419件中 81 - 90件表示
  • 欽ちゃん劇団

    欽ちゃん劇団から見た萩本欽一萩本 欽一

    欽ちゃん劇団(きんちゃんげきだん)は、萩本欽一によりお笑い芸人や俳優の後進育成を目的に結成された団体である。本拠地は欽こん館(東京都世田谷区)。運営会社は萩本企画。欽ちゃん劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 有川周一

    有川周一から見た萩本欽一萩本 欽一

    「コサキンDEワァオ!」の中で行われる企画『GO!GO!遊園地ツアー』では、ジェットコースターに乗せられるたびに尋常ではない絶叫を上げるため“絶叫詩人”と呼ばれ、絶叫シーンがCD、DVDとなって発売もされた。また、「わずかな物音にも声を上げて怯える」「いつもあんパンとコーラばかり食べて(飲んで)いる」「萩本欽一がゲストに来た際、恐れをなして遁走した」など、エピソードは数多い。番組内ではくすぐられたときのリアクションが面白いことから、関根によくくすぐられている。有川周一 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!ピンチヒッターショー

    がんばれ!ピンチヒッターショーから見た萩本欽一萩本 欽一

    もともとこの番組は、前番組『欽ちゃんのドンとやってみよう!(欽ドン!)』が司会の萩本欽一の企画構想期間、および「ナイターの裏で冠番組はやりたくない」という意向によって、一時休止する事となったために開始したもの。『ピンチヒッター』というタイトルは、『欽ドン!』のピンチヒッターを意味している。がんばれ!ピンチヒッターショー フレッシュアイペディアより)

  • 世紀のびっくりショー

    世紀のびっくりショーから見た萩本欽一萩本 欽一

    1966年の『びっくりショー』から始まり、1年のブランクを経て『万国びっくりショー』→『世界びっくりスペシャル』(司会:桂小金治)と続いた『びっくり』シリーズの第4弾。今度は日曜20時台へ移動し、『万国』の司会だった八木治郎が再登場。さらに外国人タレントのマリ・クリスティーヌと、前年放送開始の『スター誕生!』(日本テレビ系列)の司会になり、ソロとしても人気が出た萩本欽一が加入した。世紀のびっくりショー フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た萩本欽一萩本 欽一

    <主音声>実況:河村亮 解説:山本浩二、掛布雅之 リポーター:新谷保志、蛯原哲 ゲスト:萩本欽一(副音声にも出演)、タッキー&翼2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • コント55号

    コント55号から見た萩本欽一萩本 欽一

    コント55号(コントごじゅうごごう)は、萩本欽一(東京都台東区出身)と坂上二郎(鹿児島県鹿児島市出身)のお笑いコンビ。浅井企画所属(55号と坂上単体のマネージメントは浅井企画が行っていたが、萩本単体のマネージメントは浅井企画からのれん分けをした佐藤企画が実質行っている。)。コント55号 フレッシュアイペディアより)

  • 内山田洋とクール・ファイブ

    内山田洋とクール・ファイブから見た萩本欽一萩本 欽一

    1975年4月 フジテレビ系『欽ちゃんのドンとやってみよう!』に、“コント54号”のひとりとして起用された前川とともに全員がレギュラー出演。持ち歌を歌うコーナーを持っていたほか、萩本欽一らとのやり取りで各メンバーのコミカルな面や個人名が知られるようになり、広くお茶の間に親しまれた。内山田洋とクール・ファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 東八郎

    東八郎から見た萩本欽一萩本 欽一

    しかしテレビの台頭と共に浅草の演劇街が衰退してきたため、1964年に小島三児、原田健二と共にトリオ・ザ・スカイラインを結成し、テレビに進出。コントを行い、人気を博した。トリオ・ザ・スカイラインは1971年に解散し、以降は単独で芸能活動を行う。三波伸介とともに、NHK『お笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンとなった。その後、東八郎劇団を結成して後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じていた。晩年では、志村けん主演の『バカ殿様』の家老役や、おでこに「光」のシールを貼り、BGMにメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が流れる「ヨード卵光」のコマーシャルが有名であった。なお、萩本欽一は東の一番弟子である。東八郎 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た萩本欽一萩本 欽一

    日本のお笑いタレントのビッグスリー(1980年代前半〜1985年頃) - 萩本欽一、タモリ、ビートたけしビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • 大岩賞介

    大岩賞介から見た萩本欽一萩本 欽一

    サラリーマン時代に当時の放送作家界の大御所・はかま満緒を紹介され師事。はかまから萩本欽一を紹介されて座付き作家となり、作家集団である「パジャマ党」の一員として萩本を支えた。「欽ちゃんのドーンといってみよう!」(ニッポン放送)では構成だけでなくいわゆる「笑い屋」としてスタジオに入り、独特の「フォッフォッフォ」という笑い声で番組を盛り上げた。大岩賞介 フレッシュアイペディアより)

419件中 81 - 90件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード