482件中 51 - 60件表示
  • 松居 直美

    松居直美 (タレント)から見た萩本欽一萩本 欽一

    あらん はらん しらん(2009年1月、明治座) ※作・演出:萩本欽一松居直美 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • イジリー岡田

    イジリー岡田から見た萩本欽一萩本 欽一

    高校生の頃からお笑いが大好きで、萩本欽一に憧れ「第6回全日本仮装大賞」に友人の代役として出場する。イジリー岡田 フレッシュアイペディアより)

  • 関根 勤

    関根勤から見た萩本欽一萩本 欽一

    日本テレビ系列の『カックラキン大放送!!』では、「バカバカしいと思うなよ。やってる本人、大真面目!」と歌いながら披露する「カマキリ拳法」や、「田村正和拳法」などのシュールかつ特異なネタを編み出した。更にテレビ朝日系列の『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に、事務所の後輩で親友でもある小堺一機と組んだ「コサキン」(当初は「コサラビ」)のコンビで出演し、「クロコとグレコ」で人気を博した。またこの時期に、同番組で共演した事務所の先輩・萩本欽一の指示で、芸名を本名と同じ関根勤に改めている。1985年にはフジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』にレギュラー出演を開始し、全国区の知名度を得る。関根勤 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンのごきげんよう

    ライオンのごきげんようから見た萩本欽一萩本 欽一

    萩本欽一・堺正章とのサイコロトークライオンのごきげんよう フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢安土桃山城下街

    伊勢安土桃山城下街から見た萩本欽一萩本 欽一

    かつては日光江戸村グループに属して「伊勢戦国時代村」として運営し、2008年(平成20年)10月から萩本欽一を村長に迎え「ちょんまげワールド伊勢」(株式会社伊勢安土桃山文化村)という独立法人として営業していた。開業当初年間200万人あった来場者が2015年には8万人までに減少しており、2016年に、不動産ファンド事業を行う企業「共生バンクグループ」(代表・柳瀬公孝)が買収しグループ企業として再スタートした。買収後はインバウンド向けに施設の大リニューアルを実施。総額100億円程度の改装費をかけ、現存する施設も生かしながら、温泉大浴場や刀鍛冶工房、侍・忍者に変身できるコスプレ施設、忍術学校などを新たに加えて2018年4月に全面リニューアル完了予定で、安土城は1泊500万円のホテルとして利用される予定。伊勢安土桃山城下街 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見た萩本欽一萩本 欽一

    NETテレビ「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(出演:萩本欽一、真屋順子 他)放送開始。1976年 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災における放送関連の動き

    東日本大震災における放送関連の動きから見た萩本欽一萩本 欽一

    震災被災者に向けて、同局で放送されている番組の出演者らがそれぞれのメッセージを伝える3秒スポットCM『がんばろう!ニッポン』を放送。CMには嵐(『嵐にしやがれ』)をはじめ、AKB48(『AKBINGO!』など)、萩本欽一(『欽ちゃんの仮装大賞』)、島田紳助(『行列のできる法律相談所』『人生が変わる1分間の深イイ話』)、羽鳥慎一(『ズームイン!!SUPER』、『深イイ話』など)、くりぃむしちゅー(『世界一受けたい授業』など)、ネプチューン(『しゃべくり007』など)、ナインティナイン(『ぐるぐるナインティナイン』)、桂歌丸(『笑点』)、久本雅美(『メレンゲの気持ち』、『ヒルナンデス!』〈4月新番組〉)、ウエンツ瑛士(『火曜サプライズ』)、イモトアヤコ(『世界の果てまでイッテQ!』)、読売ジャイアンツの選手などが出演した。このスポットCMは2011年3月20日から5月上旬まで放送された。東日本大震災における放送関連の動き フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見た萩本欽一萩本 欽一

    2人とも、幼少時からテレビ好きであり、特に『8時だョ!全員集合』のザ・ドリフターズをはじめ『カックラキン大放送!!』の堺正章、井上順、ラビット関根や、「ベンジャミン伊東」の伊東四朗、「小松の親分」の小松政夫、コント55号の萩本欽一、タモリなど、漫才ブーム以前のバラエティ番組全盛の時代の影響が強い。漫才ブームの時期は共に部活動に忙しかったこともあり、ツービートのビートたけし以外に受けた影響は少ない。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た萩本欽一萩本 欽一

    東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)両国生まれ。千葉県に育つ。祖父は江戸切子の名人・大橋徳松(岐阜県出身)。実家は両国でカメラの部品製造・小売を生業とする「大橋商店」を経営していた。同じく実家がカメラ屋の萩本欽一とは店同士取引があり、幼い萩本と巨泉はその当時からの知り合いである。巨泉の実家製作のカメラ「ロールライト」の現存する2機は萩本とすぎやまこういちが所有している、とも語っていた。本所区立江東尋常小学校(現・墨田区立両国小学校)を経て、1943年7月から千葉県山武郡横芝町に疎開、横芝国民学校4年に編入。敗戦直後、横芝の自宅で叔父が所有するジャズレコードを見つけアメリカへの憧れが強くなる。1946年、千葉県立成東中学校 (旧制)に入学。1947年、東京両国に引き揚げる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見た萩本欽一萩本 欽一

    著名人やクリエイターなどの連載、オリジナルグッズの販売などが主なコンテンツで、執筆陣は清水ミチコ、鳥越俊太郎、渡辺真理、春風亭昇太、天海祐希など多彩。他にも、タモリ、萩本欽一、矢沢永吉、松本人志、イチロー、谷川俊太郎、明石家さんまなど、多数の有名人との対談も掲載されている。サイト内での糸井の愛称は「ダーリン」。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

482件中 51 - 60件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード