265件中 11 - 20件表示
  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た森田健作森田 健作

    これにより、森田健作や山本譲二、森口博子ら著名人が監督となってクラブチームを設立する事例が続出し、野球人気の回復に大きな功績を残した。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た柳葉敏郎

    萩本の番組や舞台をきっかけに活動の域を広げた関根勤、小堺一機、はしのえみ、柳葉敏郎、勝俣州和らは現在もテレビやラジオ、舞台で活動を続け、また君塚良一、大岩賞介といった脚本家を育成させるなど、芸能界、放送界における萩本の影響力は強く、東京では無名に近かったダウンタウンを自らの番組に出演させて、東京進出のきっかけを作っている。笑いの方向性では対極とも言えるダウンタウンだが、彼らは義理を非常に重んじる面もあり、萩本には他の先輩芸人とは別格の念を持っておりラジオ番組のネタで萩本を揶揄するネタが来たときも、浜田が「萩本さんの悪口言わんといてくれよ」と述べている。松本は著書で、「あの時期のダウンタウンに好き勝手やらせて(他のタレントには細かくダメ出しをしていたのに)OKを出していた大将はやっぱりすごい」と評している。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た長江健次長江 健次

    実際、長江健次は自身の過信から、一時期、萩本と険悪な関係になったことを後に認めている。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たあき竹城

    NHKではあき竹城と振り込め詐欺防止キャンペーン「みんなで防ごう!振り込め詐欺」のスポットに出演。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た桂文枝 (6代目)

    師匠の東と同様に芸には厳しく、さらに萩本自身が細かいことにもこだわる為、変わった芸名を極度に嫌いラビット関根を名乗っていた関根勤に本名に改名させたことがある。後に関根の芸名の名付け親が桂三枝だったと言うことを聞き「言ってくれよー。(三枝に)怒られちゃうよ」と萩本はコメントしていた。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た舘ひろし舘 ひろし

    日本コカ・コーラ(ジョージア 2007年12月〜、舘ひろしと共演)萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見たはしのえみはしの えみ

    萩本の番組や舞台をきっかけに活動の域を広げた関根勤、小堺一機、はしのえみ、柳葉敏郎、勝俣州和らは現在もテレビやラジオ、舞台で活動を続け、また君塚良一、大岩賞介といった脚本家を育成させるなど、芸能界、放送界における萩本の影響力は強く、東京では無名に近かったダウンタウンを自らの番組に出演させて、東京進出のきっかけを作っている。笑いの方向性では対極とも言えるダウンタウンだが、彼らは義理を非常に重んじる面もあり、萩本には他の先輩芸人とは別格の念を持っておりラジオ番組のネタで萩本を揶揄するネタが来たときも、浜田が「萩本さんの悪口言わんといてくれよ」と述べている。松本は著書で、「あの時期のダウンタウンに好き勝手やらせて(他のタレントには細かくダメ出しをしていたのに)OKを出していた大将はやっぱりすごい」と評している。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た久米宏

    前田武彦と組んだフジテレビの公開生放送『お昼のゴールデンショー』(1968年?1971年)で人気に火がついた。以降、『コント55号の世界は笑う』(フジテレビ)、『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』『コント55号のなんでそうなるの?』(ともに日本テレビ)、『チータ55号』『みんなで出よう55号決定版!→55号決定版!』(TBS)、『ウォー!コント55号!!』『コント55号!!笑ってたまるか!?』(ともにNETテレビ・現在のテレビ朝日)など数多くのレギュラー番組を抱え、テレビを席巻した。その後もコンビとしての活動は続いたが、1975年に始まり、久米宏の司会で大人気となったクイズ番組『ぴったし カン・カン』(TBS)では双方がチームリーダー役になるなど、70年代後半以降はコンビでのコントやテレビ出演の機会が減少し、次第に個々の活動を中心とするスタンスに変わっていった。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た林文子

    茨城GG監督勇退後の2011年4月12日に行われたプロ野球開幕戦「横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対中日ドラゴンズ」戦(横浜スタジアム)にて、林文子横浜市長とともに始球式に登場。萩本は横浜のユニフォーム(背番号55)を着用し、おなじみの欽ちゃん走りで登場するなり、集まったファンの爆笑と拍手喝采を誘った。また同日、横浜の応援団長就任を宣言した(こちらも参照)。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た徳光和夫

    2007年8月18日 - 19日に放送された『24時間テレビ30「愛は地球を救う」』のチャリティーマラソンランナーになる。66歳という年齢などを考慮して走行距離は通例より短い70kmとした。残り900m余りを残したまま放送時間内(20時52分30秒)でのゴールはできなかったが、引き続き生放送された『行列のできる法律相談所』内にてゴール。同番組内でのゴール時の瞬間最高視聴率は42.9%を、平均視聴率は35%超を記録した。台本が好きな彼にとっては、台本どおりに時間内の完走が出来なくて悔しがっていた。所属事務所によると次の日は午前9時半に起床し、いたって元気な様子で食事も通常どおり摂ったという。驚異的な視聴率については、自宅に届いた関係者からのお祝いの花で知ったとし、「完走できたこととひとくくりで喜んでいると思います」と語っている。66歳でのマラソンランナーは最年長記録となっていたが、2011年の第34回で70歳の徳光和夫が担当し、更新された。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

265件中 11 - 20件表示

「萩本欽一」のニューストピックワード