265件中 91 - 100件表示
  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た松山市

    「欽ドン!」「良い子、悪い子、普通の子」「欽ちゃん劇団」など、萩本の発案による冗談やネタは数多い。音曲に合わせ踊りながらじゃんけんをして、負けた者が服を脱いでいく野球拳は、『裏番組をブッ飛ばせ!』で使ってから世間に広まった。ただし汚れ役であることと、野球拳が主体となり自分たちのコントが2次的な存在になることへの嫌悪感から当時はこの役を相当嫌っていたようであり、その後の芸風がそこからかけ離れているのはこの苦悩と思われる。ただし2005年の野球拳発祥の地松山での祭りでは、野球拳(本来の野球拳は服を脱がない)で出演した。この際野球拳について35年ぶりに謝罪し話題を呼んだ。また、じゃんけんの「あっち向いてホイ」は『スター誕生!』の欽ちゃんコーナーで放送されたのをきっかけに全国に広まったものである。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た日本ダービー

    かつては野球以外にも、競馬の馬主として小倉記念を優勝したアンブラスモア(萩本企画名義)、ビヨルリンク、1977年日本ダービーにも出走したことがあるパリアッチなどを所有していた。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たボストン・レッドソックス

    2010年12月12日に監督を勇退し、後任に片岡安祐美を指名した。なお、茨城GGの監督としての最後の試合は同日平塚球場にて、松坂大輔(MLB・レッドソックス)率いるチーム「サムライ」とのチャリティーマッチ「欽ちゃん・松坂大輔のドンとやるの!」として行われ、約12,000人の大観衆が見守る中、茨城GGは15-12で勝利して有終の美を飾った。萩本は試合後『本当に幸せでした。野球がこんなに楽しいということを、改めて気づきました。いろんな経験ができました。そして今日、この平塚で、みなさんとさよならできたことも、深く深く思い出に残ります。本当にみなさん、ありがとうございました』と涙ながらに挨拶し、茨城GGナインから胴上げをされた後、平塚球場に集まったファンと触れ合いながら、グラウンドを一周し6年間にわたる監督生活に別れを告げた。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た東京国際空港

    坂上二郎の訃報を受け、3月10日、取材先の富山から飛行機で帰京した萩本は羽田空港にて報道陣に「悲しい。さびしい。二郎さんのばか」と語り、また「コント55号は最高だった。二郎さんのおかげで楽しい笑い人生になった。坂上二郎を忘れません」と、長年の相方を偲ぶコメントも発表した。坂上の死の翌日、東日本大震災が発生したが、萩本は「死んだ日が二郎さんらしかったよね。ちゃんと報道してもらうためには、ギリギリのタイミングだったんだもん」と述懐した。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た

    弟子入りを志願する者が来ると、「正しい箸の持ち方をしていることは親の躾(しつけ)を素直に受け入れている証拠であり、その素直さが成長には不可欠である」という信念からの持ち方を見るためにまずは食事に連れて行く。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たタクシー

    坂上の家族葬が3月13日に栃木県那須塩原市で営まれた際には、震災の影響でストップした東北新幹線を使わずにJR宇都宮線とタクシーのみで東京から4時間かけて斎場に駆け付け、坂上に最後の別れをした。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たはなまるマーケット

    また、三重県の「みえの国観光大使」も務めている。これが縁で、2010年11月、三重県の独立系テレビ局・三重テレビ放送の「報道制作局名誉局長」に“就任”した。茨城ゴールデンゴールズの三重県で行われた試合がきっかけで三重テレビの社長と親交が深まり、同局で「キンさばっ!! -近所の裁き-」(2011年3月終了)という番組をプロデュースしたのに続き、2011年4月からスタートした「欽ちゃんのニッポン元気化計画」の司会を務めている。さらに、「はなまるマーケット」(TBS)のはなまるカフェに出演した際、三重県伊賀市の特産品である漬物「養肝漬」を紹介した。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た募金

    4月12日のプロ野球開幕戦「横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対中日ドラゴンズ」(横浜スタジアム)の始球式に登板。横浜球団が萩本に開幕戦の始球式を依頼するにあたり、萩本によると「横浜のことは気になっていたんだよ。夢が実現しちゃった。震災のこともあるし、野球人として何かでこういう時に、日本を元気にしなきゃと思ってたんだ」と、二つ返事で快諾したという。投球前に「東北の皆さんに届くように」とスタンドに集まったファンらに呼び掛け、投球を終えると「ジーンときた」と感激。そして「悲しすぎる時はお笑いの出番はないが、一生懸命にプレーする姿はきっと届く」と語った。また同日、横浜の応援団長就任を自ら宣言。始球式後に就任を直訴し、加地隆雄横浜球団社長(当時。現・横浜DeNA球団会長)も熱意に即断した。さらに、横浜の森本稀哲外野手とコンビを結成することまで宣言している。横浜から被災地を励まそうと、萩本が自ら思案。当時漂っていた自粛ムードによりパフォーマンスを封印していた森本に試合前に電話を入れ「うんと喜ばせて、お客さんに来てもらわないと』と諭し『きょうからモリキンだから」とコンビ名も即興で決定、森本も快諾し、パフォーマンス解禁を決意したという。同日試合後には森本と即興で掛け合い漫才を披露し「ハマの東北心配監督…いや欽督がいいな。でも"欽"という字が良くないから金督でいこう」と、場内を爆笑に誘った。また始球式の翌日(4月13日)に横浜スタジアム前のYYパークにて、義援金募金活動を行う。など、その後も精力的に募金活動や被災地訪問等を行った。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た広島東洋カープ

    2011年4月より、横浜球団と萩本の共同による『欽ちゃん!!横浜ベイスターズ応援プロジェクト』が立ち上げられた。まず、4月の横浜公式戦で特別観戦チケット『欽ちゃんチケット』を販売。始球式を務めた4月12日の対中日戦で勝利して以降横浜が健闘、これに感銘した萩本が自ら販売を申し出たという。なお、対象試合は1カード3連戦のうち1試合を選択し、価格は販売時に萩本との交渉で決めるという前代未聞の試みであった。これまでに4月19日〜21日の対広島東洋カープ戦などのチケットが販売された。また5月以降の横浜主催試合では萩本と一緒に試合観戦できる特別席『欽ちゃんシート』を販売。これも横浜市内で行われるイベントの特設ブースにて萩本自ら販売を行った。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たタレント

    萩本 欽一(はぎもと きんいち、1941年5月7日 - )は、日本のコメディアン、タレントである。日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズ元監督、司会者、演出家としても活動している。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

265件中 91 - 100件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード