(日本テレビ)を除く全ての番組出演を断っていたが、本番組でレギュラー番組への出演を再開した。TVプレイバック フレッシュアイペディアより)

  • 三重テレビ放送

    三重テレビ放送から見た萩本欽一萩本 欽一

    2010年11月19日 - コメディアンで三重県観光大使を務める萩本欽一が当社報道制作局の“名誉局長”に就任したことを発表した。三重テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のテレビ (日本)

    1980年のテレビ (日本)から見た萩本欽一萩本 欽一

    日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』初代司会者を8年半務めた萩本欽一が勇退。翌週より後任として岩谷隆広(谷隼人)とタモリが登板。1980年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 清水由貴子

    清水由貴子から見た萩本欽一萩本 欽一

    また、当時の『スター誕生!』の司会だった萩本欽一も「同情とは別の部分で、その執念を理解した。立っているだけで哀愁を感じさせ、この子が有名になることで幸せになるなら後押ししたいと思った。それは、百恵ちゃんと清水由貴子の2人だけだったね…」と述べている。清水由貴子 フレッシュアイペディアより)

  • 天ちんの土曜サロン 人間こんさーと

    天ちんの土曜サロン 人間こんさーとから見た萩本欽一萩本 欽一

    ローカル番組ながら、杉村春子を筆頭に、岡本太郎、森光子、手塚治虫、緒形拳、太地喜和子、萩本欽一、武田鉄矢、斉藤由貴、織田裕二など全国区で第一線で活躍する人気タレント・俳優・文化人が多数出演、ローカル番組ならではの本音トークと、ラジオの深夜放送で鍛えられた天野の巧みな話術で局を代表する自社制作の人気番組として長く親しまれた。天ちんの土曜サロン 人間こんさーと フレッシュアイペディアより)

  • 風見 しんご

    風見しんごから見た萩本欽一萩本 欽一

    1982年、TBS『欽ちゃんの週刊欽曜日』オーディションに合格してデビュー(当時は「風見慎吾」という芸名だった)。合格した理由も、この時のオーディションで萩本欽一に会った時に大きな声であいさつし「有名人を前に萎縮することもなくて、バカでかい声であいさつして合格!」と言われたという単純なことだった。風見自身は元々母親から大きな声であいさつするように言われて育ち、声が大きくなったことで友達も出来易く「いいことがたくさんあった」という。こういったことから、自分の娘たちにも大きな声であいさつすることを教えているという。なお、娘たちには自分たち両親のことを「チチ」「ハハ」と呼ばせている。風見しんご フレッシュアイペディアより)

  • フードファイト

    フードファイトから見た萩本欽一萩本 欽一

    1号車 ミスター・K:萩本欽一・肉めしフードファイト フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た萩本欽一萩本 欽一

    オーディション番組の草分け的存在とも言われる。山口百恵、森昌子、桜田淳子の"花の中三トリオ"やピンク・レディーらを輩出。歴代司会者は萩本欽一、谷隼人・タモリ、坂本九、横山やすし・西川きよし。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た萩本欽一萩本 欽一

    小林信彦 萩本欽一 ふたりの笑タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏(萩本欽一との対談、集英社、2014年)のち文庫小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 人志松本のすべらない話

    人志松本のすべらない話から見た萩本欽一萩本 欽一

    21:30 - 23:40放送。兵動と小籔が初の4回目の参戦、月亭八光が初の現役落語家としての参戦、詩吟界からは師範代の天津木村が初参戦。伝統芸能の御家元出身者が2人も初参戦している。そして漫才協会の最年少理事のナイツ・塙も協会を代表して初参戦。SP3同様、20面体のサイコロを用いた1部構成で行う。MVSは勝俣州和の「欽ちゃん」で、笑いの基礎をほとんど教わっていないが故の若かりし頃の勝俣の師匠・萩本への暴挙が笑いを誘った。また松本曰く、「最後まで(ジュニアの)『トキエ』と競っていたが、この2つならそれは欽ちゃん」。MVP(MVS)が導入されて以来、関東出身の芸人の受賞は番組初。人志松本のすべらない話 フレッシュアイペディアより)

482件中 41 - 50件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード